タスコ旅行・タスコ観光徹底ガイド

タスコ旅行・タスコ観光徹底ガイド


タスコ旅行・観光の見どころ・観光情報

タスコは、メキシコシティの南西170kmの丘の斜面に造られた標高約1800mの高原の町。16世紀から銀の採掘で栄え、丘の斜面にびっしりと町が造られた。銀の枯渇と共に町は衰退したが、そのおかげで18世紀の古い建築物が多く残っている。町は広場のソカロを中心に広がっているが、見どころの多くは徒歩圏だ。おすすめの観光名所は、そのソカロに面したサンタプリスカ教区教会。過剰なバロック装飾で彩られた豪華な教会だ。メキシコシティから週末に観光客が訪れる人気の町なので、土産物屋、特に銀製品を扱う店が多い。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


タスコの旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
スペイン語 MXN 約13時間 約-15時間

タスコ旅行・観光の選び方

メキシコシティを含むツアーで立ち寄るか、オプショナルツアーで行くこともできる

タスコはメキシコシティから車で約3時間の距離なので、日帰りや週末の1泊旅行で訪れる人が多い町。メキシコ中央高原のコロニアルシティを周遊するツアーに含まれることもあるが、数は少ない。自分で行くか、メキシコシティ滞在のフリープランを利用してオプショナルツアーかが一般的だ。観光地なので中心部にはレストランの数も多く、食事には困らない。かつて銀で栄えた町らしく、町のあちこちに銀のアクセサリーショップや銀細工店がある。銀製品をお土産にしてみよう。(2016年9月編集部調べ)


タスコ観光のこだわりポイント

メキシコシティを中心にフリープラン
メキシコシティに滞在して周辺の町へどんどん出かける。フリープランでショッピングも自由に時間が取れて動きやすい。
国立人類美術館は必見美術・博物館
基点となるメキシコシティには重要な博物館、美術館が多い。日本語ガイドが付くオプショナルツアーで詳しく見学したい。
ホテルの朝食からその日が始まる全朝食付
毎日のように各地へ出向き、朝が早いツアーでは、朝食がホテルでとれるのは大助かり。朝早い朝食にも対応してくれる。
必見テオティワカン遺跡遺跡
世界で3番目に大きいピラミッドを誇るテオティワカン遺跡はメキシコの誇り。タスコまで来たら是非ついでに見ておきたい。

現地ガイド発!タスコの観光最新情報

2016/12/28 観光地・名所

メキシコシティから日帰りで行けるコロニアル都市、タスコ 後編 帰りには銀細工のお土産を

タスコ旅行イメージ-これがウルトラバロックの装飾! やりすぎ感があるサンタプリスカ教区教会の祭壇 これがウルトラバロックの装飾! やりすぎ感があるサンタプリスカ教区教会の祭壇

銀で栄えた町、タスコの後編です。町の一番の見どころの18世紀のサンタプリスカ教区教会ですが、この教会の装飾は「ウルトラバロック」とも呼ばれるチュリゲラ様式で飾られています。これはちょっとでも空きスペースを作らないようにというか、「洗練」という言葉がほど遠い様式で、ストレートに言うと「趣味が悪い」とも言えるのですが、これがこの時代の雰囲気だったのでしょうか。このタスコのサンタプリスカ教区教会は、そんなウルトラバロックの代表例とも言えます。ちょうどその頃、銀の採掘で沸いていたメキシコは建設ラッシュだったので、当時のコロニアル都市の教会ではよく見かける様式です。メキシコの他の町では、サカテカスにある…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


タスコ旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、タスコ観光情報が満載。
タスコ旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。