チクラヨ(ペルー)ツアー発の比較一覧です。予算や出発地、希望のホテルなど、ご希望の旅行条件にあてはまるチクラヨ(ペルー)の魅力を堪能できるおすすめツアーが盛りだくさん!チクラヨ(ペルー)の旅行の見どころや、観光情報は「チクラヨ旅行徹底ガイド」をチェック。

ツアー検索|チクラヨ

11件ヒットしました (2旅行会社 36.50〜66.50万円)
  • 1|

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
60.80
61.80
0.70 61.50
62.50

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
61.50
62.50

12日間

成田発

ホテル:
ヴァジェサグラド・ロス・インカ、メリアリマ、ナスカ・ラインズ、インカ、…
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)
11/19(日)11/20(月)11/21(火)11/22(水)11/23(木)11/24(金)11/25(土)
62.50万円62.50万円62.50万円62.50万円61.50万円61.50万円62.50万円

株式会社ファイブスタークラブ (ファイブスタークラブ☆

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員 ボンド保証会員

ツアーポイント

●北から南から、ペルーの遺跡にこだわる周遊
●陸路にてナスカ地上絵へ、ミラドールにも登ります
●マチュピチュでのフリータイムが嬉しい

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
35.80
37.80
0.70 36.50
38.50

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
36.50
38.50

8日間

成田発

ホテル:
コスタ・デル・ソル・ウィンダム・リマ・エアポート、カサ・アンディーナ、…
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)
11/19(日)11/20(月)11/21(火)11/22(水)11/23(木)11/24(金)11/25(土)
38.50万円38.50万円36.50万円36.50万円36.50万円36.50万円38.50万円

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●インカ帝国最後の皇帝アタワルパの最期の地となった「カハマルカ」と北部プレインカ遺跡の拠点「チクラヨ」と「トルヒーヨ」を組み込んだ北部ペルー3大ハイライトコースです。
カハマルカ−クントゥルワシ−チクラヨ間はアンデスの美しい谷間の風景が堪能できる景勝ルートでもあり、ダイナミックな風景をお楽しみください。

●トルヒーヨでは、チムー王国の首都遺跡で世界遺産の「チャンチャン遺跡」の他、神殿内部に見事な彩色レリーフが残る2つのモチェ期の遺跡「太陽と月のワカ」、「エル・ブルホ遺跡」を観光します。「エル・ブルホ遺跡」内にある博物館では、皮膚に刺青が残る保存状態の良い「女王のミイラ」などもご覧いただきます。

●チクラヨでは、アドベ建造のピラミッド群が残る「トゥクメ遺跡」観光の他、モチェ期やシカン期の貴重な博物館(シカン博物館、シパン王墓博物館、シパン博物館のうち2つ見学)など見学します。

●標高2800mの高原の町カハマルカでは、プレインカ時代の不思議な遺跡を中心に観光します。完璧な人口水路と岩絵で有名な摩訶不思議な地形(石の森)の「クンベ・マヨ」、崖山に掘られた300を超える横穴式の墓地跡「オトゥスコ」の他、インカ帝国最後の皇帝アタワルパの幽閉場所「クアルト・デ・レスカテ(身代金の部屋)」などを訪問します。

●紀元前1,000年(今から3,000年前)に栄え始めたカハマルカ郊外の遺跡「クントゥル・ワシ」は、1989年に石造神殿遺跡とともに大量の金細工が発掘され世界中で話題を呼んだ遺跡。日本の発掘調査団は出土した土器や金細工を展示する博物館の管理を地元の村民たちに指導したことでも知られている。

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
46.80
48.80
0.70 47.50
49.50

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
47.50
49.50

11日間

成田発

ホテル:
マリエル、ミドリ・ホテル、コスタ・デル・ソル・ウィンダム・リマ・エアポ…
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)
11/19(日)11/20(月)11/21(火)11/22(水)11/23(木)11/24(金)11/25(土)
49.50万円49.50万円47.50万円49.50万円49.50万円47.50万円49.50万円

