page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ペルー・リマ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

おしゃれに決めたい日はここ!リマの人気レストラン「エル・メルカド」


ペルーを代表するシェフ、ラファエル・オステリングの店

「ラファエル」の姉妹店として人気の「エル・メルカド」 「ラファエル」の姉妹店として人気の「エル・メルカド」

ラテンアメリカ随一の美食の都リマは、数千ものレストランがひしめき合うグルメ激戦区。世界的な口コミサイトに掲載されるレストランだけでも3000店を超え、有名店といえど努力抜きで決してその地位に安住することはできない。その中で何年も変わらぬ支持を集めているのが、ミラフローレス区の「EL MERCADO(エル・メルカド)」だ。メルカドとはスペイン語で“市場”のこと。ペルーの豊かな自然が育んだ瑞々しい食材が並ぶ伝統市場、そんなメルカドを体現したさまざまな料理が味わえる。オーナーシェフは「ラテンアメリカ・ベストレストラン50」の常連「RAFAEL(ラファエル)」でお馴染みの、ラファエル・オステリングだ。

カジュアルながら洗練された雰囲気が魅力

「TIRADITO CLASICO(クラシック・ティラディート)」は薄造りにしたヒラメにロコトソースをかけた定番の味 「TIRADITO CLASICO(クラシック・ティラディート)」は薄造りにしたヒラメにロコトソースをかけた定番の味

平屋造りのオープンな「エル・メルカド」は、カジュアルで肩肘張らない雰囲気が魅力。大勢の客で賑わう様子は、まさに活気あふれるメルカドそのものだ。スターターとしてサーブされるのは、アンデス産のカラフルなジャガイモを使った自家製チップス。カラリと揚がっている上に塩加減も絶妙で、つい手が伸びてしまうだろう。「エル・メルカド」のイチオシはなんといってもシーフードで、鮮魚をレモンとトウガラシで和えた「セビーチェ」や「ティラディート」は、どのテーブルでも必ずオーダーされるほど人気。スズキや貝、エビなどを使った温かいセビーチェ(PARRILLERO)もおススメだ。

シーフード以外もお見逃しなく!

牛肉をピスコ酒でフランベした「ロモ・サルタード」と、目玉焼きを添えた「タクタク・リメーニョ」 牛肉をピスコ酒でフランベした「ロモ・サルタード」と、目玉焼きを添えた「タクタク・リメーニョ」

メインになるご飯物も豊富な「エル・メルカド」。5種類のパスタ料理のほか、数種類の魚介類と薫り高いトウガラシを使った「ARROZ MARISQUERO(アロス・マリスケロ)」や、創作チャーハンが楽しめる。ペルーらしさを求めるなら、「TACU TACU(タクタク)」はいかがだろう。タクタクは、ご飯と煮豆を香ばしく焼き固め、そこにいろんな具材を添えたペルーの定番料理。魚介類のトウガラシソース和えが乗った「A LO MACHO(ア・ロ・マチョ)」や、ペルーを代表する料理のひとつ「ロモ・サルタード」をたっぷり添えた「TACU TACU LIMEN~O(タクタク・リメーニョ)」もお見逃しなく。

少人数なら開店待ちを狙う手も

マンハール・ブランコ(ミルク風味のクリーム)とチョコレート、バニラアイスがついた「CHURROS DE MERCADO(チュロス・デ・メルカド)」 マンハール・ブランコ(ミルク風味のクリーム)とチョコレート、バニラアイスがついた「CHURROS DE MERCADO(チュロス・デ・メルカド)」

料理を堪能した後は、締めのスイーツをどうぞ。チョコレートケーキやチーズケーキ、プリン、アイスクリームなどのインターナショナルなスイーツから、コンデンスミルクとエバミルク、生クリームの乳製品3種類を使った「TRES LECHES(トレス・レチェス)」や、カボチャを利用したふわふわドーナツ「PICARONES(ピカロネス)」などペルーらしいメニューがいろいろ味わえる。「エル・メルカド」はペルーの伝統的セビチェリア(シーフード専門店)らしく、夕方5時までの営業。連日満席という超人気店なので事前予約がベターだが、1〜2週間前にはもうテーブル予約が締め切られていることも。わずかだが当日席もあるので、開店と同時に入れるよう早めに足を運ぼう。

【関連情報】

国内だけでなく、海外からの旅行者も多い「エル・メルカド」 国内だけでなく、海外からの旅行者も多い「エル・メルカド」

■EL MERCADO/エル・メルカド
住所:HIPOLITO UNANUE 203, MIRAFLORES - LIMA
電話:(01) 221-1322
営業時間:12:30〜17:00(月曜定休)
公式サイト:rafaelosterling.pe/es/el-mercado.html

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/11/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索