page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
メキシコ・メキシコシティ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ユニークな民芸品、奇抜な小物……メキシコは「お土産天国」


掲載日:2007/09/07 テーマ:ショッピング 行き先: メキシコ / メキシコシティ

タグ: お土産 ショッピング 安い 雑貨


とにかく種類豊富!

カラフルなコースター。一つ一つ手書きなので、同じ柄でもちょっとずつ違うのが民芸品らしくて高感度抜群 カラフルなコースター。一つ一つ手書きなので、同じ柄でもちょっとずつ違うのが民芸品らしくて高感度抜群

陶器にガラス製品・織物・銀製品・奇抜なアートの置物など、とにかくショッピングには事欠かないのがメキシコです。首都メキシコシティでは大抵のものが手に入るので、時間の無い人はここでまとめて買うのが賢い方法。でも、時間のある人にお勧めなのは、各地方に足を運んで、その土地の民芸品を見てまわる旅。自分のテイストにあった物が必ず見つかるはず!見て回るだけでも時間が足りない程のお土産の宝庫だから、一気に全てを紹介するのはちょっと無理。なので今回は、お友達に配るのにも最適な、お手頃価格の品物だけをご紹介しますね。

手作りの温かみが感じられる民芸品

ミニソンブレロ。緑や紫、赤など各種あり。可愛らしいうえに、「いかにもメキシコらしくていい!」と結構評判良し! ミニソンブレロ。緑や紫、赤など各種あり。可愛らしいうえに、「いかにもメキシコらしくていい!」と結構評判良し!

私が実際に喜ばれた物のひとつは、(結構意外だったのだけれど)手のひらサイズのミニソンブレロ。「いかにもメキシコらしくていい!」と言うのが大半の感想。1個100円位なので、まとめて買っても1000円程度。かさ張らないので、持ち帰りるのにも便利なのがまたまたGood!次に喜ばれるのが、小さな小さな木彫りの亀の置物。これ、赤べこみたいに首がゆら〜んゆら〜んと揺れるので、なんとも愉快で癒されるんです。亀以外にも色々な種類があるので、各種集めて“ミニ動物園”を作ったと言う人も!!こちらは1個50円程(お店によって若干異なります)

メキシコの定番と言えば……

これはマルガリータグラス。持ち手部分がサボテンになっていて、飾っておくだけでメキシコ気分に浸れる!? これはマルガリータグラス。持ち手部分がサボテンになっていて、飾っておくだけでメキシコ気分に浸れる!?

やっぱりテキーラグラスでしょうか。柄だけが描かれたシンプルなものから、『ソンブレロを被ったおじさん』の飾りがついている物まで多種多様(この飾りが、これまた手作りっぽさ満点のユニークさ)。お酒好きなお友達にはテキーラのミニボトルもありますよ(飾りとボトルがセットになっていて、置物になるようなタイプも)。ショットグラスは100円〜200円程度で買えます。銀や革製品も有名で、500円〜1000円程度でちょっとしたアクセサリーや小銭入れ、ベルトなど購入可能。まとめて買うと、ディスカウントしてくれるお店も!

変わった物がお好みならば、コレはどう?

眺めているだけで楽しくなっちゃう、骸骨の置物。メキシコらしく、明るく愉快でユーモア満点 眺めているだけで楽しくなっちゃう、骸骨の置物。メキシコらしく、明るく愉快でユーモア満点

メキシコでは愉快な骸骨の置物が沢山売られているんです。骸骨と聞くと気持ち悪いと思う人もいるでしょうが、ところがどっこい、楽器を手にしたもの・トルティージャを作っているもの・ハイヒールを履いておめかししているものetc.思わず笑ってしまう楽しい作品ばかり。11月に「死者の日」があり(日本でのお盆にあたる)、それに向けてこれから町中にもどんどん骸骨グッズが増えていきます。また、メキシコはルチャ・リブレでも有名な国。プロレスファンの友人には、街頭で売られている有名レスラーの覆面を買っていけば、喜ばれる事間違いなし!

交渉次第では更に割安に!

木彫りや黒曜石などの、小さな置物。特に木彫りの亀は、まとめて買うには最適なお土産! 木彫りや黒曜石などの、小さな置物。特に木彫りの亀は、まとめて買うには最適なお土産!

高価な物はなかなか値切りにくいもの。逆に安すぎても値切りにくいけれど(この値段で値切ったら悪いかな……と思ってしまう)、そんな時は5個や10個などまとめて買って、「これだけ買うからちょっと安くして欲しいなあ……」と言ってみる。駄目な場合もあるけれど、とりあえず言ってみる価値あり。ものすごく安くはならないけれど、大抵、多少はおまけしてくれる筈。そんな交渉の中で、お店の人と世間話をしてみるのも旅の思い出に。安くしてくれたら笑顔で「グラシアス(ありがとう)」をお忘れなく!

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/09/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索