リマグルメ・料理ガイド

リマグルメガイド

リマのグルメ・伝統料理

ペルーの首都リマでの楽しみはまさに食事だ。リマには世界中のグルメを満足させるありとあらゆるタイプのレストランが集まっており、魚介のマリネ「セビーチェ」や「ティラディート」、牛肉の炒め物「ロモ・サルタード」、鶏の炭火焼「ポジョ・ア・ラ・ブラッサ」、ペルー風マッシュポテト「カウサ」など枚挙にいとまがない。クリオージャ料理と呼ばれるペルー海岸部の伝統的な料理からペルー各地の郷土料理、和食、中華、イタリアンなども揃っている。またペルーの豊富なフルーツを使ったケーキやアイスクリームもオススメだ。(2015年編集部調べ)


リマのレストラン・屋台

歩けばレストランとカフェに当たるほど、食事関係が充実しているリマ。価格もスタイルも千差万別で、庶民的な定食屋なら10ソレス前後で質・量ともに満足のいくランチが食べられるが、新市街の高級レストランではメインディッシュが一皿40〜60ソレス、前菜や飲み物も合わせるとランチでも100ソレス近くかかる。一方、旧市街には昔ながらの雰囲気を残したレストランや食堂が多い。その日の気分と予算に合わせて自在に選ぶことができるのも、リマの魅力の一つだ。

リマの水・お酒

ペルーで最も上下水道設備が発達しているリマだが、それでも水道の水は飲料水に適していない。ミネラルウォーターは街のボデガ(雑貨店)やスーパーマーケットで簡単に購入できるので、それを飲むようにしよう。お酒の購入は、スーパーマーケットが便利だ。ワインやピスコの種類も多く、定期的にセールもしている。ちなみにビールの大瓶はリターナブル瓶になっている。スーパーマーケットでは空瓶がないと次の大瓶が買えない。その場合は小瓶ビールか缶ビールを買うようにしよう。


現地ガイド発!リマのグルメ・料理最新情報

2016/12/28 グルメ

ガストン・アクリオの中華料理店「マダム・トゥサン」

リマ旅行イメージ-天井を這う真っ赤なドラゴンが目印の「MADAM TUSAN(マダム・トゥサン)」 天井を這う真っ赤なドラゴンが目印の「MADAM TUSAN(マダム・トゥサン)」

ペルーを代表するシェフ、ガストン・アクリオ。1994年にオープンしたレストラン「ASTRID Y GASTON(アストリッド・イ・ガストン)」を皮切りに、さまざまな料理ジャンルに進出。現在国内外に11のコンセプトで約50店舗を経営する料理界のスーパースターだ。そのガストンが初めて手掛けた中華料理店が、「MADAM TUSAN(マダム・トゥサン)」。2011年にリマ市ミラフローレス区で第一号店をオープン、以降ペルーとコロンビア、チリの3か国に6店舗を展開。庶民的な印象が強いこれまでの「CHIFA(チーファ/ペルーで生まれたローカルテイストの中華料理)」とは明らかに一線を画す、ガストン流中華フュー…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


リマグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるリマの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
リマのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!