リマグルメ・料理ガイド

リマグルメガイド

リマのグルメ・伝統料理

ペルーの首都リマでの楽しみはまさに食事だ。リマには世界中のグルメを満足させるありとあらゆるタイプのレストランが集まっており、魚介のマリネ「セビーチェ」や「ティラディート」、牛肉の炒め物「ロモ・サルタード」、鶏の炭火焼「ポジョ・ア・ラ・ブラッサ」、ペルー風マッシュポテト「カウサ」など枚挙にいとまがない。クリオージャ料理と呼ばれるペルー海岸部の伝統的な料理からペルー各地の郷土料理、和食、中華、イタリアンなども揃っている。またペルーの豊富なフルーツを使ったケーキやアイスクリームもオススメだ。(2015年編集部調べ)


リマのレストラン・屋台

歩けばレストランとカフェに当たるほど、食事関係が充実しているリマ。価格もスタイルも千差万別で、庶民的な定食屋なら10ソレス前後で質・量ともに満足のいくランチが食べられるが、新市街の高級レストランではメインディッシュが一皿40〜60ソレス、前菜や飲み物も合わせるとランチでも100ソレス近くかかる。一方、旧市街には昔ながらの雰囲気を残したレストランや食堂が多い。その日の気分と予算に合わせて自在に選ぶことができるのも、リマの魅力の一つだ。

リマの水・お酒

ペルーで最も上下水道設備が発達しているリマだが、それでも水道の水は飲料水に適していない。ミネラルウォーターは街のボデガ(雑貨店)やスーパーマーケットで簡単に購入できるので、それを飲むようにしよう。お酒の購入は、スーパーマーケットが便利だ。ワインやピスコの種類も多く、定期的にセールもしている。ちなみにビールの大瓶はリターナブル瓶になっている。スーパーマーケットでは空瓶がないと次の大瓶が買えない。その場合は小瓶ビールか缶ビールを買うようにしよう。


現地ガイド発!リマのグルメ・料理最新情報

2017/06/23 グルメ

リマの名店、カフェ・レストラン「ハイティ」

リマ旅行イメージ-ヤシの木が目印の可愛いロゴ。落ち着いた雰囲気のオープンテラスが自慢の「ハイティ(ハイチ)」 ヤシの木が目印の可愛いロゴ。落ち着いた雰囲気のオープンテラスが自慢の「ハイティ(ハイチ)」

リマ観光の中心地ミラフローレス区。そのメインストリートの1つ、ディアゴナル通りに佇むのが、カフェ・レストラン「HAITI(ハイティ)」だ。1952年、リマ旧市街の大統領宮殿のすぐそばにオープンしたハイティは、それまでこの国にはなかったヨーロピアンスタイルのオープンテラスに加え、ペルーで初めて本格的なイタリアン・エスプレッソを提供する店として話題になり、多くの著名人に愛された。現在の場所には1962年2月23日に移転したが、自慢のオープンテラスは受け継がれ、以来55年の長きにわたって多くの人々を受け入れている。変化の激しいミラフローレス区にあって、変わらぬ空間を守り続ける老舗のカフェだ。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


リマグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるリマの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
リマのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!