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●インカ帝国最後の皇帝アタワルパの最期の地となった「カハマルカ」と北部プレインカ遺跡の拠点「チクラヨ」と「トルヒーヨ」を組み込んだ北部ペルー3大ハイライトコースです。
カハマルカ−クントゥルワシ−チクラヨ間はアンデスの美しい谷間の風景が堪能できる景勝ルートでもあり、ダイナミックな風景をお楽しみください。

●標高2800mの高原の町カハマルカでは、プレインカ時代の不思議な遺跡を中心に観光します。完璧な人口水路と岩絵で有名な摩訶不思議な地形(石の森)の「クンベ・マヨ」、崖山に掘られた300を超える横穴式の墓地跡「オトゥスコ」の他、インカ帝国最後の皇帝アタワルパの幽閉場所「クアルト・デ・レスカテ(身代金の部屋)」などを訪問します。

●紀元前1,000年(今から3,000年前)に栄え始めたカハマルカ郊外の遺跡「クントゥル・ワシ」は、1989年に石造神殿遺跡とともに大量の金細工が発掘され世界中で話題を呼んだ遺跡。日本の発掘調査団は出土した土器や金細工を展示する博物館の管理を地元の村民たちに指導したことでも知られている。

●チクラヨでは、アドベ建造のピラミッド群が残る「トゥクメ遺跡」観光の他、モチェ期やシカン期の貴重な博物館(シカン博物館、シパン王墓博物館、シパン博物館のうち2つ見学)など見学します。

●トルヒーヨでは、チムー王国の首都遺跡で世界遺産の「チャンチャン遺跡」の他、神殿内部に見事な彩色レリーフが残る2つのモチェ期の遺跡「太陽と月のワカ」、「エル・ブルホ遺跡」を観光します。「エル・ブルホ遺跡」内にある博物館では、皮膚に刺青が残る保存状態の良い「女王のミイラ」などもご覧いただきます。

●クスコでは、世界遺産の「クスコ市街」と謎の巨石建造物「サクサイワマン、ケンコー、タンボマチャイ」など近郊遺跡観光を「日本語ガイド」がご案内します。

●マチュピチュでは、「英語ガイド(混載)」が遺跡内の見どころをコンパクトにご案内します。
【マチュピチュ遺跡観光について】
ワイナピチュ峰またはマチュピチュ峰登山をご希望の場合は、「登山チャレンジプラン」を事前予約で別途お申込みください(ガイドは同行いたしません)。

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
46.80
47.80
0.70 47.50
48.50

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
47.50
48.50

10日間

成田発

ホテル:
マリエル、カサ・アンディーナ、グラン・ボリバル、パストルーリ・ホテル
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)
11/19(日)11/20(月)11/21(火)11/22(水)11/23(木)11/24(金)11/25(土)
48.50万円48.50万円47.50万円47.50万円48.50万円48.50万円48.50万円

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●本コースは、世界の四大文明に匹敵する南米最古の古代都市遺跡「カラル遺跡」と古代アンデス文明発祥の地「チャビンデワンタル遺跡」、不思議な壁画で有名な謎の古代遺跡「セロ・セチン遺跡」、そしてプレインカ遺跡が集積する「トルヒーヨ」と「チクラヨ」を訪問するオリジナルコースです。
※リマからワラスへは専用車を利用します。

●リマの北方およそ200kmに位置する「カラル遺跡(Caral)」は、紀元前3000年(今から5000年前)に栄えた古代都市遺跡といわれ、世界の四大文明(エジプト・メソポタミア・インダス・黄河)と同時代に栄えた貴重な文明都市遺跡となります。巨大な石造建築物とピラミッドが6基残っており、世紀の大発見とまでいわれた遺跡ですが、日本ではまだまだ知られていません。 この遺跡は1905年に発見されましたが、この概要が明らかになったのはここ20年ほどの間です。ユネスコはカラル遺跡の保全状況と当時の宗教文化を高く評価し2009年に世界遺産リストに登録しました。

