レオンは靴の町、靴、ウエスタンブーツや冬の暖かいブーツのショッピングはいかが?

メキシコ・レオン・ショッピングの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

レオンは靴の町、靴、ウエスタンブーツや冬の暖かいブーツのショッピングはいかが?

掲載日:2009/12/04 テーマ:ショッピング 行き先: メキシコ / レオン ライター:しなのゆめみ

タグ: お土産 ショッピング



ABガイド:しなのゆめみ

【メキシコのABガイド】 しなのゆめみ
全ガイドを見る
メキシコ在住。人生の半分をメキシコで過ごしてきてしまった。メキシコの唐辛子の辛さとメキシコのお菓子の甘さのようなメキシコ人生、これからも続くかな?私にとってはメキシコは第二の故郷?!そのメキシコを心を込めて紹介しま〜す。

革のブーツもいろいろ。日本ではなかなか手に入らないデザインなども斬新でいいかも? 革のブーツもいろいろ。日本ではなかなか手に入らないデザインなども斬新でいいかも?

ちょっと寄り道して、靴を買おう!

コロニアルの町、世界遺産の町グアナファトやサン・ミゲル・デ・アジェンデなどの旅は多くの人が行くだろう。その旅の途中で、是非ちょっと寄り道してレオンの町へ行こう!レオンの町は、靴の町、革製品の町。あっちもこっちも革靴・革製品の市場、お店。世界的に靴の生産の町として知られているレオン。とにかく、安い!品物が豊富!きっと、あなた好みの靴が手に入るだろう!これから冬、皮の暖かいブーツなどびっくり値段で買える。ひとついかが?!

 

革製品の小物がいっぱい 革製品の小物がいっぱい

お土産用に皮の可愛い小物がいっぱい!

革靴は自分用に、お土産には、可愛い手頃な皮の小物がいっぱい。革靴のキーホルダーはもちろん、女の子には、可愛い皮のサンダルや靴のアクセサリーなどはいかが。皮のカウボーイハットなどの飾り物などなど、あれやこれや見て歩くだけでも楽しい。

 

エスピアトリオ教会の正面。この教会は20世紀に作られたものだが、新ゴシック様式で、古い植民地時代の教会とはまた違った趣である。 エスピアトリオ教会の正面。この教会は20世紀に作られたものだが、新ゴシック様式で、古い植民地時代の教会とはまた違った趣である。

レオンの町もコロニアルの町、町並を楽しもう!

グアナファト州の他の町、グアナファトやサン・ミゲル・デ・アジェンデがあまりに有名で、レオンの町は忘れられているが、レオンもコロニアルの町で古い素敵なコロニアルの建物、教会など、また同時に近代建築もありで、観光も捨てがたい。是非町の中心地区まで行って、散歩しながら町並みを楽しもう。

 

英雄通りの入り口の凱旋門。レオンのシンボル 英雄通りの入り口の凱旋門。レオンのシンボル

レオンには、国際空港ありでアクセスもいい

レオンの町には、アメリカからの直行便も来ている国際空港があり、アクセスも便利。特にグアナファト州などの旅をするには、メキシコシティまでアメリカから飛ぶのでなくっても、直接レオンへ入るのが近道になるだろう、レオン市からグアナファト市まで車で1時間、サン・ミゲル・デ・アジェンデまでも1時間半で近い。

 

靴いろいろ 靴いろいろ

関連情報

行き方:バスでメキシコシティの北バスターミナルよりいろんなバス会社のバスが30分おきくらいに出ている。約5時間。
:飛行機でメキシコシティより40分
:アメリカのダラス及びロサンジェルスからレオン市への直行国際便あり
レオンのバスターミナルからメトロバスに乗るのが便利(7ペソ)。宿泊するのだったら、このバスが通っているロペス・マテオス通りがアクセスがいい。またバスターミナルのある地区に革地区(ZONA PIEL)があり、靴市場、靴や革製品のお店がいっぱいでこの地区でショッピングすれば良い。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/12/04)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事