“サルサ”はどれもが辛いわけじゃない。

私たち日本人が“サルサ”と聞いてイメージするのは、唐辛子がピリッと利いた辛いソースではないでしょうか。“サルサ”とはスペイン語で液体調味料(ソース)のことを指していて、すべてが辛いわけではありません。しょう油は大豆のソースなので「サルサ・デ・ソヤ」と呼ばれています。私たちがイメージする辛いサルサは、ほとんどが“サルサ・ロハ”です。ちなみに「サルサソース」と言うと「ソースソース」と言っていることになるのでちょっと変ですね。オーダーする際は気をつけてください。

辛い!でもうまい! メキシコで刺激的なサルサを楽しむ。 辛い!でもうまい! メキシコで刺激的なサルサを楽しむ。

“サルサ”無しに、メキシコ料理は楽しめない。

いろいろなサルサがありますが、メキシコ旅行中に一番食べておきたいのは、やっぱり辛いサルサ! あえて頼まなくても、タコスにもサラダにも、肉料理にも、大体のものにトッピングされています。日本におけるしょう油のような存在で、メキシコ料理を楽しむ上でなくてはならないものなのです。メキシコには何種類もの唐辛子があり、それぞれサルサに使われているものも多種多様。ちょっと冒険して辛いものに挑戦してみるのも楽しいでしょう。メキシコを代表するお酒であるテキーラ、メスカル、プルケもすすみます。ただし、食べすぎてお腹が痛くなったり、酔っ払ってハメをはずしたりしないように注意してください。

多くの女性が大好きな“アボカド”のサルサ。

トロのような濃厚な味と食感で女性に大人気のアボカド。実はこのアボカドのサルサもあります。それが「ワカモレ」と呼ばれている料理。日本でもレストランによっては取り扱っているので、食べたことがある人も多いのではないでしょうか。唐辛子も使われていますが、赤いサルサと比べて辛味が抑えられ、マイルドなのが特徴です。コリアンダー(パクチー)の味が他のサルサよりも引き立っているので、苦手ならば取り除いてもらいましょう。

チョコレートを使ったサルサもあります。

なんと、チョコレートを使った甘いサルサもあるのです。その料理名は“モーレ・ポブラーノ”。お店にもよりますが、トマト、ハバネロ、玉ねぎ、にんにく、コリアンダー、そしてビターチョコレートが主な材料です。香辛料も使われていることが多いので、甘いような辛いようなほろ苦いような不思議な味です。これを鶏肉などにトッピングして食べます。日本ではなかなか出会えない刺激的なメニューなので、ぜひトライしてみてください。