タラスコ王国のあった地、パツクアロ湖周辺で異文化に触れよう!

メキシコ・モレリア・観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

タラスコ王国のあった地、パツクアロ湖周辺で異文化に触れよう!

掲載日:2009/01/15 テーマ:観光地・名所 行き先: メキシコ / モレリア ライター:しなのゆめみ

タグ: 遺跡 歴史



ABガイド:しなのゆめみ

【メキシコのABガイド】 しなのゆめみ
全ガイドを見る
メキシコ在住。人生の半分をメキシコで過ごしてきてしまった。メキシコの唐辛子の辛さとメキシコのお菓子の甘さのようなメキシコ人生、これからも続くかな?私にとってはメキシコは第二の故郷?!そのメキシコを心を込めて紹介しま〜す。

ツィンツンツァン遺跡。丘の上の遺跡前方に、前方後円墳ならぬ前円後方ヤカタ。この地方独特のピラミッドが5個並んでいて、この上には都が栄えていた昔には、神殿が築かれて神を祭っていた ツィンツンツァン遺跡。丘の上の遺跡前方に、前方後円墳ならぬ前円後方ヤカタ。この地方独特のピラミッドが5個並んでいて、この上には都が栄えていた昔には、神殿が築かれて神を祭っていた

アステカ王国に屈しなかったタラスコ王国のあった地

スペイン人がメキシコの地にやって来た16世紀初め、最大の王国として栄えていたアステカ王国。その最強のアステカにも、最後まで屈する事なく自治を守ったタラスコ王国が、このパツクアロ湖を中心にした水や緑の豊かな地にあった。そのタラスコ王国を偲ぶ事ができるわずかな遺跡の一つはツィンツンツァン村のツィンツンツァン遺跡。メキシコの古代文明の中で、他の文明とまた違った面も多いのがタラスコ文明である。ひっそりとした遺跡であるが、興味のある人は是非訪れて欲しい。
この地ではピラミッド神殿の事を「ヤカタ(Yacata)」という。日本語を連想してしまうのは私だけだろうか? プレペチャ語でyacataというのは石が山積みという意味だそうだ。

 

ツィンツンツァン村の民芸品市場。わら細工といえども飾りとして良いものも多い、安くって楽しいお土産になると思う ツィンツンツァン村の民芸品市場。わら細工といえども飾りとして良いものも多い、安くって楽しいお土産になると思う

民芸品の宝庫の村々を訪ねるのも楽しい!

ミチュワカン州も民芸品の宝庫である。スペイン侵略当時、この地にやってきた神父バスコ・デ・キロガが、先住民のもっていた民芸の技術を向上させ、パツクアロ湖周辺の村々を民芸品の産地にした。ツィンツンツァン村はわら細工。サンタ・クララは手打ちの銅器。ミチュワカンの漆器は金箔が入っている物もある。その他、パツクアロの織物や布製品も、独特の色合いで気にいる人が多いと思う。木材製品、家具、ハラッチョ村のギターなど、村まで行って作っている所を見学するのも楽しい。パツクアロやキロガ村で、それらの民芸品がまとめて買える。もちろんメキシコシティよりずーっと安い

 

ハニツオ島のモレロス像の中。この螺旋階段を登ってみよう! ハニツオ島のモレロス像の中。この螺旋階段を登ってみよう!

パツクアロ湖のハニツオ島は昔の死者の日の伝統を今も伝える村

ハニツオ島の死者の日(11月1、2日)の祭りは、あまりにも有名! 先住民の村の女性達が、一晩中死者の日の花で飾ったお墓で蝋燭を点してじっと祈る姿は、なんとも形容しがたい。普段の日でもハニツオ島まで足を伸ばす価値あり。島の頂上まで登ると、そこには大きなモレロス(独立の英雄)像が立っており、そこにある壁画からモレロスの英雄史を知ることができる。モレロス像の中には螺旋階段があり、モレロス像の手の高さまで上れる。ちょっとドキドキだけど、小さな覗き空間から、パツクアロ湖の風景が望められる
パツクアロ湖では、昔から蝶の形の網で獲る白小魚が有名で、ちょうどワカサギのよう。フライにした小魚にレモンと唐辛子をかけて食べる。パツクアロの街の船着場や、ハニツオ島のレストランで食べられるので、挑戦してみては!

 

パツクアロの街並み。高い近代的な建物は一切ない。昔の先住民の町を破壊してその上にコロニアルの町が作られた。質素な街並みは他のコロニアルの街と違った郷愁を旅人に感じさせる パツクアロの街並み。高い近代的な建物は一切ない。昔の先住民の町を破壊してその上にコロニアルの町が作られた。質素な街並みは他のコロニアルの街と違った郷愁を旅人に感じさせる

ミチュワカンは、かの有名な老人の踊りの地

メキシコの民芸舞踊の中でも最もユニークでユーモアたっぷりな楽しい「老人の踊り」の場所である。白い刺繍のある民族衣装に、老人の笑った面をつけ、帽子、サンダル、ポンチョを着て、腰を曲げ杖を突きながら踊る。そのユーモアある老人の動きに思わず爆笑してしまう。クリスマス、新年、三賢者の日や教会の祭りなどで、踊られる。パツクアロの街のホテルでもやっていたりする。この踊りは見る価値あり!旅の一夜の余興に是非どうぞ!

 

パツクアロ湖のハニツオ島。島の一番高いところにはモレロスの大きな像がそびえたつ パツクアロ湖のハニツオ島。島の一番高いところにはモレロスの大きな像がそびえたつ

【関連記事】

パツクアロへのアクセス:メキシコシティー西バスターミナルまたは北バスターミナルからパツクアロ行きのバスが出ている(西ターミナルの方が便が多い)。直行は少ないので、モレリアまで行き、そこからパツクアロ行きに乗り換える。モレリアまで約4時間、モレリアからパツクアロまで約1時間(メキシコシティからモレリアまでの飛行機便もある)。
バス料金:バス会社によって少々の差があるが、安い方でメキシコシティ=パツクアロ間310ペソ(2008年12月現在)
死者の日(11月1日、2日)にパツクアロに行く場合はホテルの予約を必ずして行く事をオススメする

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/01/15)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事