●<ワラス観光について>
紀元前1000年頃に造られたプレインカ遺跡「チャビン・デ・ワンタル遺跡」を終日観光します。石造建築で新・旧2つの神殿からなる神秘的な遺跡で、旧神殿の地下回廊には「ランソン」と呼ばれる巨大な石塔の主神体があり(高さ約4.5m)、宗教性が強く古代アンデス文明の起源をひも解く重要な遺跡として、1985年世界遺産に登録されています。

●<セロ・セチン観光について>
ワラスからトルヒーヨへ向かう途中で、通常コースでは訪問しない「セロ・セチン遺跡」を訪問します。神殿跡を取り囲む外壁には、戦士や敵の捕虜たちのおぞましく傷ついた姿が描かれた石彫りがはめ込まれており、見るものを圧倒します。
(メキシコの「モンテ・アルバン遺跡」の石碑(踊る人々のレリーフ)に類似している点が考古学会でも注目されている)

●<トルヒーヨ観光について>
トルヒーヨでは、チムー王国の首都遺跡で世界遺産の「チャンチャン遺跡」の他、神殿内部に見事な彩色レリーフが残る2つのモチェ期の遺跡「太陽と月のワカ」、通常コースでは訪問しない「エル・ブルホ遺跡」も訪問します。エル・ブルホ遺跡の敷地内には真新しい博物館も併設されており、皮膚に鮮やかな刺青が残る保存状態の良い「女王のミイラ」も展示されています(必見)。

●<チクラヨ観光について>
チクラヨでは、アドベ建造のピラミッド群が残る「トゥクメ遺跡」観光の他、モチェ期やシカン期の貴重な博物館(シカン博物館、シパン王墓博物館、シパン博物館のうち2つ見学)など見学します。

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
40.80
41.80
0.70 41.50
42.50

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
41.50
42.50

12日間

成田発

ホテル:
マリエル、カサ・アンディーナ、グラン・ボリバル、パストルーリ・ホテル、…
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)
11/19(日)11/20(月)11/21(火)11/22(水)11/23(木)11/24(金)11/25(土)
42.50万円42.50万円42.50万円42.50万円41.50万円41.50万円42.50万円

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●本コースは、古代アンデス文明発祥の地「チャビン・デ・ワンタル遺跡」、貴重なプレインカ遺跡が集積するペルー第3の都市「トルヒーヨ」とプレインカ期の黄金文化を育んだ「チクラヨ」、そしてインカ帝国最後の皇帝アタワルパゆかりの地「カハマルカ」を盛り込んだ北部ペルーの4大ハイライトコースです。

●<ワラス観光について>
紀元前1000年頃に造られたプレインカ遺跡「チャビン・デ・ワンタル遺跡」を終日観光します。石造建築で新・旧2つの神殿からなる神秘的な遺跡で、旧神殿の地下回廊には「ランソン」と呼ばれる巨大な石塔の主神体があり(高さ約4.5m)、宗教性が強く古代アンデス文明の起源をひも解く重要な遺跡として、1985年世界遺産に登録されています。

●<トルヒーヨ観光について>
トルヒーヨでは、チムー王国の首都遺跡で世界遺産の「チャンチャン遺跡」の他、神殿内部に見事な彩色レリーフが残る2つのモチェ期の遺跡「太陽と月のワカ」、通常コースでは訪問しない「エル・ブルホ遺跡」も訪問します。エル・ブルホ遺跡の敷地内には真新しい博物館も併設されており、皮膚に鮮やかな刺青が残る保存状態の良い「女王のミイラ」も展示されています(必見)。

●<チクラヨ観光について>
チクラヨでは、アドベ建造のピラミッド群が残る「トゥクメ遺跡」観光の他、モチェ期やシカン期の貴重な博物館(シカン博物館、シパン王墓博物館、シパン博物館の3つ)を見学します。

