page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ペルー・アマゾン川周辺・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

6月24日はサン・フアンの祭りで盛り上がろう!


ペルー・アマゾンの守護聖人サン・フアン・バウティスタ

アマゾン川で川遊びを楽しむペルー・アマゾンの人々 アマゾン川で川遊びを楽しむペルー・アマゾンの人々

6月24日は「サン・フアンの日」。サン・フアンとはカトリックの聖人、サン・フアン・バウティスタ(洗礼者ヨハネ)のことだ。インカを滅ぼしペルーを手中に収めたスペイン人たちは、経済的支配と同時にキリスト教による教化を推し進めた。その時宣教師たちがペルー・アマゾン布教の“鍵”に据えたのが、サン・フアン・バウティスタである。ヨルダン川の岸辺でイエス・キリストに洗礼を授けたという彼の逸話は、アマゾン川を人生の拠り所とする人々の心を捉えた。ペルー・アマゾン全域の守護聖人でもあるサン・フアン・バウティスタ。彼の誕生日を祝う「FIESTA DE SAN JUAN(サン・フアンの祭り)」は、アマゾンエリアで最も重要な祭りだ。

“サン・フアンの頭”に例えられたアマゾン料理「フアネ」

味付けしたご飯に鶏肉や茹で卵を添え、バナナやビハオの葉で丸く包んで茹でた「フアネ」。ソフトボールより一回り大きなこの料理は、見方によっては“頭”に見えなくもない 味付けしたご飯に鶏肉や茹で卵を添え、バナナやビハオの葉で丸く包んで茹でた「フアネ」。ソフトボールより一回り大きなこの料理は、見方によっては“頭”に見えなくもない

ペルー・アマゾンに先の聖人を定着させたもう1つの存在、それがアマゾン風のチマキ料理「JUANE(フアネ)」だ。聖書には“ヘロディアの恨みを買ったサン・フアンは、その夫であるヘロデ王によって斬首された。ヘロディアの娘サロメは彼の首を銀盆に乗せ、母に贈った”とある。サン・フアンの首は、彼の正義と殉教を示すカトリックの重要なイコンなのだ。このエピソードを広めるのに宣教師たちが利用したのは、丸い形をしたアマゾンのチマキだった。こうしてこの料理は“サン・フアンの頭”を意味する「フアネ」と呼ばれるようになったという。名前の由来はもの恐ろしいが、フアネがサン・フアンの祭りに欠かせないアマゾンの名物料理であることは確かだ。

祭りはアマゾン料理を堪能する絶好のチャンス

屋台から流れる香ばしい匂いが食欲を誘う。焼きバナナもホクホクして絶品だ 屋台から流れる香ばしい匂いが食欲を誘う。焼きバナナもホクホクして絶品だ

サン・フアンの祭りでは、教会でのミサや聖人像を掲げた御輿行列などさまざまなプログラムが行われる。しかし人々が最も心待ちにするのは、華やかなパレードとグルメフェスティバルだ。前述のフアネの他、薄切りにして干した豚肉をさっと焼いた「セシーナ」や豚肉の腸詰め「チョリソ」、バナナを潰して揚げた「タカチョ」などはアマゾンで欠かせない一品。川魚の腹にハーブや香辛料を詰め、バナナの葉で包んで蒸し焼きにした「パタラシュカ」もオススメだ。ワニ料理や亀のスープ、ヤシの木に生息するゾウムシの幼虫「スリ」の串焼きもアマゾンの名物。街のあちこちに設置される期間限定の屋台村を散策するだけでも、現地の食文化を知るいい機会になるだろう。お腹を十分空かせて街へ繰り出そう。

アマゾン川で大はしゃぎ!

宣教師たちが聖なるヨルダンに例えたというアマゾン川。その川での沐浴こそ、この祭りの真骨頂だ。とはいえ大人も子供も大はしゃぎ、さながら夏の海水浴場といった感じで、厳かな雰囲気は一切ない。観光客目当ての露天商が威勢のいい声を揚げ、簡易ステージではきわどい衣装を身に付けた若い女性が腰を振りながら踊っている。この廃頽的な光景を当時の宣教師たちが見たら、驚きのあまり卒倒するだろう。しかしアマゾンの人々にとってサン・フアンが特別な存在であることに変わりなく、自分たちを守ってくれる聖人を称え、その誕生を喜ぶ気持ちに溢れている。祝い方は自由奔放すぎるがそれもまたよし。サン・フアンの祭りは、ペルー・アマゾンを体現する祭りなのだから。

【関連情報】

夜は野外コンサートも開かれる。ペルーの人気グループのステージを楽しむチャンスだ 夜は野外コンサートも開かれる。ペルーの人気グループのステージを楽しむチャンスだ

■FIESTA DE SAN JUAN/サン・フアンの祭り
日程:6月24日※祭りのプログラムは数日前から開始
場所:イキトスやタラポト、プカルパ、マードレ・デ・ディオスなどペルーアマゾン全域

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/05/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索