アレキパグルメ・料理ガイド

アレキパグルメガイド

アレキパのグルメ・伝統料理

ペルーでも屈指のグルメ都市、アレキパ。アレキパ出身者でなくともその郷土料理の名を一つや二つ挙げられるほど、その美味しさには定評がある。特に有名なのはカマロン(川エビ)を使ったスープ「チュペ・デ・カマロネス」と、パプリカに似た激辛トウガラシのロコトを使った「ロコト・レジェーノ」だ。ソラマメとチーズを使ったサラダ「ソルテリート」やジャガイモ料理「オコパ」も有名。世界遺産にも登録されている美しい都市アレキパでは、観光だけでなく食事も大いに楽しみたい。(2015年編集部調べ)


アレキパのレストラン・屋台

アレキパの中心・アルマス広場の周囲にはおしゃれなレストランやカフェがたくさんあり、世界各地からやってくる観光客の舌を常に満足させている。しかし、世界遺産である歴史地区を一望できる立地だけあって値段も高い。メインディッシュで一品当たり30〜50ソレス、首都リマと変わらない価格だ。アルマス広場から少し離れたほうが、庶民的な価格で食事を取ることができるだろう。メルカド(市場)なら、5〜8ソレス程度でボリューム満点のランチを食べることができる。

アレキパの水・お酒

アレキパの水道水は沸かして飲む分には問題ないが、そのまま飲むのは避けたほうがよい。ミネラルウォーターはボデガと呼ばれる街の雑貨店やスーパー、メルカド(市場)で購入できるので、必ずそれを飲むこと。625ml入りのペットボトルで1〜1.5ソレス、「コン・ガス(ガス入り)」と「シン・ガス(ガスなし)」がある。お酒もボデガやスーパーで購入可能。ただしペルーでは18歳未満はお酒の購入・飲酒ともに禁止されている。


現地ガイド発!アレキパのグルメ・料理最新情報

2015/03/13 グルメ

ペルーの美食の町“アレキパ”で、現地ならではの郷土料理を食べてみよう

アレキパ旅行イメージ-ペルーの美食の町“アレキパ”で、現地ならではの郷土料理を食べてみよう ペルーの美食の町“アレキパ”で、現地ならではの郷土料理を食べてみよう

南米ペルー第2の都市アレキパ。標高約2300mとペルーでは高くもなく低くもなくという、温暖な地域にあります。そのためスペイン植民地時代から、地方に農園を持つスペイン人地主たちが、この町に邸宅をかまえていました。そうした風土からか、このアレキパはペルーでは“美食の町”として知られ、「アレキパが発祥」という郷土料理が多いのです。レストランの数も多く、また料理の値段もリマやクスコよりも安いので、ぜひアレキパに行ったら食べ歩きをしてください。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


アレキパグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるアレキパの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
アレキパのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!