page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
メキシコ・メキシコシティ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

週末、ここでしか食べられないバルワコワのタコスを是非お試しあれ!


掲載日:2008/08/28 テーマ:グルメ 行き先: メキシコ / メキシコシティ

タグ: おいしい グルメ 屋台


メキシコといえばタコス。だが、このバルワコワのタコスは特別だ!

サルサは色んな種類(ここでは、緑のサルサ、サルサメヒカーナ、酔っ払いサルサでした)があります。たまねぎ、香草、レモンをスープにもタコスにもたっぷり入れて丸めて手で食べるのがタコスです サルサは色んな種類(ここでは、緑のサルサ、サルサメヒカーナ、酔っ払いサルサでした)があります。たまねぎ、香草、レモンをスープにもタコスにもたっぷり入れて丸めて手で食べるのがタコスです

タコスは大衆料理である。だから、りっぱなレストランなんぞで食べるより、タコス専門店や屋台が普通だ。屋台はどうもちょっと…、という人はタコス専門店で食べるのもいいが、バルワコワのタコスだけは、その専門店でも食べられない。バルワコワはメキシコシティーでは週末土曜、日曜にしか食べられない。バルワコワの産地はメキシコ州やイダルゴ州などである。そこの村人が週末、バルワコワをメキシコシティーに運んできて、街角や市場で週末だけの店や屋台を出す。だからこの時が食べるチャンス。また、メキシコ州やイダルゴ州を旅していたら、道路わきにバルワコワの看板を出してる屋台がいっぱい。

バルワコワとは、羊をリュウゼツランの葉に包み丸ごと蒸し焼きしたもの

リュウゼツランの植物。メキシコではマゲイと言います。ちょっとメキシコシティーから郊外に走ってゆくと生えています リュウゼツランの植物。メキシコではマゲイと言います。ちょっとメキシコシティーから郊外に走ってゆくと生えています

羊はいても、リュウゼツランの生えていない地では、絶対バルワコワはできないのだ。だからこそ、メキシコ料理の特別タコスなのだ。リュウゼツランは、メキシコのお酒テキーラを作るアガベの一種である。甘い樹液いっぱいの植物で、その樹液がお酒になるのだが、その葉に包んで蒸し焼きするため、甘い樹液が肉とミックスして、羊の肉の臭みはまったくない。臭みがどうもという人でも、これが羊の肉かと思うほどの美味しいタコスにびっくりするだろう。
伝統的には、大地に穴を掘ってそこで蒸し焼きした。イダルゴ州などの一部では、伝統的な作り方を続けているが、今はかまどで作るところが多くなったようだ。

タコス幾つと注文するより、秤売りで注文するのがお得

道の露店でバルワコワのタコスを食べる人たち 道の露店でバルワコワのタコスを食べる人たち

皆で食べに行ったら、人数により4分の1キロ、半キロ、1キロなどと秤売りで注文しよう。肉とトルティージャとサルサとレモンなどをどんと持ってきてくれる。皆でわいわいトルティージャに好きなだけ肉を取り分け、お好みのサルサをかけ食べよう。肉もマシサの部分では足とかロースとか、その他カベサ(頭)、パンサ(胃)などの部分がある。なんせ、丸焼きなので。マシサが一番無難かも、私好みは足。ちょっと変わったもの好きの人は、カベサやパンサなどもお試しあれ。残ったら、テイクアウトしよう(パラ ジェバール、ポル ファボールと言おう)。サルサやトルティージャなどもつけてくれる。

バルワコワのコンソメスープも美味しい

週末だけ開くバルワコワ専門のタコス屋。お持ち帰りの人も多い。秤売りしてくれる 週末だけ開くバルワコワ専門のタコス屋。お持ち帰りの人も多い。秤売りしてくれる

このバルワコワのコンソメスープは、羊の肉を蒸し焼きするときに出てくる肉汁スープである。これがまた美味しい。タコスを食べながら、スープもすすろう。たまねぎのみじんぎり、香草のみじんぎり、サルサ、それにレモン汁をたっぷりかけて。
お店によって違うが、ご飯やヒヨコマメなどが入っていて、実だくさんが私好み。どんぶりいっぱいに入れてくれるお店だと、これだけでも結構お腹いっぱいになる。トルティージャは、無くなれば幾らでもおかわりしてくれる。

ガイドからの一言

レストランというより街の食堂という雰囲気 レストランというより街の食堂という雰囲気

バルワコワの屋台は早朝からやっているが、特に評判の良いところは昼過ぎには、なくなってしまっている。朝ごはん兼昼ごはんのつもりで早めに行こう。週末だけ街中でやっているので、探してみよう。ただし高級住宅地や高級商店街ではでなく、一般人の住居街や市場などで。
バルワコワのお値段はマシソの部分で、キロ220ペソ(2200円)くらい。二人だったら四分の一キロくらいで充分だろう。リーズナブルなお食事で美味しければ文句なし!

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/08/28)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索