page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
メキシコ・メキシコシティ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

メキシコ観光はこれで回ろう、お得で便利な「TURIBUS(ツゥリバス)」


掲載日:2007/08/07 テーマ:観光地・名所 行き先: メキシコ / メキシコシティ

タグ: お得 安い 節約


乗り降り自由で、とっても便利

赤が基調の2階建てバス 赤が基調の2階建てバス

「メキシコに来たものの、どこから見たらいいものか」「移動手段はどうするか」。そんな悩みを一挙に解決してくれるのがTURIBUS(ツゥリバス)。これは所要時間2時間半〜3時間近くかけて、メキシコシティの主だった場所をグル〜ッと回ってくれる、とっても便利な観光用バスです。
約30分間隔で頻繁に走っており、しかもその日のうちなら何度でも乗り降り自由!チケットを購入した際にもらえる、停留所番号の書かれたパンフレットを見ながら、立ち寄ってみたい場所で下車。観光後は、下車した同じバス停で待っていればOK。

人気があるのは2階席

ラテンアメリカ・タワーが目の前に ラテンアメリカ・タワーが目の前に

やはり眺めがいい2階席が人気。週末はあっと言う間に埋め尽くされてしまいます。でも途中下車する人がいるから、最初に座れなくても諦めないで下さいね。右を見たり左を見たり、歩いている人や露店を見下ろしたり、目まぐるしく変わる景色は絶対に乗客を飽きさせません。しかも嬉しい事に日本語で解説が聞けるんです。チケットを購入した際にイヤホンをくれるので、それを所定位置に挿し込んで日本語チャンネルにあわせればOK。ひとつだけ2階席での注意は、帽子と日焼け止め&サングラス。陽射しがとても強いので、これだけはお忘れなく。

乗り場は20箇所以上

この旗が停留所の目印。旗には停留所番号が書かれています。この旗のある場所でなら、どこでも乗り降り自由 この旗が停留所の目印。旗には停留所番号が書かれています。この旗のある場所でなら、どこでも乗り降り自由

停留所の場所は20箇所以上あり、シティの中心部であるソカロを始め、美術館・博物館などのメジャーな観光名所はもちろんの事、ガイドブックには載っていないような名所も一通り回ります。更に、それぞれに特徴のある各地区(例えばスペイン征服時に建てられたコロニアル建築が立ち並ぶエリア、ガラス張りのビルが立ち並ぶ近代的なオフィス街、お洒落なカフェやレストランが軒を並べるエリアetc.)も一箇所一箇所イヤホンガイドで説明を聞きながら見られるので、シティーの色々な顔を知る事が出来き、大きな魅力となっています。

一番分かりやすい乗り場はここ!

コンサートやイベントが行われるアウディトリオ。陽射しを避けるため、待ち時間の間、アウディトリオの階段上の日陰で休んでいる観光客も コンサートやイベントが行われるアウディトリオ。陽射しを避けるため、待ち時間の間、アウディトリオの階段上の日陰で休んでいる観光客も

「20箇所以上も乗り場があると言われても…」と不安なら、アウディトリオ前が一番分かりやすい乗り場です。そのせいか、出発地点をここにする観光客が圧倒的。アウディトリオはレフォルマ大通りに面しており、メトロ7号線Auditorio駅からすぐです。
観光客に買ってもらおうと、乗り場近くにはアイスクリーム売りのおじさんもいるので、食べながら待ち時間を潰してもいいかもしれません。

(※)ガイドより一言。治安面で問題があるため、メトロよりも無線タクシーの利用を強くお勧めします。ホテルのフロントでお願いすれば手配してくれます。流しのタクシーは避けてくださいね。

【関連情報】

■TURIBUS
料金(パンフレット・イヤホン込):
1日券大人(平日)100ペソ・(土・日他特別な時期)115ペソ
2日券大人(平日)140ペソ・(土・日他特別な時期)155ペソ
3日券大人(平日)180ペソ・(土・日他特別な時期)200ペソ
時間帯:9:00〜21:00
詳細はこちらのホームページから
http://web.turibus.com.mx/turibus/(スペイン語)

(※)TURIBUSUは、メキシコシティのほか、プエブラ・メリダ・ベラクルスでも運行しています。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/08/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索