page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

カハマルカ(ペルー)ツアー発の比較一覧です。予算や出発地、希望のホテルなど、ご希望の旅行条件にあてはまるカハマルカ(ペルー)の魅力を堪能できるおすすめツアーが盛りだくさん!

検索結果 3件 (2旅行会社 44.80〜60.30万円)

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
44.80
50.80
0.00 44.80
50.80

※空港税などの諸税は含まれていません。

オススメ度
44.80
50.80
合算燃油
目安

11日間

成田発

ホテル:
マリエル、カサ・アンディーナ、グラン・ボリバル、パストルーリ・ホテル、…
食事:
朝8回/昼5回/夜0回
航空会社:
ラタム航空(LA)(日本発:時間帯指定なし/現地発:時間帯指定なし)

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員
ツアーポイント

●本コースは、ワスカラン峰のふもとの町「ワラス」を起点に、南米屈指の絶景を誇る「ワスカラン国立公園」と古代アンデス文明発祥の地「チャビン・デ・ワンタル遺跡」、貴重なプレインカ遺跡が集積するペルー第3の都市「トルヒーヨ」とプレインカ期の黄金文化を育んだ「チクラヨ」、そしてインカ帝国最後の皇帝アタワルパゆかりの地「カハマルカ」を盛り込んだ北部ペルーの5大ハイライトコースです。
●<ワラス観光について>
ワラス滞在2日目は、ペルーの最高峰ワスカラン峰(6768m)が迫る「ワスカラン国立公園」をガイドとともに終日ハイキング。氷河を戴く美しい山々やエメラルドグリーンの湖水、珍しい高山植物など、ペルーの大自然をご堪能いただきます。途中、負の遺産ともいえる「ユンガイ慰霊公園(カンポサント・ユンガイ)」も訪問します。
ワラス滞在3日目は、紀元前1000年頃に造られたプレインカ遺跡「チャビン・デ・ワンタル遺跡」を終日観光します。石造建築で新・旧2つの神殿からなる神秘的な遺跡で、旧神殿の地下回廊には「ランソン」と呼ばれる巨大な石塔の主神体があり(高さ約4.5m)、宗教性が強く古代アンデス文明の起源をひも解く重要な遺跡として、1985年世界遺産に登録されています。
●<トルヒーヨ観光について>
トルヒーヨでは、チムー王国の首都遺跡で世界遺産の「チャンチャン遺跡」の他、神殿内部に見事な彩色レリーフが残る2つのモチェ期の遺跡「太陽と月のワカ」、通常コースでは訪問しない「エル・ブルホ遺跡」も訪問します。エル・ブルホ遺跡の敷地内には真新しい博物館も併設されており、皮膚に鮮やかな刺青が残る保存状態の良い「女王のミイラ」も展示されています(必見)。
●<チクラヨ観光について>
チクラヨでは、アドベ建造のピラミッド群が残る「トゥクメ遺跡」観光の他、モチェ文化(シパン王)やシカン文化の歴史を出土品とともに解説した貴重な博物館3箇所(シカン博物館、シパン王墓博物館、ワカラハダ博物館)を見学します。
●<カハマルカ観光について>
紀元前1000年(今から3000年前)に栄え始めたカハマルカ郊外の遺跡「クントゥル・ワシ」は、1989年に石造神殿遺跡とともに大量の金細工が発掘され世界中で話題を呼んだ遺跡。日本の発掘調査団は出土した土器や金細工を展示する博物館の管理を地元の村民たちに指導したことでも知られている。
標高2800mの高原の町カハマルカでは、プレインカ時代の不思議な遺跡を中心に観光します。完璧な人口水路と岩絵で有名な摩訶不思議な地形(石の森)の「クンベ・マヨ」、崖山に掘られた300を超える横穴式の墓地跡「オトゥスコ」の他、インカ帝国最後の皇帝アタワルパの幽閉場所「クアルト・デ・レスカテ(身代金の部屋)」などを訪問します。

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
46.30
58.20
2.10 48.40
60.30

※空港税などの諸税は含まれていません。

オススメ度
48.40
60.30
合算燃油
目安

10日間

成田発

ホテル:
マリエル、ミドリ・ホテル、プレシデンテ、コスタ・デル・ソル
食事:
朝7回/昼4回/夜0回
航空会社:
アメリカン航空(日本発:時間帯指定なし/現地発:時間帯指定なし)

