page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
メキシコ・プラヤ・デル・カルメン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

地元の常連が通い続けるプラヤ・デル・カルメンの人気レストラン「エル・グラン・タコ」


掲載日:2019/03/11 テーマ:グルメ 行き先: メキシコ / プラヤ・デル・カルメン

タグ: おいしい レストラン 安い 一度は行きたい 行列のできる店


評判を聞いてどんどん常連客が増え続けている家族経営レストラン

レストラン入り口です。平日の午前中なら比較的テーブルに空きがあります。豚さんのシンボルが目印です。 レストラン入り口です。平日の午前中なら比較的テーブルに空きがあります。豚さんのシンボルが目印です。

世界中から訪れる観光客で常に賑わうプラヤ・デル・カルメン。観光客のお目当てはマリンスポーツやセノテ、またはマヤ遺跡などが中心でしょう。しかし、本場の美味しいタコスを食べなければ、メキシコに来たことにはなりません。観光業から成るプラヤ・デル・カルメンはレストランやカフェが非常に多く、美味しくなければ生き残っていけません。そんなプラヤに5年以上レストランを構え、昔からの常連客が通い続け、新しい常連客も増え続けている話題のメキシカンレストランがあります。小さな店舗から始めたこのレストラン、今では1階店舗スペースを倍に広げるほどに成長しました。

メキシコシティ出身者が絶賛する本場のタコスが味わえる場所

ピカディヨのタコス(左)とジャガイモとポブラノペッパーのタコス(右)。おかずをたっぷりトルティーヤにのせてくれます。 ピカディヨのタコス(左)とジャガイモとポブラノペッパーのタコス(右)。おかずをたっぷりトルティーヤにのせてくれます。

ご紹介するレストランは「エル・グラン・タコ」(El Gran Taco)。このレストランの人気の秘密は、料理の美味しさにあります。店舗もそれほどお洒落ではなく、立地がよいわけではない。しかし、それでも常連客が通い続け、新しい常連が増え続けるのは料理がとても美味しいからです。このレストランのオーナーはメキシコシティー出身です。メキシコシティーは美味しい食べ物が集まる場所としても知られており、食通が愛する大都市です。メキシコシティ―出身者がこのレストランで食べるとすぐに、「メキシコシティーの味だ」とわかります。つまり、メキシコでも本当に美味しいタコスの味を、このレストランでは味わえるということです。

タコスの具になる料理を見て決めるオーダーの仕方

オーダーする場所では、それぞれの料理を確認できます。常に10種類以上の料理が並びます。 オーダーする場所では、それぞれの料理を確認できます。常に10種類以上の料理が並びます。

エル・グラン・タコに行ったら、まずはタコスをオーダーしてみましょう。タコスの具になる料理は日替わりなので、レストラン奥のキッチンで料理を確認してからオーダーをします。キッチンにはレジカウンターがあるので、まずそこで、どのタコスや飲み物をオーダーしたいかをキャッシャーに伝えて、お勘定を払いましょう。お勘定を払ったらすぐ横で、あなたのタコスを渡させるのを待ちます。その後で追加オーダーする時は、テーブルでできます。追加オーダーのお勘定もテーブルで済ませられるので、その点は楽です。少しややこしいシステムですが、料理を見てから決めたいことを考えると、ベストなのかもしれません。

ボリュームのあるタコスはどれもやさしいお袋の味がする

右端の茶色いタコスが、モレソースの鶏肉をのせたタコスです。モレソースは濃厚で甘くご飯と一緒にのせてくれます。 右端の茶色いタコスが、モレソースの鶏肉をのせたタコスです。モレソースは濃厚で甘くご飯と一緒にのせてくれます。

とにかくどれを食べても美味しいこちらのレストラン。やはりお勧めはボリュームのあるタコスです。具となるおかずは日替わりですが、いくつかの定番もあります。定番の一つ目は、「モレソースの鶏肉」です。モレソースはチョコレートや30種類ほどのスパイスで作ったソース。ピリ辛のモレソースもありますが、こちらのレストランのモレソースは甘めです。また、「ピカディヨ」と言うジャガイモ・ニンジン・牛ひき肉のトマト煮込みもいつ来てもある定番です。タコスは一つ20ペソ(約120円)とプラヤ・デル・カルメンでは平均の値段です。とてもボリュームがあるので、女性なら2つ、男性も4つくらいでお腹が一杯になると思いますよ。

※1ペソ=約6円。2019年2月時点

「エル・グラン・タコ」の営業時間と行く時のアドバイス

フラウタと呼ばれるタコスです。くるりと巻いて油で揚げたタコスにソースとチーズをつけながら食べます。 フラウタと呼ばれるタコスです。くるりと巻いて油で揚げたタコスにソースとチーズをつけながら食べます。

エル・グラン・タコは毎週月曜日が定休日です。その他の曜日の営業時間は8:00~16:30までとレストランにしてはとても早く閉まります。著者を含む多くの常連客も、食べたい時間にすでに閉店していることがよくあるので、その点は残念に思っています。エル・グラン・タコに行くのなら、最も空いている午前中がいいでしょう。最も混雑する12:00~14:00はできれば避けたほうがいいです。また、メキシコ人は日曜日に家族や友人と集まり、朝食やランチをとる習慣があるので、混雑する日曜日もできれば避けたいですね。レストランは海やセンターから歩ける距離ではなく、センタ‐からはタクシーで10分くらいかかります。レストランの目の前は「セントロ・マヤ」(centro maya)というショッピングモールもあるので、美味しいタコスを頂いた後に立ち寄ってもいいですね。

El Gran Taco
Calle 41 Sur, Ejidal, 77712 Playa del Carmen, Q.R.
01 984 688 0415

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/03/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索