メキシコシティの繁華街といえばソナ・ロッサ

今回はメキシコシティで、食事やお酒を飲むのにおすすめのエリアの紹介です。通常、「メキシコシティの繁華街」というと、ソカロから西へ2kmほど離れたソナ・ロッソ地区が挙がります。これは道路の真ん中に遊歩道もある広いレフォルマ通りの、おもに南側のエリアです。このレフォルマ通り沿いは高級ホテルや日本大使館もあるオフィスエリアですが、南側のソナ・ロッサは老舗のレストンやナイトクラブ、ショップも並ぶ、多少ごちゃごちゃした繁華街になっているのです。しかし今回、さらに南側にあるローマ&コンデサ地区が、「おしゃれなカフェやバー、レストランがある」という旬の人気エリアと聞きつけ、行ってきました。

人気のカフェやレストラン、バーが多い、メキシコシティのローマ&コンデサ地区 人気のカフェやレストラン、バーが多い、メキシコシティのローマ&コンデサ地区

オシャレな店がいっぱいのローマ&コンデサ地区

繁華街のソナ・ロッソ地区からさらに1kmほど南、メトロでいうと「インスルヘンテス」駅の南、インスルヘンテ・スール大通りの西側がコンデサ、東側がローマと呼ばれる地区です。ぎっしりとではありませんが、ほどよい感覚で洗練されたおしゃれなカフェやバー、レストラン、セレクトショップが点在しています。そのポツポツ感が「この先にまだお店があるかな」という感じにさせてくれるんですよね。街歩きが心配なメキシコシティですが、このあたりは街路樹もきれいな閑静な住宅街で問題ありません。ローマ地区だと大きなオブレゴン通りや、その2ブロック北のコリマ通り辺りがにぎやかなあたりです。公園に面してカフェテラスがあり、人々がのんびりくつろいでいる姿は、どことなくヨーロッパの香りがします。

夜はメスカル専門のバーがおすすめ

メキシコのお酒というと竜舌蘭から造る蒸留酒のメスカルですよね。日本でもよく知られているテキーラはメスカルの中でも、ハリスコ州の特定の場所と種で作られたものですが、そのメスカルを専門に飲ませるバーが「メスカレリア」です。人気のメスカレリアが多くあるのが、このローマ&コンデサ地区なのです。ローマ地区の「ラ・ナシオナル」などが有名ですが、付近にも同様の店が何軒もあり、近いのではしごもOK! だいたい夕方からオープンし、深夜1〜2時頃に閉まります。

遅くなったら流しのタクシーは拾わないで!

ローマ&コンデサ地区へは、メトロバス、あるいはメトロでも行けますが、ちょっと歩くのでやはりタクシーでしょうか。ただし、メキシコシティの流しのタクシーは評判が悪い(強盗に変身するケースあり)ので、ホテルやお店で「シティオ」と呼ばれる無線タクシーを呼んでもらうか、スマホで呼ぶタクシーのウーベル(UBER)が無難かもしれません。とくに夜遊びの帰りは、流しは拾わないように!