page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ペルー・リマ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界遺産の街アレキパで、アルパカやパイチェのステーキを堪能!


熱々の溶岩石を使った、火山の街ならではのステーキ

右からアルパカ、牛肉、鶏肉のステーキ。トウガラシやハーブを使った4種類のソースも好評だ 右からアルパカ、牛肉、鶏肉のステーキ。トウガラシやハーブを使った4種類のソースも好評だ

白っぽい火成岩を使った建築物にちなみ、「LA CIUDAD BLANCA(白い街)」とも呼ばれる世界遺産の街「AREQUIPA(アレキパ)」。グルメ都市としても有名で、市街地にはさまざまなレストランが軒を並べ、互いの腕を競い合っている。今回ご紹介する「ZIG ZAG RESTAURANT(ジグザグ・レストラン」は、熱々の溶岩石プレートでサーブするステーキが自慢。しかも牛肉や豚肉だけでなく、アルパカやパイチェ(ピラルク)、カマロン(川エビ)など、ペルーならではの素材を余すところなく味わうことができるのだ。ジュウジュウと香ばしい音を立てるステーキは、旅人の食欲と好奇心を大いに刺激する。いつも欧米人旅行者で賑わっている、アレキパの名物店だ。

アンデスとアルプスの融合「アルパンディーノ」料理

アマゾン河の王者「パイチェ(ピラルク)」のステーキは、肉厚で食べ応えあり! アマゾン河の王者「パイチェ(ピラルク)」のステーキは、肉厚で食べ応えあり!

溶岩石を使ったステーキで有名なジグザグ・レストランだが、別にステーキハウスというわけではない。スイス人オーナーシェフ、MICHEL HEDIGER氏が提供しているのは、アンデスとアルプスの食材を融合させた「ALPANDINO(アルパンディーノ)」。ペルーを代表するジャガイモやキヌアと、チーズやハムなどスイス自慢の素材を組み合わせた、ヘルシーかつナチュラルな料理だ。サラダに使われるドレッシングもさっぱりしたものが多く、生ハムやチーズと温野菜をミックスしたオードブルなどは、味の濃いアレキパ料理に飽きたという人にもオススメ。メニューはスペイン語とフランス語、英語の3ヶ国語で表記されていて分かりやすい。

狙い目は、お得なランチメニュー!

アラカルト・メニューには、ステーキ素材10種のカロリーとコレステロール値、タンパク質、脂質の数値が表記されている アラカルト・メニューには、ステーキ素材10種のカロリーとコレステロール値、タンパク質、脂質の数値が表記されている

12:00〜16:00まで注文できるランチメニューは、牛、豚、鶏、アルパカの中から3種類の肉が選べる「DE LOS VOLCANES」を始め、「DE LOS ANDES(トゥルーチャ)」、「DE LA COSTA(サーモン)」、「DE LA SELVA(パイチェ)」、「VEGETARIANO(ベジタリアン)」、「SIN GLUTEN(グルテンフリー)」の6種類あり、これに前菜とデザート、飲み物がついてS/44〜S/64。ジャガイモかキヌアを使った付け合わせと4種類のソース、自家製パンも付くのでボリューム満点だ。ただし「DE LOS VOLCANES」の肉は3種類で150gと少量なので、お肉をしっかり味わいたい人はアラカルトを選ぶ方がよい。

あのエッフェルがデザインした螺旋階段も

Calle Zela 210(セラ通り210番)店の店内。2階席もある Calle Zela 210(セラ通り210番)店の店内。2階席もある

ジグザグ・レストランには入り口が2つあり、向かって左側のCalle Zela 210(セラ通り210番)店の中には、あの有名なフランス人技師エッフェルがデザインしたという古い鉄製の螺旋階段がある。植民地時代に建てられた質実剛健な石造りの建物と、優雅な曲線を描く磨き上げられた螺旋階段が見事にマッチし、一見の価値ありだ。ワインも充実しており、右側入口のCalle Zela 212(セラ通り212番)店には、ワインを楽しむ客人向けの落ち着いたサロンも。開店直後や夕方なら空席があるが、ピーク時は混み合うので事前に予約を。美味しい料理とワインに舌鼓を打ちつつ、白い街アレキパで優雅なひとときを過ごそう。

【関連情報】

窓辺の席は人気なので、座席にこだわる人は必ず予約しよう 窓辺の席は人気なので、座席にこだわる人は必ず予約しよう

■ZIG ZAG RESTAURANT/ジグザグ・レストラン
住所:CALLE ZELA 210 - 212, CERCADO AREQUIPA
電話:054-206-020
営業:12:00〜24:00(無休)
公式サイト:www.zigzagrestaurant.com

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/10/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索