世界遺産「トラコタルパンの歴史的建造物群(トゥラコタルパン)」の詳細情報

メキシコの世界遺産・名所ガイド

Historic Monuments Zone of Tlacotalpan

トラコタルパンの歴史的建造物群

名称:トラコタルパンの歴史的建造物群(メキシコ
英語名称:Historic Monuments Zone of Tlacotalpan
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1998年

スペインとカリブ海文化が融合した河港都市

メキシコ最大の貿易港、ベラクルス市の南に位置し、17〜18世紀にかけて海運業も栄えた河港都市。トラコパルタンとは、先住民の言葉で「水に囲まれた土地」という意味。16世紀半ばのスペイン植民地時代、内陸部の物産を臨海都市に運ぶ中継地として、ベラクルス市から100qほど離れたパパロアパン川下流の中州に築かれた。1790年に大火災に見舞われて以後、植樹などの火災対策が義務づけられた。そのため、コロンブス広場やアール・デコの市長庁舎、カラフルな住居など、スペインとカリブ海文化が融合したネオ・クラシック様式の独創的な町並みが現存し、スペイン統治時代の面影を今に伝えている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!メキシコの世界遺産最新情報

2016/12/02 世界遺産

メキシコの世界遺産 外国人長期滞在者に人気の小都市、サンミゲル・デ・アジェンデ。後編

メキシコ旅行イメージ-サンミゲル・デ・アジェンデは小さな地方都市なので、街歩きも緊張せずのんびりとできる サンミゲル・デ・アジェンデは小さな地方都市なので、街歩きも緊張せずのんびりとできる

「メキシコの世界遺産サンミゲル・デ・アジェンデ」前編からの続きです。さて、この町の中心広場であるソカロの向かいには、世界中どこにでもある(笑)「スターバックスコーヒー」があります。ただし町の美観を壊さないように、周囲の建物になじむように看板が出ており、中にはここがスターバックスとは気がつかない人もいるでしょうね。その並びには観光案内所があるので、ここで町の地図をもらってから歩き出したらいいでしょう。町の中ではソカロがあるあたりが高台になっています。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


メキシコの世界遺産「トラコタルパンの歴史的建造物群」についてご紹介します。トラコタルパンの歴史的建造物群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。