page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
メキシコ・メキシコシティ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

毎週土曜日だけのお楽しみ、『Bazaar del Sabado』へGo!


めっちゃ楽しい、バザール・デル・サバド

メキシコらしい絵柄が素敵。こんなサラダ・ボウルなら、食事も楽しくなること間違いなし!お土産にしても喜ばれるはず メキシコらしい絵柄が素敵。こんなサラダ・ボウルなら、食事も楽しくなること間違いなし!お土産にしても喜ばれるはず

Bazaar del Sabadoとは、“土曜バザー”の意味。サン・アンヘル地区の一角で行われるこのバザーは、その名のとおり、毎週土曜日だけの営業。サン・ハシント公園(Plaza de San Jacinto)横にある、赤い壁が目印の『El Bazaar Sabado』と言う建物には、1・2階にびっしりと店が入っている。各ショップでは、陶器・小物・オリジナルドレスetc.多種多様な品々が売られている。露店と違い、同じ商品を扱っている店が無いのが特徴。メキシコ料理レストランも併設されているので、ここで空腹を満たすことも出来る。

建物周辺はアートな空間

美しい刺繍を施した民芸品。細かいビーズ細工も数多く揃い、どれも素敵で迷っちゃう! 美しい刺繍を施した民芸品。細かいビーズ細工も数多く揃い、どれも素敵で迷っちゃう!

サン・ハシント公園を中心にしたこのエリアは、平日は落ち着いた雰囲気。石畳にブーゲンビリア、そして公園の緑を眺めながらレストランで寛ぐにはもってこいの場所。ところが、週に一度、この日だけは、多くの人と店で大賑わい。活気溢れる場所に早変わり!まず最初に目に飛び込んでくるのは、公園の内外で売られている多くの絵画。個性溢れる作品がずらっと並ぶ。その様子は、緑と花に囲まれた“野外美術館”そのもの!気に入った作品があれば、旅の記念に買ってみては如何だろう。

“陽気で楽しい”、そんな時間を楽しもう!

絵画に見入る人々。気軽に芸術に触れ合える場所が、メキシコには沢山ある 絵画に見入る人々。気軽に芸術に触れ合える場所が、メキシコには沢山ある

更に、サン・ハシント公園周辺には、露店が所狭しと立ち並んでいる。民芸品を売る店あり、アクセサリーを売る店あり…時の経つのをすっかり忘れてしまう程。民族衣装やウィチョールビーズのお店まで揃っている。お値段は品物によって様々だが、ちょっとした小物ならお土産用にも最適。もちろん、買わなくたって、見ているだけでもワクワク・ウキウキ、楽しい時間を手に入れられる。このエリアは、お洒落なカフェやレストランが多くある上、Bazaar del Sabado以外にも素敵なお店が揃っているので、のんびり散策するのも楽しい。

実際に行ってみて・・・

このマークと赤壁が目印の『El Bazaar Sabado』 このマークと赤壁が目印の『El Bazaar Sabado』

実は、先日初めて『Bazaar del Sabado』に行って来た。いつでも行かれると思うと、なかなか足を運ばないもので…。しかし、「なぜもっと早く行かなかったんだ…」と、めちゃくちゃ後悔。頭の中で想像していた以上に楽しかった。まさに“百聞は一見に如かず”の諺どおり。民芸品も現代アートもごったまぜの、あの雰囲気もたまらない。ショーウィンドーに飾られた土産品を見るのもいいが、やはりメキシコ独特の陽気な雰囲気も一緒に味わえる『Bazaar del Sabado』はお勧め!

【関連情報】

セルヴィン工房の焼き物。日本ではまだ知る人は少ないが、細かい絵付けが素晴らしい。値段も割りと手頃な物が多く、嬉しいかぎり セルヴィン工房の焼き物。日本ではまだ知る人は少ないが、細かい絵付けが素晴らしい。値段も割りと手頃な物が多く、嬉しいかぎり

■ El Bazaar Sabado
住所:Plaza San Jacinto No.11, San Angel
曜日:毎週土曜日のみ
時間:10時〜18時(http://www.fondasanangel.com.mx)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索