page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
メキシコ・ケレタロ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ペニャ・デ・ベルナルは、ミステリーの地、UFOも現れる?!


掲載日:2008/12/01 テーマ:観光地・名所 行き先: メキシコ / ケレタロ

タグ: すごい! 珍しい


ペニャ・デ・ベルナルでエネルギーがもらえる!?

ベルナルの一枚岩。岩の下の部分だけ、長い長い時を経て、短い潅木などの植物が生えてきている ベルナルの一枚岩。岩の下の部分だけ、長い長い時を経て、短い潅木などの植物が生えてきている

人々は特に春分の日(3月21日)、ペニャ・デ・ベルナルでエネルギーがもらえると何万人もの人がやって来る。この日メキシコではエネルギーをもらうために多くの人がティオティワカンなどの遺跡に行くが、ここは遺跡ではなく、自然が作った一枚岩の山である。大きな大きな一枚岩であるので、地球のまた宇宙のエネルギーを集めると信じられている。そして、春分の日と秋分の日(9月23日)に、この岩のあちらこちらに光と影で、いろんなものの姿が現われると土地の人々は言う。先スペイン期から、この奇岩の山は人々に神聖な場所と崇められ、いろんな伝説が言い伝えれれている。信じるか、信じないかは兎も角、UFOもよく現れると言う。

山のように巨大な一枚岩

岩を削ったりして階段らしいものが作られているので、切り立った一枚岩の山の横の背になった部分までは普通に登れる。その上へ登るには、頑張らなければ… 岩を削ったりして階段らしいものが作られているので、切り立った一枚岩の山の横の背になった部分までは普通に登れる。その上へ登るには、頑張らなければ…

日本ではこの山の情報はほどんど何にもないようだが、メキシコの情報によると世界の一枚岩ナンバー3だそうだ。高さは平地から350m、重さ約2000万トン。この大きな奇岩というべきか、山と言うべき一枚岩は、6500万年もの昔の火山のなりそこないで、マグマが地上に噴出せず地下で冷え固まり大きな大きな硬い岩と化した。そして、その上の地層の部分が時の流れで徐々に風化してなくなり、このマグマの岩が現れたというもの。

頑張って登ってみる?!

ロッククライマーが岩登りをしている。十字架のあるあたりまで、ロッククライマーでなくても、なんとか頑張れば登る事ができる ロッククライマーが岩登りをしている。十字架のあるあたりまで、ロッククライマーでなくても、なんとか頑張れば登る事ができる

頂上までの最後の45mは垂直の岩であるから、専門のロッククライマーでないと登ることは難しい。だが、健脚なら十字架のあるちょっと上までは頑張れば登れる。時間と体力が必要だが、その達成感はやっぱりすごいだろう
下方の山の背の部分までは、岩の部分を削って階段風にしてあり、ハイキングコースになっているので登ってみよう。また、下からこの一枚岩の山を眺めるだけでも、神々しい気分になる。一日の時間帯でもまた季節の移り変わりによっても様々な姿を見せてくれるようだ。切り立った岩山はもちろんロッククライミングの山である。

民芸品のお買い物も楽しめる

ベルナルの町でお買い物や散策を楽しもう ベルナルの町でお買い物や散策を楽しもう

山に登らず、時間に余裕のある人は、町で民芸品のお買い物をしよう。ここは、羊毛の織物などの産地でもある。また、この村はメキシコ観光局の定めた「Publo Magico(魅惑の町)」のひとつである。村内を回る観光バスも走っている。所要時間は40分ほど、料金50ペソ。ベルナルの村への途中の町Esquiel Montesはワイン生産の町で、そこの地下25mの酒蔵見学やぶどう園見学をして、メキシコのワインを試してみては? また、一泊旅行くらいのつもりの時は途中のテキスキアパンで泊まり、ここの温泉プールで泳ぎ、この観光の街を楽しむのがオススメ。民芸品のお店もいっぱい。

【関連情報】

ベルナルの町を回る観光バス。可愛い電車風バス ベルナルの町を回る観光バス。可愛い電車風バス

■ペニャ・デ・ベルナル
北バスターミナルからエスキエル・モンテまで行き、そこから、ローカルバスなどを利用してペニャ・デ・ベルナルの村へ。
車で行く場合、ケレタロへの高速道路での途中サン・ファン・デ・リオスの町で右に折れ、テキスキアパンを通り越し、エスキエル・モンテからまだ20分ほど走ってゆく。メキシコシティーから約2時間半〜3時間ほど。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/12/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索