●<カハマルカ観光について>
紀元前1000年(今から3000年前)に栄え始めたカハマルカ郊外の遺跡「クントゥル・ワシ」は、1989年に石造神殿遺跡とともに大量の金細工が発掘され世界中で話題を呼んだ遺跡。日本の発掘調査団は出土した土器や金細工を展示する博物館の管理を地元の村民たちに指導したことでも知られている。
標高2800mの高原の町カハマルカでは、プレインカ時代の不思議な遺跡を中心に観光します。完璧な人口水路と岩絵で有名な摩訶不思議な地形(石の森)の「クンベ・マヨ」、崖山に掘られた300を超える横穴式の墓地跡「オトゥスコ」の他、インカ帝国最後の皇帝アタワルパの幽閉場所「クアルト・デ・レスカテ(身代金の部屋)」などを訪問します。

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
58.80
59.80
0.70 59.50
60.50

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
59.50
60.50

11日間

成田発

ホテル:
マリエル、カサ・アンディーナ、グラン・ボリバル、パストルーリ・ホテル、…
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)
11/19(日)11/20(月)11/21(火)11/22(水)11/23(木)11/24(金)11/25(土)
60.50万円60.50万円59.50万円60.50万円60.50万円59.50万円-

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●本コースは、古代アンデス文明発祥の地「チャビンデワンタル遺跡」、不思議な壁画で有名な謎の古代遺跡「セロ・セチン遺跡」、プレインカ遺跡が集積する「トルヒーヨ」と「チクラヨ」、そしてインカ最後の皇帝アタワルパの最期の地「カハマルカ」と世界的に有名な神殿都市跡の「クントゥル・ワシ遺跡」も訪問するオリジナルコースです。
★本コースは、日本語ガイド同行コースです。

●<ワラス観光について>
紀元前1000年頃に造られたプレインカ遺跡「チャビン・デ・ワンタル遺跡」を終日観光します。石造建築で新・旧2つの神殿からなる神秘的な遺跡で、旧神殿の地下回廊には「ランソン」と呼ばれる巨大な石塔の主神体があり(高さ約4.5m)、宗教性が強く古代アンデス文明の起源をひも解く重要な遺跡として、1985年世界遺産に登録されています。

●<セロ・セチン観光について>
ワラスからトルヒーヨへ向かう途中で、通常コースでは訪問しない「セロ・セチン遺跡」を訪問します。神殿跡を取り囲む外壁には、戦士や敵の捕虜たちのおぞましく傷ついた姿が描かれた石彫りがはめ込まれており、見るものを圧倒します。
(メキシコの「モンテ・アルバン遺跡」の石碑(踊る人々のレリーフ)に類似している点が考古学会でも注目されている)

●<トルヒーヨ観光について>
トルヒーヨでは、チムー王国の首都遺跡で世界遺産の「チャンチャン遺跡」の他、神殿内部に見事な彩色レリーフが残る2つのモチェ期の遺跡「太陽と月のワカ」、通常コースでは訪問しない「エル・ブルホ遺跡」も訪問します。エル・ブルホ遺跡の敷地内には真新しい博物館も併設されており、皮膚に鮮やかな刺青が残る保存状態の良い「女王のミイラ」も展示されています(必見)。

●<チクラヨ観光について>
チクラヨでは、アドベ建造のピラミッド群が残る「トゥクメ遺跡」観光の他、モチェ期やシカン期の貴重な博物館(シカン博物館、シパン王墓博物館、シパン博物館のうち2つ見学)など見学します。

●<カハマルカ観光について>
紀元前1000年(今から3000年前)に栄え始めたカハマルカ郊外の遺跡「クントゥル・ワシ」は、1989年に石造神殿遺跡とともに大量の金細工が発掘され世界中で話題を呼んだ遺跡。日本の発掘調査団は出土した土器や金細工を展示する博物館の管理を地元の村民たちに指導したことでも知られている。
標高2800mの高原の町カハマルカでは、プレインカ時代の不思議な遺跡を中心に観光します。完璧な人口水路と岩絵で有名な摩訶不思議な地形(石の森)の「クンベ・マヨ」、崖山に掘られた300を超える横穴式の墓地跡「オトゥスコ」の他、インカ帝国最後の皇帝アタワルパの幽閉場所「クアルト・デ・レスカテ(身代金の部屋)」などを訪問します。

