page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

パラカスグルメガイド

パラカスのグルメ・伝統料理

パラカスは首都リマからも日帰りで行ける程の距離なので、昼間はペルー人観光客でにぎわう。中心となるチャコ海岸には、典型的なペルー料理やシーフード、パスタ、ピザなどを提供するテラス席を出したレストランがずらりと並んでいる。グルメならば外せないのが、魚やタコ、エビ、貝などをレモンで締めたペルーの国民的料理「セビーチェ」。シーフード炒飯ともいえる「アロス・コン・マリスコス」も日本人に人気の料理だ。夜になると観光客は半減するので、テラス席でもゆったりと食事ができる。1本裏通りは大衆的な料金の店が多い。(2015年編集部調べ)


パラカスのレストラン・屋台

レストランはチャコ海岸の埠頭近くにずらりと並んでいる。シーフードが中心で。写真付きのメニューを店頭に置いているのでわかりやすい。ただしどの店も観光客向けの似たり寄ったりのメニューで、ツーリストプライスで高め。海に面していない1本裏の通りに行くと、店の雰囲気は落ちるが大衆的な食堂が並び、料金も半額ぐらい(400〜800円程度の予算)で同じような料理が食べられる。朝食が付いていないツアーの場合でも、朝、バジェスタ島へのボートが出る埠頭付近に行けば、ハンバーガーとコーヒーなどのスナック屋台が出ているので大丈夫だ。

パラカスの水・お酒

ペルーの水道水は飲料に向いていないので、必ずミネラルウォーターを買って飲もう。普通の水と炭酸入りがあるので注意。ペルーでは炭酸飲料がよく飲まれているが、ポピュラーなコカコーラのほかにペルー独自のコーラとして「インカ・コーラ」がある。黄色い色をしており、味はコーラというよりマウンテンデューに近いが、話のタネに一度は飲んでみよう。お酒では、ビール(スペイン語で「セルベッサ」)がたいていのレストランで飲むことができる。代表的な銘柄は「クスケーニャ」「クリスタル」など。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


パラカスグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるパラカスの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
パラカスのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!