page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

観光スポット「グアダルーペ寺院」の旅行情報

グアダルーペ寺院

名称:グアダルーペ寺院(メキシコ/メキシコシティ
ジャンル:観光スポット

黒い髪と褐色の肌をもつ聖母が祭られているグアダルーペ寺院は、ラテンアメリカのカトリック信者の聖地とされている。1531年、先住民のディエゴの前に聖母が現れ、この地に教会を建てるように告げる。ディエゴは司祭に話すが取りあってもらえずにいると、再び聖母が現れ証拠の品として、その季節には咲いていないバラを与えた。ディエゴはバラをマントにくるみ、司祭にマントを広げると褐色の聖母の絵が現れた。司祭は聖母が現れたことを喜び、グアダルーペ寺院を建てた。この奇跡はバチカンによって公認されており、12月12日の大祭には多くの信者が訪れる。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!メキシコシティの観光スポット最新情報

2017/01/09 観光地・名所

メキシコ壁画運動を代表する作家ディエゴ・リベラとは? その2 フリーダとの結婚と渡米

メキシコシティ旅行イメージ-クエルナバカのコルテス宮殿に描かれた、ディエゴ・リベラの壁画 クエルナバカのコルテス宮殿に描かれた、ディエゴ・リベラの壁画

ディエゴ・リベラとその作品・その1からのつづきです。1929年8月に43歳のリベラは22歳のフリーダと結婚します。年齢差もあり、巨漢のリベラと小柄なフリーダのカップルは「美女と野獣」(笑)とも言われたそうです。当初はメキシコシティに住んでいた二人ですが、すぐにリベラの仕事のため、メキシコシティの南95kmにあるモレーロス州の州都クエルナバカに移っています。ここにあるコルテス宮殿(アステカを征服したコルテスの住居)は、現在はクアウナワック博物館として一般に公開されており、2階のバルコニーにリベラが描いた大きな壁画があるので、ぜひ見に行ってください(開館9:00〜18:00、月曜休み)。続きを見る



メキシコシティ旅行でぜひ訪れたい観光スポット


グアダルーペ寺院を訪れるツアー


最安料金万円


 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

グアダルーペ寺院への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。