page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
メキシコ・プラヤ・デル・カルメン・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

メキシコの人々が朝ごはんや夕ごはんに食べる甘くておいしい菓子パン5選


掲載日:2020/03/22 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: メキシコ / プラヤ・デル・カルメン

タグ: おいしい スイーツ 安い 朝食


Oreja(オレハ)

手のひらサイズの大き目のパイです。甘さは控えめで日本のパイよりも硬めです。 手のひらサイズの大き目のパイです。甘さは控えめで日本のパイよりも硬めです。

メキシコの人々は1日に3回食事をしますが、ランチに一番たっぷりと食事をする習慣があります。ランチをメインに食事をする人は、夜は軽めにホットチョコレートや牛乳と一緒に、菓子パンやクッキーを食べることが多いです。メキシコには非常に多くの菓子パンがあります。今回ご紹介する1つ目の菓子パンは「オレハ」と呼ばれる菓子パンです。オレハとは、スペイン語で耳のこと。まさに耳が2つくっついたような形をしています。オレハは、軽くてサクサクするタイプのパイではなく、少し硬めのぎっしりと感じるタイプのパイです。お砂糖がまぶしてあり、ほどよく甘くてとてもおいしいです。

Beso(ベソ)

見た目よりも意外とボリュームのある菓子パン。甘さを求めているならこちらのパンがピッタリです。 見た目よりも意外とボリュームのある菓子パン。甘さを求めているならこちらのパンがピッタリです。

ベソは、スペイン語でキスの意味です。こちらのパンは、2つのパンの間に苺ジャムがはさんであります。食感は、パンとマフィンを合わせたようにやわらかいです。また、マフィンのような甘さがあり、パン自体も甘いです。真ん中に苺ジャムがあり、外側にも砂糖がまぶしてあるため、甘さを求めている方にはピッタリのパンです。コーヒーや牛乳などと一緒に食べると丁度いいでしょう。ホテルの朝食では、なかなか見られないと思いますが、町を歩いている時に、パン屋を見つけたらぜひ探してみてください。メキシコらしい美味しさを感じられるパンです。

Concha(コンチャ)

コンチャはメキシコを代表する菓子パン。ホットチョコレートと一緒にぜひ食べてみてください。 コンチャはメキシコを代表する菓子パン。ホットチョコレートと一緒にぜひ食べてみてください。

コンチャは、メキシコで最も有名な菓子パンです。朝ごはんにホットチョコレートと一緒に食べることが多く、朝ごはんを軽く済ませたい人の定番とも言える菓子パンです。見た目は、日本のメロンパンのようですが、食感もとても似ています。中には何も入っておらず、外側の砂糖の部分はメロンパンよりも厚く、ボロボロと崩れるほど柔らかいくてとても甘いです。味はバニラ味とチョコレート味がありますが、おすすめはバニラ味です。また、バニラとチョコレートの半々のコンチャもあります。ホテルの朝食で見かけたら、ぜひホットチョコレートと一緒に食べてみてください。大きくて1つでお腹がいっぱいになる、とても美味しい菓子パンです。

Ojo de buey(オホ・デ・ブエィ)

見た目がおもしろいパンですが、味はとても素朴で中側がしっとりしていて美味しいです。 見た目がおもしろいパンですが、味はとても素朴で中側がしっとりしていて美味しいです。

こちらのパンは、19世紀に中国の料理人が、闘牛の目の形からヒントを得て作った菓子パンだと伝えられています。メキシコの伝統的な菓子パンで、見た目もとても興味深いです。外側は砂糖がまぶしてあるパイのような食感ですが、中側はマフィンのようにやわらかくて、甘さも控えめでおいしいです。食べるときに、よく外側の部分だけ先に取れてしまって、少し食べにくいパンでもあります。昔ながらの菓子パンのように、素朴な味ですが、外側の硬さが気になる人がいるかもしれません。しかし、甘さが控えめなため、ホットチョコレートやアトレなどの甘くて温かい飲み物とは、とても相性がいいです。

Gragea(グラヘア)

見た目がかわいく、ガリガリとした食感が特徴。甘さ控えめの大きなクッキーです。 見た目がかわいく、ガリガリとした食感が特徴。甘さ控えめの大きなクッキーです。

メキシコのパン屋では、必ず見つけられるこちらはクッキーです。大きさは手の平サイズでとても大きく、表面に色とりどりの砂糖がちりばめられていて、見た目もかわいいです。子どもが喜びそうなこちらのクッキーは、甘さが控えめで、食べるときの表面にまぶしてある砂糖のガリガリという食感が特徴です。1枚を子ども2人でシェアするのには、丁度いいサイズです。メキシコには、今回ご紹介した5種類の菓子パンの他にも、沢山の菓子パンがあります。日本のように見た目も美しく味も繊細なパンばかりではありませんが、どれも素朴でどことなく懐かしさを感じられるパンです。また多くのパンは、どれも日本円で50円以下です。機会があれば、ぜひ食べてみてください。

※1メキシコペソ=約5.85円。2020年2月時点。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/03/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索