page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
メキシコ・ロスカボス・リゾートの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ゴルフ・ダイビング・フィッシング…アシカや鯨も見られるリゾート地“ロス・カボス”


ハリウッドスターもお気に入りのビーチリゾート!

ロス・カボスのシンボル“El Arco”。陽光が波に光り、気持ちのいい景色が眼前に広がる ロス・カボスのシンボル“El Arco”。陽光が波に光り、気持ちのいい景色が眼前に広がる

メキシコのビーチリゾートと聞くと、真っ先にカンクンを思い浮かべる人が多いだろうが、ここロス・カボスも、カンクンに勝るとも劣らない人気リゾート地だ。日本ではまだ知名度はそれ程高くないが、カナダやアメリカからの旅行客は非常に多い。ハリウッドスター達にも人気の場所として有名。どこまでも続く地平線を眺めながらカクテルを傾けたり、サンセットクルーズを楽しんだり。もちろんマリンスポーツも楽しめる! 海の透明度ではカンクンに敵わないが、“大人の為のリゾート”という雰囲気のロス・カボスを好む人も多い。

ロス・カボスってどこ?

多くのクルーザーが停泊するドック 多くのクルーザーが停泊するドック

バハ・カリフォルニア南端に位置する“ロス・カボス”は、「カボ・サン・ルーカス」と「サン・ホセ・デル・カボ」と言う二つの町、及び、その二つを結ぶ海岸線の総称である。片側は岩肌がむき出しの山々、その反対側は海。そして地面には無数のハシラサボテンが生息している。ここにはまだ手付かずの自然が多く残されており、メキシコらしい風景を目にする事が可能だ。土産物店や、レストラン等はカボ・サン・ルーカスに集中しているが、静かな時間を楽しみたいのであれば、サン・ホセ・デル・カボに宿泊するのがお勧め。車で20分程の距離なので、簡単に行き来できる点が嬉しいところ。

奇岩“El Arco”とアシカのコロニー

岩場で日向ぼっこをするアシカ。その愛らしい姿に、思わず笑みがこぼれる 岩場で日向ぼっこをするアシカ。その愛らしい姿に、思わず笑みがこぼれる

ロス・カボスの海には、変わった形をした岩が所々に突き出ている。中でも一番有名なのは、“El Arco”と呼ばれる岩。名前の通り、岩の一部がくりぬかれてアーチのような格好をしている。自然の力で出来たこの岩は、ロス・カボスのシンボル的存在。グラス・ボート等で岩のそばまで行くのだが、途中にはアモール・ビーチやアシカのコロニー、ペリカンのコロニーがあり、皆、大はしゃぎ。アモール・ビーチでは、のんびり日光浴をしている観光客の姿がうかがえる。グラスボートからも魚を楽しめるが、予め申し込んでおけば、シュノーケリングだって体験可能!

シロナガスクジラやコククジラが目の前に!

コククジラに触れ、大はしゃぎの観光客。すぐ間近で見る鯨は、迫力満点 コククジラに触れ、大はしゃぎの観光客。すぐ間近で見る鯨は、迫力満点

毎年1月末頃〜3月末には、遥か遠方から、様々な鯨たちがバハ・カリフォルニアにやってくる。その為、この時期に大人気なのがホウェールウォッチング!! 各旅行代理店から、コルテス海におけるシロナガスクジラや、マグダレナ湾におけるコククジラを見るツアーが出ている。私はコククジラのツアーに参加したが、小型ボートに乗り込んで、鯨の群れの真っ只中へ。気づくと、ボートの真下や、すぐ脇に鯨が現れ、時には顔を出してくれる。鯨を間近で見られるなんて貴重な経験は、そうそう出来るものではない! 非常に感動したひと時であった。

他にも様々なアクティビティーが山ほど!

カボ・サン・ルーカスの土産物店。シルバーアクセサリーや、メキシカン・ファイヤー・オパールを売る店がとても多い。女性には嬉しい限り!? カボ・サン・ルーカスの土産物店。シルバーアクセサリーや、メキシカン・ファイヤー・オパールを売る店がとても多い。女性には嬉しい限り!?

サンセット・クルーズにダイビング、フィッシング、浜辺で乗馬、ゴルフ、サンドバギー、パラセイリングにサーフィン…と、まだまだ多種多様なアクティビティーが盛り沢山。もちろんショッピングもナイトクラブも揃っているので、自分にあった旅行計画をたてられる! なんにもせずに、浜辺での〜んびり…それだってOKだ。マリンアクティビティー派にも、「ただ海を眺めるのが好き!」派にもお勧めのリゾート地“Los cabos”。カンクンほど人が多くないのも魅力のひとつ。このG.W.は、ロス・カボスを訪れてみては如何?

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/03/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索