世界遺産の町並み・タラベラ焼・遺跡・モーレソース等、魅力がぎっしり!プエブラへ

メキシコ・プエブラ・世界遺産の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

世界遺産の町並み・タラベラ焼・遺跡・モーレソース等、魅力がぎっしり!プエブラへ

掲載日:2008/03/27 テーマ:世界遺産 行き先: メキシコ / プエブラ ライター:小目奈々緒

タグ: お土産 すごい! 遺跡 教会 市場 世界遺産 美しい



ABガイド:小目奈々緒

【メキシコのABガイド】 小目奈々緒
全ガイドを見る
メキシコ在住。夫の仕事の関係で突然決まった、未知の国・メキシコでの生活。不安で不安でたまらなかった当初のことも、今ではすっかり笑い話。食べ物、民芸品、旅行、遺跡など、今ではすっかりメキシコの虜に!何よりも、目と目が合えばニッコリ笑いかけてくれるような、素朴な人々に魅力を感じている。

多くの人を魅了してやまない、美しいタラベラ焼。写真は食器セット。灰色地に青い線の、落ち着いた雰囲気の物もあり、どちらにしようか迷ってしまう 多くの人を魅了してやまない、美しいタラベラ焼。写真は食器セット。灰色地に青い線の、落ち着いた雰囲気の物もあり、どちらにしようか迷ってしまう

メキシコシティに程近い、世界遺産にも登録された都市

メキシコシティから、1等高速バスを利用して約2時間。大都会メキシコシティとは全く違ったコロニアル都市に辿り着く。ここプエブラは、見所も多い上に、車で少し行けば有名な遺跡もある。そして民芸品や食べ物でも有名と、とにかく観光客には嬉しい限り。ここプエブラでは、旧市街・(近郊の)チョルーラ遺跡が世界文化遺産に登録されている。タラベラ焼に町並み、モーレソース、メノウ、遺跡…。とにかく魅力満載のプエブラを、今回はほんの一部だけご紹介したいと思う。

 

キラキラと輝く、ロサリオ礼拝堂。あまりの豪華さに目がくらむ。フラッシュ撮影は禁止なので注意して! キラキラと輝く、ロサリオ礼拝堂。あまりの豪華さに目がくらむ。フラッシュ撮影は禁止なので注意して!

タイル装飾の美しい建物が点在する、旧市街の町並み

前述したように、プエブラの旧市街はユネスコ世界文化遺産に登録されている。植民地時代を髣髴とさせる建築物はもちろんの事、名産のタラベラ焼で作られたタイルを装飾に使った建物があちこちに見られ、目を楽しませてくれる。その為、街中をぶら〜っと散策するだけでも楽しい。旧市街の観光名所としては、『カテドラル』・『サントドミンゴ教会』・『サンタモニカ宗教美術館』・『プエブラ民芸品美術館』等が有名だ。特に、サントドミンゴ教会内にある“ロサリオ礼拝堂”のウルトラバロックは必見!絶対に見逃さないようにしたい。

 

ソカロの一角に面した建物。カラフルな色合いが、なんともメキシコらしい。1階部分は、カフェやレストラン ソカロの一角に面した建物。カラフルな色合いが、なんともメキシコらしい。1階部分は、カフェやレストラン

プエブラを代表する民芸品、タラベラ焼

メキシコには、いくつかの有名な焼き物があるが、その代表格とも言える存在が『タラベラ焼』だ。このタラベラ焼は、プエブラとグアナファトの物が有名だが、どちらかと言うとプエブラ産の方がより有名である。伝統的なタラベラ焼は、灰色地に青色で柄が書かれている物だが、最近はカラフルな色使いの製品が沢山出回っており、メキシコ人の食卓を華やかに彩っている。食器から小物まで種類は様々。当然お値段もピンからキリまでだが、ちょっとしたお土産なら50ペソ〜100ペソ(約500円〜1000円)で購入できる。

 

エルパリアン市場にある、土産物店。店の中にも外にも、所狭しと、タラベラ焼を中心とした土産物が並ぶ。あれもこれも素敵! エルパリアン市場にある、土産物店。店の中にも外にも、所狭しと、タラベラ焼を中心とした土産物が並ぶ。あれもこれも素敵!

お土産を買うなら“エルパリアン市場”!

ソカロから徒歩すぐの場所にあるこの市場には、お土産物を扱うお店がずら〜っと軒を連ね、時間がいくらあっても足りないほど! 特に、どの店でもタラベラ焼が山の様に売られており、一体どれがいいのか迷ってしまう。しかし、「安かろう悪かろう」の品も多いので要注意。「裏に工房名が入っている」・「触って見て絵付け部分が少し盛りあがっている」という2点が選ぶポイントのひとつと言われている。また、プエブラ州の北部は、メノウの産地としても有名で、メノウを使って作った土産物も数多く売られている。

 

チョルーラの教会。トラチウアルテペトル遺跡の頂上に建つ。青い空に黄色い壁、そしてドームのタイルがなんとも言えず美しい チョルーラの教会。トラチウアルテペトル遺跡の頂上に建つ。青い空に黄色い壁、そしてドームのタイルがなんとも言えず美しい

紹介した以外にも、見所・楽しみがてんこ盛り!!

他にも、“モーレ・ポブラーノ”や、近郊の遺跡“チョルーラ(世界遺産に登録されている)”・“カカシュトラの壁画”等々、魅力が満載! 今回全てをご紹介できなかったのが残念なくらいだ。シティから高速バスで2時間という好立地。是非とも、足を延ばして欲しい。

プエブラへの行き方:メキシコシティからPullman、ADO などの1等高速バスで2時間
バスの料金:110ペソ程度(約1100円)※料金は全て2008年3月現在

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/03/27)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事