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
64.80
65.80
0.70 65.50
66.50

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
65.50
66.50

11日間

成田発

ホテル:
マリエル、カサ・アンディーナ、グラン・ボリバル、パストルーリ・ホテル、…
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)
11/19(日)11/20(月)11/21(火)11/22(水)11/23(木)11/24(金)11/25(土)
66.50万円66.50万円65.50万円66.50万円66.50万円65.50万円-

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●本コースは、世界の四大文明に匹敵する南米最古の古代都市遺跡「カラル遺跡」と古代アンデス文明発祥の地「チャビンデワンタル遺跡」、不思議な壁画で有名な謎の古代遺跡「セロ・セチン遺跡」、プレインカ遺跡が集積する「トルヒーヨ」と「チクラヨ」、そしてインカ最後の皇帝アタワルパの最期の地「カハマルカ」と世界的に有名な神殿都市跡の「クントゥル・ワシ遺跡」も訪問するオリジナルコースです。(リマ〜ワラス間は専用車利用)
★本コースは、日本語ガイド同行コースです。

●リマの北方およそ200kmに位置する「カラル遺跡(Caral)」は、紀元前3000年(今から5000年前)に栄えた古代都市遺跡といわれ、世界の四大文明(エジプト・メソポタミア・インダス・黄河)と同時代に栄えた貴重な文明都市遺跡となります。巨大な石造建築物とピラミッドが6基残っており、世紀の大発見とまでいわれた遺跡ですが、日本ではまだまだ知られていません。 この遺跡は1905年に発見されましたが、この概要が明らかになったのはここ20年ほどの間です。ユネスコはカラル遺跡の保全状況と当時の宗教文化を高く評価し2009年に世界遺産リストに登録しました。

●<ワラス観光について>
紀元前1000年頃に造られたプレインカ遺跡「チャビン・デ・ワンタル遺跡」を終日観光します。石造建築で新・旧2つの神殿からなる神秘的な遺跡で、旧神殿の地下回廊には「ランソン」と呼ばれる巨大な石塔の主神体があり(高さ約4.5m)、宗教性が強く古代アンデス文明の起源をひも解く重要な遺跡として、1985年世界遺産に登録されています。

●<セロ・セチン観光について>
ワラスからトルヒーヨへ向かう途中で、通常コースでは訪問しない「セロ・セチン遺跡」を訪問します。神殿跡を取り囲む外壁には、戦士や敵の捕虜たちのおぞましく傷ついた姿が描かれた石彫りがはめ込まれており、見るものを圧倒します。
(メキシコの「モンテ・アルバン遺跡」の石碑(踊る人々のレリーフ)に類似している点が考古学会でも注目されている)

●<トルヒーヨ観光について>
トルヒーヨでは、チムー王国の首都遺跡で世界遺産の「チャンチャン遺跡」の他、神殿内部に見事な彩色レリーフが残る2つのモチェ期の遺跡「太陽と月のワカ」、通常コースでは訪問しない「エル・ブルホ遺跡」も訪問します。エル・ブルホ遺跡の敷地内には真新しい博物館も併設されており、皮膚に鮮やかな刺青が残る保存状態の良い「女王のミイラ」も展示されています(必見)。

●<チクラヨ観光について>
チクラヨでは、アドベ建造のピラミッド群が残る「トゥクメ遺跡」観光の他、モチェ期やシカン期の貴重な博物館(シカン博物館、シパン王墓博物館、シパン博物館のうち2つ見学)など見学します。

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
53.80
55.80
0.70 54.50
56.50

