平和への祈りを Alto de la Alianza(同盟の丘)

ペルー・リマ・観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

平和への祈りを Alto de la Alianza(同盟の丘)

掲載日:2012/02/20 テーマ:観光地・名所 行き先: ペルー / リマ ライター:原田慶子

タグ: ためになる 博物館 歴史



ABガイド:原田慶子

【ペルーのABガイド】 原田慶子
全ガイドを見る
ペルー・リマ在住フリーランスライター。ペルーの観光情報を中心に文化や歴史、グルメ、エコ、ペルーの習慣や日常などを様々な視点から紹介。『地球の歩き方』『今こんな旅がしてみたい』『トリコガイド』『世界のじゃがいも料理』などペルー編の取材協力多数。「Keikoharada.com」にてペルー情報発信中。

砂漠に忽然と現れる巨大モニュメント 砂漠に忽然と現れる巨大モニュメント

南米で起こったもう一つの太平洋戦争

資源豊かなアタカマ砂漠周辺の領土を巡って、ペルー・ボリビア同盟とチリとの間で行われた南米における太平洋戦争(硝石戦争/1879〜1884年)。ペルー南端に位置する国境の街タクナでは、1880年5月26日に同盟軍とチリ軍が交戦、「Batalla del Alto de la Alianza(バタージャ・デル・アルト・デ・ラ・アリアンサ/同盟の丘の戦い)」が繰り広げられた。タクナ郊外の茫洋たる砂漠には、鎮魂のための巨大モニュメントと博物館が建てられている。砂上を渡る乾いた風の中に、ここで果てた無名兵士たちの無念の想いが聞こえるようだ。

 

兵士の遺骨と遺品。あまりにも弱々しく儚い品々に言葉を失う 兵士の遺骨と遺品。あまりにも弱々しく儚い品々に言葉を失う

圧倒的な軍事力の差になす術もなかった同盟軍

モニュメントに併設された地域博物館では、当時の様子を詳しく知ることができる。博物館内の資料によると、チリ軍18050人に対しペルー・ボリビア同盟軍は約半数の9719人。しかも政治的安定を背景に軍備増強に余念のなかったチリと対照的に、政治不安や財政難、国内の民族問題を抱えていたペルー・ボリビア両国の装備は見劣りするものばかりだった。また正規軍として訓練を重ねてきたチリ軍兵士と違い、ペルー・ボリビア同盟軍は不足する兵力を一般市民や先住民で補っていたという。まともな武器の配給もなく、包丁やナイフを括り付けた棒で戦ったというから、悲惨な負け戦だったであろうことは想像に難くない。

 

まともな軍服も支給されなかったペルー軍兵士。こんなサンダルで、どうやって激戦地を駆けたのだろう まともな軍服も支給されなかったペルー軍兵士。こんなサンダルで、どうやって激戦地を駆けたのだろう

敗戦による領土喪失

同盟の丘の戦いによってボリビア軍は敗走、ペルーはタクナのみならず、アリカまでもチリ軍に占領された。その後チリ軍は首都リマに侵攻し、徹底的な破壊と略奪を行う。ペルー国立図書館にも火が放たれ、多くの貴重な文化遺産が焼失した。ペルー国内の政治的混乱からチリとの和平交渉は難航、ようやく講和条約(アンコン条約)締結にこぎつけたのが1883年10月20日だった。ペルーは同条約に基づき南部のタラパカ州をチリに譲渡、10年後に帰属を決める住民投票を実施するという条件付きでタクナとアリカがチリ領になった。続いてボリビアは1884年4月4日にチリとバルパライソ条約を締結し、終戦を迎えた。太平洋岸領土をチリに奪われたボリビアは、以来海のない内陸国となってしまった。

 

