世界遺産「パナマ・ビエホ考古遺跡とパナマの歴史地区(ビエホ考古遺跡)」の詳細情報

パナマの世界遺産・名所ガイド

Archaeological Site of Panama Viejo and Historic District of Panama

パナマ・ビエホ考古遺跡とパナマの歴史地区

名称:パナマ・ビエホ考古遺跡とパナマの歴史地区(パナマ
英語名称:Archaeological Site of Panama Viejo and Historic District of Panama
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1997・2003年

イギリスの海賊ヘンリー・モーガンに破壊された都市

パナマ・ビエホ(旧パナマ)は、パナマの首都パナマ・シティの中心部から7.5kmに位置する。16世紀初めに成立した、アメリカ大陸の太平洋岸で最初のスペイン人の植民都市。南米大陸とスペインを結ぶ金銀の貿易地点として繁栄したが、1671年に、イギリスの海賊ヘンリー・モーガンの来襲によって破壊された。その跡が、パナマ・ビエホと呼ばれる考古遺跡であり、石造建築物の骨格や壁は今も残っている。襲撃の2年後、パナマ・ビエホから南西に約7km離れた場所に再建された街が、現在のパナマ・シティである。その中心部にある歴史地区には、中央広場を中心にコロニアル風の大聖堂や修道院、病院、橋、政庁舎などがあり、植民地時代の雰囲気を伝えている。海賊に持ち去られず残されたパナマ・ビエホの旧大聖堂の三つの鐘は、再建された大聖堂に移されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

ビエホ考古遺跡に関する写真

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


パナマの世界遺産「パナマ・ビエホ考古遺跡とパナマの歴史地区」についてご紹介します。パナマ・ビエホ考古遺跡とパナマの歴史地区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。