株式会社ファイブスタークラブ (ファイブスタークラブ☆

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員 ボンド保証会員
ツアーポイント

●ペルー到着初日は安心の日本語ガイドのオリエンテーション付
●インカ最後の皇帝アタワルパも愛した温泉地を訪問
●アタワルパの幽閉場所「クアルト・デ・レスカテ」も訪問
●日本の発掘隊が発掘調査中の紀元前1,000年頃に栄え始めたプレインカ神殿遺跡「クントゥル・ワシ」は必見!
●誰もが憧れるマチュピチュの麓に宿泊
●インカの聖なる谷の観光も楽しむ
●アルパカやリャマなどペルーを代表する動物達にも出会う

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
53.80
59.80
0.00 53.80
59.80

※空港税などの諸税は含まれていません。

オススメ度
53.80
59.80
合算燃油
目安

13日間

成田発

ホテル:
コスタ・デル・ソル・ウィンダム・リマ・エアポート、カサ・アンディーナ、…
食事:
朝5回/昼5回/夜4回
航空会社:
ラタム航空(LA)(日本発:時間帯指定なし/現地発:時間帯指定なし)

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員
ツアーポイント

●黄金文明が繁栄した北部ペルーの3大観光地「トルヒーヨ」「チクラヨ」「カハマルカ」とアマゾンのジャングル近くに栄えた謎のチャチャポヤ族の「チャチャポヤス文明」の足跡を垣間見るオリジナルコースです。チャチャポヤスでは、「ソンチェ渓谷」「カラヒア遺跡」「クエラップ遺跡」「レバッシュ遺跡」「レイメバンバ博物館」の5大観光地を訪問します。

★レイメバンバ〜カハマルカ間は「アンデスの美しい風景」が堪能できる景勝ルートを走ります。
なお、本コースはカハマルカからトルヒーヨへ向かう途中に「クントゥルワシ遺跡」を訪問します。
●<チャチャポヤスの魅力をコンパクトに考察>
チャチャポヤスとはケチュア語で「雲上の人々が住む地」の意味があり、先住民らしからぬ背の高い白人種だったといわれている。彼らは断崖の上に先祖の骨を祀る独自の埋葬文化をもち、「ペルーのモアイ」と呼ばれるユニークな人型土偶や家屋型の廟(空中墳墓)を数多く残している(カラヒア遺跡やレバッシュ遺跡など)。また、インカ族が帝国の拡大でこの地を攻撃した際に、激しく抵抗したとされる山頂の巨大な城砦(天空の城)は、「北のマチュピチュ」といわれ、マチュピチュ遺跡建造よりも数百年も古いにも関わらず、優れた建築技術を駆使してエジプトの大ピラミッド建設で使用した石材のおよそ3倍の量を使用して作ったといわれている(クエラップ遺跡)。近年になって発見されたチャチャポヤ族の218体にもおよぶミイラは、高度な防腐処理が施され、体を小さく折りたたんだ奇妙な姿で現在「レイメバンバ博物館」に厳重に保管されている。チャチャポヤス文明の誕生から滅亡にいたるまでの数奇な運命(歴史過程)をこの博物館で見学し、チャチャポヤス文明の謎を解き明かしてみてください
●<カハマルカ観光について>
紀元前1000年(今から3000年前)に栄え始めたカハマルカ郊外の遺跡「クントゥル・ワシ」は、1989年に石造神殿遺跡とともに大量の金細工が発掘され世界中で話題を呼んだ遺跡。日本の発掘調査団は出土した土器や金細工を展示する博物館の管理を地元の村民たちに指導したことでも知られている。 標高2800mの高原の町カハマルカでは、プレインカ時代の不思議な遺跡を中心に観光します。完璧な人口水路と岩絵で有名な摩訶不思議な地形(石の森)の「クンベ・マヨ」、崖山に掘られた300を超える横穴式の墓地跡「オトゥスコ」の他、インカ帝国最後の皇帝アタワルパの幽閉場所「クアルト・デ・レスカテ(身代金の部屋)」などを訪問します。

  • 1|

カハマルカ ツアー関連情報

カハマルカ(ペルー)発のツアープランをご紹介。エイビーロードなら、発着空港や料金・航空会社・日程等の条件から、あなたにピッタリのカハマルカ(ペルー)発のツアーを探せます。日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のカハマルカ(ペルー)発のツアープランをお探し下さい。