世界遺産「リュウゼツラン景観とテキーラ村の古式産業施設群(アガヴェ)」の詳細情報

メキシコの世界遺産・名所ガイド

Agave Landscape and Ancient Industrial Facilities of Tequila

リュウゼツラン景観とテキーラ村の古式産業施設群

名称:リュウゼツラン景観とテキーラ村の古式産業施設群(メキシコ
英語名称:Agave Landscape and Ancient Industrial Facilities of Tequila
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2006年

テキーラ酒の原料であるアガヴェの栽培と醸造の景観

世界的に有名なメキシコの蒸留酒の生産地である、中西部のテキーラ地方には、原料となるアオノリュウゼツランの農園と18世紀に建てられた醸造施設が残る。テキーラ酒は、16世紀にこの地に入植してきたスペイン人によって、19世紀から大量生産が始まった。醸造施設は日干しレンガを使用した伝統的な建物で、バロック様式の装飾が見られる。一部は今なお稼働しており、試飲も楽しめる工場見学ツアーが催されている。リュウゼツランは、スペイン人入植以前の先住民の文化にも深く関わっており、発酵飲料や織物の原料として利用されてきた。2〜9世紀に栄えた先住民のテウチトラン文化の遺跡も、世界遺産に登録されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!メキシコの世界遺産最新情報

2017/01/05 世界遺産

メキシコの世界遺産 テオティワカンのピラミッドへの行き方・後編 公共のバスを使って行く

メキシコ旅行イメージ-自力で行くならピラミッドに登る時間もたっぷり取れる。ただし日焼け対策は忘れずに! 自力で行くならピラミッドに登る時間もたっぷり取れる。ただし日焼け対策は忘れずに!

テオティワカンへの行き方・前編からの続きです。「とにかく安く!」というのであれば、公共交通機関を使って自力で行くのがいいでしょう。まずメトロなどを使って、メキシコシティの北方面バスターミナルへ行きましょう。メトロ5号線「アウトブス・デル・ノルテ」駅下車です。昼間ならメトロ内で危ないことはないと思いますが、スリにはご注意ください。駅を降りると、目の前にバスターミナルがあります。町の中心部からは乗り換えを入れて30〜40分。ソカロからだと2回乗り換えが必要です(構内の乗り換えがけっこう歩きます)。到着したら、バスターミナルに向かって一番左、つまり左一番奥にあるバス会社のブースに行ってください。テオ…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


メキシコの世界遺産「リュウゼツラン景観とテキーラ村の古式産業施設群」についてご紹介します。リュウゼツラン景観とテキーラ村の古式産業施設群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。