お金がなくても行っておきたい南米

南米への旅行は時間があるときでなければ、なかなか行くことが難しいですよね。南米旅行といえば「マチュピチュ」が真っ先に思いつくのではないでしょうか。学生旅行でマチュピチュへ行くことを考えると、旅費が高くつくのが問題です。しかしペルーの物価は安いので、正直言うと航空券だけが最も高く、その次が現地ツアーや入場料などですが、それはたかが知れています。もう10年以上前ですが、私は初めての海外旅行でマチュピチュへ行きました。その際、節約旅行で役立ったのがISICです。

学生におすすめの旅行先〜マチュピチュへ行くならISICを作ろう〜 学生におすすめの旅行先〜マチュピチュへ行くならISICを作ろう〜

学生の味方ISICはペルーではかなり有効

ISICとは「International Student Identity Card」の略で、すなわち世界共通の学生身分証明書なのです。先進国などでは美術館や劇場、博物館などで学生割引が受けられるのですが、南米諸国の国ではそこそこしか使えません。しかしペルーは、世界の人が訪れてみたいと謳われる世界遺産「マチュピチュ」を始め、様々な世界遺産がある観光国家ということもあり、ISICが使える場所がたくさんあります。中でもマチュピチュの入場料の割引額はとても大きいのです。

約2200円もお得になるマチュピチュ観光

ISICによる学生割引で一般料金US$38がUS$19と半額になるだけでなく、麓の町「アグアスカリエンテス」から山頂のマチュピチュへのバスも学生割引が有効になるのです。そうすると、マチュピチュ観光だけでも約2200円もお得です。これはペルーの物価であれば、そこそこ高いレストランで食べることのできる価格です。

オンラインでもISICが使える

マチュピチュの入場だけであれば、焦る必要はありませんが、「月の神殿」がある「ワイナ・ピチュ」または「マチュピチュ山」へは入場制限が設けられており、オンラインで事前予約する必要があります。1か月前には予約でいっぱいになる、人気のこの観光ポイントですが、ISICの写真を添付すれば、学生割引の価格で申し込みが可能です。長い春休み、マチュピチュへ訪れてみましょう。