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
54.50
56.50

9日間

成田発

ホテル:
マリエル、インカ、グラン・ボリバル、パストルーリ・ホテル
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)
11/19(日)11/20(月)11/21(火)11/22(水)11/23(木)11/24(金)11/25(土)
56.50万円56.50万円54.50万円54.50万円54.50万円56.50万円-

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●本コースは、ワスカラン峰のふもとの町「ワラス」に3泊して、南米屈指の絶景を誇る「ワスカラン国立公園」で山岳と湖水の美しい風景をお楽しみいただくと同時に、古代アンデス文明発祥の地「チャビンデワンタル遺跡」、不思議な壁画で有名な謎の古代遺跡「セロ・セチン遺跡」、そしてプレインカ遺跡が集積する「トルヒーヨ」と「チクラヨ」を訪問するオリジナルコースです。
★本コースは、日本語ガイド同行コースです。

●<ワラス観光について>
紀元前1000年頃に造られたプレインカ遺跡「チャビン・デ・ワンタル遺跡」を終日観光します。石造建築で新・旧2つの神殿からなる神秘的な遺跡で、旧神殿の地下回廊には「ランソン」と呼ばれる巨大な石塔の主神体があり(高さ約4.5m)、宗教性が強く古代アンデス文明の起源をひも解く重要な遺跡として、1985年世界遺産に登録されています。

●<セロ・セチン観光について>
ワラスからトルヒーヨへ向かう途中で、通常コースでは訪問しない「セロ・セチン遺跡」を訪問します。神殿跡を取り囲む外壁には、戦士や敵の捕虜たちのおぞましく傷ついた姿が描かれた石彫りがはめ込まれており、見るものを圧倒します。
(メキシコの「モンテ・アルバン遺跡」の石碑(踊る人々のレリーフ)に類似している点が考古学会でも注目されている)

●<トルヒーヨ観光について>
トルヒーヨでは、チムー王国の首都遺跡で世界遺産の「チャンチャン遺跡」の他、神殿内部に見事な彩色レリーフが残る2つのモチェ期の遺跡「太陽と月のワカ」、通常コースでは訪問しない「エル・ブルホ遺跡」も訪問します。エル・ブルホ遺跡の敷地内には真新しい博物館も併設されており、皮膚に鮮やかな刺青が残る保存状態の良い「女王のミイラ」も展示されています(必見)。

●<チクラヨ観光について>
チクラヨでは、アドベ建造のピラミッド群が残る「トゥクメ遺跡」観光の他、モチェ期やシカン期の貴重な博物館(シカン博物館、シパン王墓博物館、シパン博物館のうち2つ見学)など見学します。

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
39.80
41.80
0.70 40.50
42.50

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
40.50
42.50

9日間

成田発

ホテル:
マリエル、ミドリ・ホテル、コスタ・デル・ソル・ウィンダム・リマ・エアポ…
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)
11/19(日)11/20(月)11/21(火)11/22(水)11/23(木)11/24(金)11/25(土)
42.50万円42.50万円40.50万円40.50万円40.50万円42.50万円42.50万円

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●北部ペルーの2大観光地「チクラヨとトルヒーヨ」と南部ペルーの2大観光地「マチュピチュとクスコ)を組み合わせたコンパクトに南北ペルーの見所を周遊する4大ハイライトコースです。

●チクラヨでは、アドベ建造のピラミッド群が残る「トゥクメ遺跡」観光の他、モチェ期やシカン期の貴重な博物館(シカン博物館、シパン王墓博物館、シパン博物館のうち2つ見学)など見学します。

●トルヒーヨでは、チムー王国の首都遺跡で世界遺産の「チャンチャン遺跡」の他、神殿内部に見事な彩色レリーフが残る2つのモチェ期の遺跡「太陽と月のワカ」を観光します。
昼食はペルーの名物料理「セビッチェ」をワンチャゴ海岸でお楽しみいただきます。
※注意:本コースは「エル・ブルホ遺跡」は訪問しません。