博物館に展示されていた当時の様子を伝える新聞記事。遺骨が山積みにされている 博物館に展示されていた当時の様子を伝える新聞記事。遺骨が山積みにされている

近代史を知ることで、今のペルーを改めて知るきっかけに

しかし不用意な住民投票は争いの火種になるとして実施されず、1929年のアメリカ合衆国の介入によってタクナはペルーに、アリカはチリに帰属することが決まった。ペルー人の中には今もチリをよく思わない人が少なくないが、こうした歴史的背景を鑑みると仕方のないことかもしれない。とはいえ、現在タクナとアリカの人々は気軽に国境を越え、互いの生活圏を共有している。2007年には、チリ軍が略奪したペルーの貴重な文書3788点が国立図書館に返還された。ペルーにはチリ資本の企業も多く進出し、またチリではペルー料理がブームとなっている。ほんの少し歴史を知ることで、国境の街タクナからはいつもと違うペルーが見えてくるだろう。

 

360度広がる戦地。この平和な時代が長く続くようにと願わずにはいられない 360度広がる戦地。この平和な時代が長く続くようにと願わずにはいられない

【関連情報】

■Museo de Sitio y Monumento Alto de la Alianza(同盟の丘の地域博物館と記念碑)
場所:タクナ市内から北へ約8km
開館:月〜日/8:00〜17:00
※砂漠の真ん中に位置するため、往復の交通手段の確保が必要。地元旅行会社のツアーあり。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/02/20)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値リマツアー


最安料金万円

合算 14.80万円21.80万円
旅行代金: 14.8021.80万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
成田発

リマ ツアー

【アメリカン航空で行く】【自分の地図で旅する】 リマ完全フリー5日間『カード払いOK』】【60日前早期予約特典有】

ホテル:エル・タンボ・1(リマ)
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■ 60日前迄のご予約で「1,000円」割引■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●リマ到着日にミネラルウォーター1本プレゼント…

旅行会社/ブランド:かもめツアー

合算 15.30万円21.80万円
旅行代金: 15.3021.80万円
燃油:旅行代金に含まれています
6日間
成田発

リマ ツアー

【アメリカン航空で行く】【自分の地図で旅する】 リマ完全フリー6日間『カード払いOK』】【60日前早期予約特典有】

ホテル:エル・タンボ・1(リマ)
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■ 60日前迄のご予約で「1,000円」割引■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●リマ到着日にミネラルウォーター1本プレゼント…

旅行会社/ブランド:かもめツアー

合算 16.70万円23.70万円
旅行代金: 16.7023.70万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
成田発

日程表を見る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■ 60日前迄のご予約で「1,000円」割引■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●リマ到着日にミネラルウォーター1本プレゼント…

旅行会社/ブランド:かもめツアー

合算 16.90万円21.60万円
旅行代金: 16.9021.60万円
燃油:旅行代金に含まれています
6日間
成田発

リマ ツアー

≪成田発着≫■神秘の国ペルーの旅 リマ・フリー6日間■1名様より催行■

ホテル:サンブラス又は同等クラス(リマ)
航空会社:デルタ航空 指定

日程表を見る

★リマ到着時は、安心の日本語ガイドがホテルまで送迎致します。★現地緊急連絡先には、日本語のスタッフが対応するので安心。★デルタ航空指定=事前に座席指定ができます。★デルタ航空指定=リマで機内預け荷…

旅行会社/ブランド:アムネット/自遊旅行センター

合算 目安 17.40万円28.20万円
旅行代金: 17.4028.20万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
成田発

日程表を見る

◆最短で、ナスカの地上絵を見学できます。 英語ガイドの混載車ツアーになります。◆空港からホテルまでは、専用車で、英語ドライバーが、ご案内します。◆ホテルから空港までは、専用車で、英語ドライバーが、…

旅行会社/ブランド:サンワールドツアーズ 中南米

合算 17.40万円22.10万円
旅行代金: 17.4022.10万円
燃油:旅行代金に含まれています
7日間
成田発

リマ ツアー

≪成田発着≫◆神秘の国ペルーの旅 リマ・フリー7日間◆1名様より催行■

ホテル:サンブラス又は同等クラス(リマ)
航空会社:デルタ航空 指定

日程表を見る

●リマ到着時は、安心の日本語ガイドがホテルまで送迎。●現地緊急連絡先には、日本語のスタッフが対応するので安心。●デルタ航空指定=事前に座席指定ができます。●デルタ航空指定=リマで機内預け荷物受け取…

旅行会社/ブランド:アムネット/自遊旅行センター


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事