page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
メキシコ・メキシコシティ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

見かけはグロいが、病気にはよく効く??メキシコ人の大好物、真黒なトウモロコシ!


掲載日:2008/08/05 テーマ:グルメ 行き先: メキシコ / メキシコシティ

タグ: グルメ レストラン 珍しい


その名もウイトラコチェ。日本名は…

ウイトラコチェのスープ。普通のコーンスープよりもコクがあり、濃厚。モレーリアの中心部にある高級ホテル、「Virrey de Mendoza」のレストランで ウイトラコチェのスープ。普通のコーンスープよりもコクがあり、濃厚。モレーリアの中心部にある高級ホテル、「Virrey de Mendoza」のレストランで

トウモロコシ発祥の地、メキシコ。この国でよく見かけるのが、ウイトラコチェと呼ばれる真っ黒のトウモロコシ。日本では知名度が抜群に低いが(笑)、メキシコではスーパーや市場で普通に売られ、普通に食卓にのぼる品。単品で食べるのではなく、他の具材と併せて料理する。実はこのトウモロコシ、日本では“黒穂病のトウモロコシ”として、嫌われ者の一員。名前からして想像がつくように、このトウモロコシは、黒穂病と呼ばれる黒いカビの生えたもの。しかし、所変われば…である。それに、これはただ黒カビが生えたトウモロコシというだけではないのだ!

万能特効薬とも言われる、ペニシリンがたっぷり!

点々と黒く見えるのが、ウイトラコチェ。癖が全く無いので、食べやすい。どうせピザを注文するなら、日本ではメニューに無いものを頼んだ方が面白い! 点々と黒く見えるのが、ウイトラコチェ。癖が全く無いので、食べやすい。どうせピザを注文するなら、日本ではメニューに無いものを頼んだ方が面白い!

ペニシリンという物質の名前は、一度は聞いたことがあるだろう。簡単に言えば、抗生物質のひとつ。ウイトラコチェには、このペニシリンが豊富に含まれている。料理してしまえばこれと言った味もしないので、どの料理にもあう。最近では、ウイトラコチェのピザやスープ、クレープなどを用意するレストランもある程。これなら観光客も気軽にお試し出来るので、なんとも嬉しい限り。その土地・その国でしかお目にかかれない貴重な食べ物なら、食べてみなくちゃもったいない! 何事も経験と思って、トライしてみては如何?

「珍味」?それとも「トリュフ」?

ウイトラコチェのクレープ。切ってみると、中は真っ黒!なんだか健康によさそうな気がしてくる!? ウイトラコチェのクレープ。切ってみると、中は真っ黒!なんだか健康によさそうな気がしてくる!?

前述したように、日本ではまず食べられる事のないこの食材。「メキシコの珍味」なんて紹介されていた事があるが、別の国では「メキシカン・コーン・トリュフ」と紹介されていた。随分、印象が変わるものだ。「黒穂病」などと言われたら食べる気も失せるが、「コーン・トリュフ」なら食べてみたくなるのでは? 一般家庭では幅広く使われているウイトラコチェだが、メキシコ料理店に行けば必ず出会えるというものでもない。それでは、どこのレストランに行けば「珍味」ならぬ「コーン・トリュフ」を食せるのか。幾つかご紹介したいと思う。

ウイトラコチェを食べられるのは、このお店!

モレーリアにあるレストラン「Las Mercedes」。ガイドブックにもよく取り上げられる人気店。建物は、300年以上前に建造されたものを使用。まるで遺跡に迷い込んだような不思議な空間のお店 モレーリアにあるレストラン「Las Mercedes」。ガイドブックにもよく取り上げられる人気店。建物は、300年以上前に建造されたものを使用。まるで遺跡に迷い込んだような不思議な空間のお店

メキシコシティでは、チェーン店の「Mamma Bella」や「Gino's」というお店。ここではウイトラコチェのピザがメニューに。そして、もう1箇所は、モレーリアという都市にある「Las Mercedes」。こちらでは、ちょっと変わったウイトラコチェのクレープが楽しめる。お店の内装も凝っていて、なかなか面白い造りになっているので注目して欲しい。旅の楽しみのひとつは当然食事。お決まりの定番メニューだけでなく、そこでしか味わえない変わったメニューにチャレンジしてみるのも、旅の醍醐味だ!

【関連情報】

■ Mamma Bella(URL:http://www.mammabella.com.mx/files/polancosuc.html)
住所:Ferrocarril de Cuernavaca PB
■ Gino's 住所:Insurgentes Sur 1386, Mexico City
■ Las Mercedes 住所:Leon Guzman No.47
※メニューは時期や人気度合いによって変わる場合もございます。ご了承ください。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/08/05)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索