●クスコでは、世界遺産の「クスコ市街」と謎の巨石建造物「サクサイワマン、ケンコー、タンボマチャイ」など近郊遺跡観光を「日本語ガイド」がご案内します。

●マチュピチュでは、「英語ガイド(混載)」が遺跡内の見どころをコンパクトにご案内します。
【マチュピチュ遺跡観光について】
ワイナピチュ峰またはマチュピチュ峰登山をご希望の場合は、「登山チャレンジプラン」を事前予約で別途お申込みください(ガイドは同行いたしません)。

●「クントゥルワシ遺跡」を訪問希望の場合は、カハマルカで1延泊する必要があります。
【カハマルカ1延泊プラン(クントゥルワシ遺跡観光付き)】
1名参加の場合:¥55,000/2名参加の場合:¥35,000(お一人様あたりの金額)
専用車利用でクントゥルワシ遺跡を終日観光します(ボックスランチ付き)。 延泊によって週末または特別ONDAYにかかる場合は、別途追加代金がかかりますのでご注意ください(下記参照)。

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
58.80
60.80
0.70 59.50
61.50

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
59.50
61.50

9日間

成田発

ホテル:
マリエル、インカ、グラン・ボリバル、パストルーリ・ホテル
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)
11/19(日)11/20(月)11/21(火)11/22(水)11/23(木)11/24(金)11/25(土)
61.50万円61.50万円59.50万円59.50万円59.50万円61.50万円-

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●本コースは、世界の四大文明に匹敵する南米最古の古代都市遺跡「カラル遺跡」と古代アンデス文明発祥の地「チャビンデワンタル遺跡」、不思議な壁画で有名な謎の古代遺跡「セロ・セチン遺跡」、そしてプレインカ遺跡が集積する「トルヒーヨ」と「チクラヨ」を訪問するオリジナルコースです。
※リマからワラスへは専用車を利用します。
★本コースは、日本語ガイド同行コースです。

●リマの北方およそ200kmに位置する「カラル遺跡(Caral)」は、紀元前3000年(今から5000年前)に栄えた古代都市遺跡といわれ、世界の四大文明(エジプト・メソポタミア・インダス・黄河)と同時代に栄えた貴重な文明都市遺跡となります。巨大な石造建築物とピラミッドが6基残っており、世紀の大発見とまでいわれた遺跡ですが、日本ではまだまだ知られていません。 この遺跡は1905年に発見されましたが、この概要が明らかになったのはここ20年ほどの間です。ユネスコはカラル遺跡の保全状況と当時の宗教文化を高く評価し2009年に世界遺産リストに登録しました。

●<ワラス観光について>
紀元前1000年頃に造られたプレインカ遺跡「チャビン・デ・ワンタル遺跡」を終日観光します。石造建築で新・旧2つの神殿からなる神秘的な遺跡で、旧神殿の地下回廊には「ランソン」と呼ばれる巨大な石塔の主神体があり(高さ約4.5m)、宗教性が強く古代アンデス文明の起源をひも解く重要な遺跡として、1985年世界遺産に登録されています。

●<セロ・セチン観光について>
ワラスからトルヒーヨへ向かう途中で、通常コースでは訪問しない「セロ・セチン遺跡」を訪問します。神殿跡を取り囲む外壁には、戦士や敵の捕虜たちのおぞましく傷ついた姿が描かれた石彫りがはめ込まれており、見るものを圧倒します。
(メキシコの「モンテ・アルバン遺跡」の石碑(踊る人々のレリーフ)に類似している点が考古学会でも注目されている)

●<トルヒーヨ観光について>
トルヒーヨでは、チムー王国の首都遺跡で世界遺産の「チャンチャン遺跡」の他、神殿内部に見事な彩色レリーフが残る2つのモチェ期の遺跡「太陽と月のワカ」、通常コースでは訪問しない「エル・ブルホ遺跡」も訪問します。エル・ブルホ遺跡の敷地内には真新しい博物館も併設されており、皮膚に鮮やかな刺青が残る保存状態の良い「女王のミイラ」も展示されています(必見)。

