page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ペルーの世界遺産・名所ガイド

City of Cuzco

クスコの市街

名称:クスコの市街(ペルー
英語名称:City of Cuzco
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1983年

インカ文明とキリスト教文化が交錯する都市

アメリカ大陸の先住民ケチュア人が築いたインカ帝国は、15世紀9代皇帝パチュクティの時代に最盛期を迎えていた。その首都クスコもしかり。標高3300mの高地に位置するクスコは、11〜12世紀頃に造られた街で、この15世紀の絶頂期に市街整備が進められた。黄金に彩られた宮殿や神殿が並ぶ、総人口1200万、南北5000kmにおよぶ大都市となり、栄華を極めたのである。その後、スペイン人フランシスコ・ピサロに占領されたクスコには、破壊された宮殿などの土台にキリスト教建築やスペイン風の建物が建てられることになる。インカ文明とキリスト教文化が交錯する街は、こうして作られたのだ。クスコの市街は1983年、世界遺産に登録された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ペルーの世界遺産最新情報

2020/03/10 世界遺産

インカ巨石建築の傑作 サクサイワマン考古学公園 その2

ペルー旅行イメージ-スチューナの丘の頂上から眺めるサクサイワマン遺跡は絶景。写真の中央右側には「インカの玉座」も見える スチューナの丘の頂上から眺めるサクサイワマン遺跡は絶景。写真の中央右側には「インカの玉座」も見える

およそ3000ヘクタールという広大なサクサイワマン考古学公園の中核をなす「SACSAYHUAMAN(サクサイワマン)」遺跡。この遺跡の北側に鎮座するのが、「CERRO SUCHUNA(スチューナの丘)」もしくは「RODADERO(ロダデロ/滑り台)」と呼ばれる小高い丘だ。サクサイワマン遺跡があまりに勇壮で見応えがあるためか、この丘にまで目を向ける人は残念ながらあまり多くない。しかしインカの石組みや加工された岩が多数残っており、サクサイワマン同様この丘も何らかの神聖な場所であったと考えられている。一枚岩の一角を丁寧に削り、階段状に仕上げた「TRONO DEL INCA(インカの玉座)」など見どこ…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ペルーの世界遺産「クスコの市街」についてご紹介します。クスコの市街の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。