page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
メキシコ・メキシコシティ・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

お盆もまるでフェスティバル!メキシコ「死者の日」 (11月1日、2日)


掲載日:2007/09/11 テーマ:祭り・イベント 行き先: メキシコ / メキシコシティ

タグ: おもしろい 祭り


「死者の日」ってな〜んだ?

死者の日はマリーゴールド(センパチルという種類)とケイトウの花が至る所に飾られる。これは別名 死者の日の花と呼ばれる。写真はマリーゴールドで覆われた教会敷地。ちなみに、マリーゴールドの原産地はメキシコ 死者の日はマリーゴールド(センパチルという種類)とケイトウの花が至る所に飾られる。これは別名 死者の日の花と呼ばれる。写真はマリーゴールドで覆われた教会敷地。ちなみに、マリーゴールドの原産地はメキシコ

「死者の日」は、日本で言うところの“お盆”にあたるもの。11月1日は『子供の死者』の日で、2日は『大人の死者』の日。本来は祭壇が設けられ、飾り付けがされ……という具合らしいんですが、そんな風習を守り続けている人が多いのは地方都市。都会では、そういう昔ながらの風習を行う人が少なくなってきています。メキシコも日本も同じですね。
しかし、都会には都会ならではの楽しみ方があるのも事実。ここではどういう催しが行われるかを今回はご紹介します。

骸骨と人間で大賑わい

ルチャ・リブリレの国だけに、覆面骸骨も登場! ルチャ・リブリレの国だけに、覆面骸骨も登場!

当日のソカロは(憲法広場)、まるで何かのフェスティバル。ステージが設けられ、巨大な骸骨の置物があちらにもこちらにも!その他、まるで何かの見本市のようにテントが張られ、そこを覗くと、この日の為に作られた骸骨の紙人形やら模型やら祭壇やらがずらーっと展示されているんです。もの凄い人だかりなので、とてもゆっくり見物というわけにはいかないのですが、ちょっと見てみるだけでも文化の違いを知るには十分すぎる程。

町中にも国立宮殿にも(!)陽気で楽しい骸骨が出現!

お洒落なマダム?OL?マニキュアに口紅、ハイヒール、ハンドバッグと、すべてを赤で統一した人間顔負けの骸骨レディ お洒落なマダム?OL?マニキュアに口紅、ハイヒール、ハンドバッグと、すべてを赤で統一した人間顔負けの骸骨レディ

10月も半ばになると、スーパーでは骸骨型のチョコレートやアレグリア(オコシのようなもの)、砂糖菓子が山積みで売られ始めます。そんな一種異様な光景も、この国の人々には「もうそんな季節なのね」と思わせてくれる風物詩(笑)お店のショーウィンドーにはポニーテールをしてローラースケートを履いた女の子骸骨・帽子を被ってカバンを持った旅行者骸骨・ギター片手のロックンロール骸骨etc.のシールが貼られ、中にはミニ祭壇を置くお店も。国立宮殿の中も、思わず笑ってしまうような骸骨人形が展示され、普段のお堅い雰囲気はどこへやら。みんな楽しくなってしまうんです!

ハロウィンと死者の日を同時に楽しんじゃおう!

一昨年の死者の日には「新郎新婦」と思しき骸骨カップルが登場! 一昨年の死者の日には「新郎新婦」と思しき骸骨カップルが登場!

ハロウィンと言えば10月31日ですが、ここでは11月2日まで仮装が行われるので、骸骨人形だけでなく仮装をした子供達にも沢山出会えます。ポケットにお菓子を忍ばせておいて、近寄ってきたら籠に入れてあげると大喜びされるはず。ここメキシコで、死者の日だけでなく、ハロウィンも同時に体験できるこの期間は、きっと貴重で楽しい思い出になること間違いなし。今年の秋は、ここメキシコでいつもと違った体験をしてみては如何?

【関連情報】

スーパーやデパートに山積みされる、骸骨菓子。写真はアレグリアというオコシに似たもの。不細工なのも一!? スーパーやデパートに山積みされる、骸骨菓子。写真はアレグリアというオコシに似たもの。不細工なのも一!?

■ソカロ
アクセス:メトロ2号線Zocalo駅下車
ガイドから一言)
1)当日のソカロはとにかく人・人・人で大混雑なので、貴重品には十分注意して下さい。また、日光を遮る物が無い為、帽子は必需品です!
2)メトロ利用は治安面を考慮すると避ける方がベター。行きは宿泊先ホテルでタクシーを手配してもらい、帰りは近くにある高級ホテルでホテル付タクシーを利用するのがお勧め。ホテルの一例としては、ソカロから若干歩くけれど、シェラトン・マリア・イサベルがいいと思います。
住所:Paseo de la Reforma Mo.325 Tel:5242-5555

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/09/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索