●<チクラヨ観光について>
チクラヨでは、アドベ建造のピラミッド群が残る「トゥクメ遺跡」観光の他、モチェ期やシカン期の貴重な博物館(シカン博物館、シパン王墓博物館、シパン博物館のうち2つ見学)など見学します。

合算内訳

大人
ひとり代金
旅行代金燃油(目安)合算
55.80
57.80
0.70 56.50
58.50

※空港税などの諸税は含まれていません。

合算燃
目安
56.50
58.50

11日間

成田発

ホテル:
マリエル、ミドリ・ホテル、コスタ・デル・ソル・ウィンダム・リマ・エアポ…
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)
11/19(日)11/20(月)11/21(火)11/22(水)11/23(木)11/24(金)11/25(土)
58.50万円58.50万円56.50万円58.50万円58.50万円56.50万円58.50万円

株式会社トランスオービット (ザ・ワールド

JATA 一般社団法人 日本旅行業協会 正会員

ツアーポイント

●インカ帝国最後の皇帝アタワルパの最期の地となった「カハマルカ」と北部プレインカ遺跡の拠点「チクラヨ」と「トルヒーヨ」を組み込んだ北部ペルー3大ハイライトコースです。
カハマルカ−クントゥルワシ−チクラヨ間はアンデスの美しい谷間の風景が堪能できる景勝ルートでもあり、ダイナミックな風景をお楽しみください。
★本コースは、北部ペルー滞在中は日本語ガイドが同行します。

●標高2800mの高原の町カハマルカでは、プレインカ時代の不思議な遺跡を中心に観光します。完璧な人口水路と岩絵で有名な摩訶不思議な地形(石の森)の「クンベ・マヨ」、崖山に掘られた300を超える横穴式の墓地跡「オトゥスコ」の他、インカ帝国最後の皇帝アタワルパの幽閉場所「クアルト・デ・レスカテ(身代金の部屋)」などを訪問します。

●紀元前1,000年(今から3,000年前)に栄え始めたカハマルカ郊外の遺跡「クントゥル・ワシ」は、1989年に石造神殿遺跡とともに大量の金細工が発掘され世界中で話題を呼んだ遺跡。日本の発掘調査団は出土した土器や金細工を展示する博物館の管理を地元の村民たちに指導したことでも知られている。

●チクラヨでは、アドベ建造のピラミッド群が残る「トゥクメ遺跡」観光の他、モチェ期やシカン期の貴重な博物館(シカン博物館、シパン王墓博物館、シパン博物館のうち2つ見学)など見学します。

●トルヒーヨでは、チムー王国の首都遺跡で世界遺産の「チャンチャン遺跡」の他、神殿内部に見事な彩色レリーフが残る2つのモチェ期の遺跡「太陽と月のワカ」、「エル・ブルホ遺跡」を観光します。「エル・ブルホ遺跡」内にある博物館では、皮膚に刺青が残る保存状態の良い「女王のミイラ」などもご覧いただきます。

●クスコでは、世界遺産の「クスコ市街」と謎の巨石建造物「サクサイワマン、ケンコー、タンボマチャイ」など近郊遺跡観光を「日本語ガイド」がご案内します。

●マチュピチュでは、「英語ガイド(混載)」が遺跡内の見どころをコンパクトにご案内します。
【マチュピチュ遺跡観光について】
ワイナピチュ峰またはマチュピチュ峰登山をご希望の場合は、「登山チャレンジプラン」を事前予約で別途お申込みください(ガイドは同行いたしません)。

11件ヒットしました (2旅行会社 36.50〜66.50万円)
  • 1|

チクラヨ ツアー関連情報

チクラヨ ツアー(東京発)一覧|エイビーロード

チクラヨ(ペルー)発のツアープランをご紹介。エイビーロードなら、発着空港や料金・航空会社・日程等の条件から、あなたにピッタリのチクラヨ(ペルー)発のツアーを探せます。日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のチクラヨ(ペルー)発のツアープランをお探し下さい。