住居遺跡カントナと牧歌的な美しい湖の風景を楽しむ旅

メキシコ・プエブラ・遺跡の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

住居遺跡カントナと牧歌的な美しい湖の風景を楽しむ旅

掲載日:2009/07/02 テーマ:遺跡 行き先: メキシコ / プエブラ ライター:しなのゆめみ

タグ: すごい! 遺跡 美しい



ABガイド:しなのゆめみ

【メキシコのABガイド】 しなのゆめみ
全ガイドを見る
メキシコ在住。人生の半分をメキシコで過ごしてきてしまった。メキシコの唐辛子の辛さとメキシコのお菓子の甘さのようなメキシコ人生、これからも続くかな?私にとってはメキシコは第二の故郷?!そのメキシコを心を込めて紹介しま〜す。

ピラミッドの上から見た風景。このユッカやシュロの生えている荒野は、昔の都の石の住居などがあった所で、今はその建造物が石の瓦礫と化して、植物の下に埋まっているのだろう ピラミッドの上から見た風景。このユッカやシュロの生えている荒野は、昔の都の石の住居などがあった所で、今はその建造物が石の瓦礫と化して、植物の下に埋まっているのだろう

先スペイン期文化最大の人口を擁した都カントナ遺跡

カントナ遺跡は、プエブラ市から94キロほどのところにあり、高速で約1時間。紀元600年〜1000年代に繁栄した当時の都の中でも、人口20万都市であったというのは、その多くの住居跡から推測されるようだ。カントナ遺跡までは、なかなか観光客は行かないようだが、考古学的には大変重要な遺跡であるらしい。発掘され公開されているのは当時の都のほんの一部。ピラミッドに登り、360度見渡すと、一面に平がるユッカやシュロの植物の生える荒野全体に人々の住居があった事がわかる。その都の広さは1400ha。住居は、中庭を中心にいくつもの部屋が作られ、また、その地区の宗教的建造物が作られ、その全体が壁で囲まれた一つの集合住居を形成していた。その中庭が3000ほどある事が分かっているという。いかに多くの人々が住む都であった事か!

 

大きなプラザとその前の双子のピラミッドとエリート地区の宗教センターのピラミッド。あまり大きなものではないが、いくつものピラミッドがある 大きなプラザとその前の双子のピラミッドとエリート地区の宗教センターのピラミッド。あまり大きなものではないが、いくつものピラミッドがある

道の数、球技場の数においても最多の遺跡

多くの人々が住む場所には、当然道がある。この都には分かっているだけで、500ほどの道路がある。各地区を繋ぎ、住民のコントロールにも、また侵入者を防ぐ役にも立ったらしい。壁のある道というべきか? 道の両側が厚い壁で仕切られていた。現在、発掘修復されたもので、長いものは1キロのメインストリート。そして、メソアメリカ文明の特徴の一つ、球戯場(豊穣を願う宗教儀式としての球技をするための球技場)は、その数の多さにおいても、最多の27。都のあっちこっちで球技をしていた事を想像すると、メキシコの町の中で、サッカーに興じる人々を連想してしまう。

 

都のあっちこっちに繋がる道路の一つ。両側が厚い壁で囲われている。また、漆喰を使わず石を積み上げていく、この都だけの特徴的な方式の造り 都のあっちこっちに繋がる道路の一つ。両側が厚い壁で囲われている。また、漆喰を使わず石を積み上げていく、この都だけの特徴的な方式の造り

遺跡は、適度な散歩コース

遺跡は広く、公開されている地区を一回り歩いて行くと2時間半ほどを要する。昔の人々の生活を想像しながら、ゆっくり散歩するつもりでゆくのがいいだろう。ピラミッドに上り、周りの雄大な風景も堪能しよう。山と緑の大地が広がる風景は、一見の価値あり! 2009年現在、博物館建設中、発掘物の展示が楽しみ。

 

アルチチカ湖。羊飼いの少年が羊を従えて通りかかった。何とも牧歌的な風景だろう アルチチカ湖。羊飼いの少年が羊を従えて通りかかった。何とも牧歌的な風景だろう

美しいアルチチカ湖もお見逃しなく!

カントナ遺跡の近くにいくつかの湖がある。特にアルチチカ湖へ帰途、寄り道するのもお勧め! この地も大昔は海だったのだろう、その場所は今2600mもの高地であるが、そこに火山により、カルデラ湖が出来た形でいくつかの湖ができたようだ。大地に閉じ込められた海の塩が、山が生む水に溶け込み、塩湖ができた。その湖は、透明の水をたたえて、自然の美しさを誇示しているようだ。ほとんど人がいないのもいい。車がバンバン通る道からちょっと降りるとそこには急に人間界から離れ、はっとするような自然だけが息づいているかのようだ。

 

アルチチカ湖。石灰の地質と水の自然が年月をかけ作った岩が面白い。何故かこの岩は岸辺側だけに出来ている アルチチカ湖。石灰の地質と水の自然が年月をかけ作った岩が面白い。何故かこの岩は岸辺側だけに出来ている

【関連情報】

■カントナ遺跡への行き方
アクセス:車がお勧め。メキシコシティから高速で約3時間、プエブラから約1時間。プエブラ市からベラクルス方向への高速で約16キロ地点のAmozocで左方向へ折れ、高速Amozoc−Peroteへ入り1時間弱。遺跡の看板がわかり難いので注意してみて行く必要あり。
入場料:41ペソ
時間:毎日 9:00〜17:00
■アルチチカ湖への行き方
アクセス:カントナ遺跡より、Tepeyahulco村を通り抜け、国道140号に出て、Acatzingo方向へ向かって右側。道路からあまり見えないので、人に聞くなりして注意して通り過ぎないように行く。プエブラから高速でベラクルス方向へ向かってAcatzingo地点で140号線に入り、Zacatepecを過ぎしばらく走って左側。道路から、湖の岸辺まで車で降りられる道路あり。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/07/02)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事