ペルーで最も人気の炭酸飲料

インカ・コーラという飲み物を知っていますか?リンドレイ社が製造する炭酸飲料で、南米ペルーを訪れるとよく目にします。コーラとは見た目も味もまったく異なるものですが、ペルーではこれが大人気。イギリス人移民によって作られて1935年に発売され、その後徐々にシェアを伸ばしました。現在のペルー国内消費量はコカ・コーラを超えてダントツ1位であり、シェア争いに敗れたコカ・コーラ社はリンドレイ社に出資し、業務提携することになったそうです。では、その味はどのようなものなのか、そして人気のほどはいかに。

ペルーの国民的炭酸飲料、インカ・コーラ。黄金コーラの人気のほどは ペルーの国民的炭酸飲料、インカ・コーラ。黄金コーラの人気のほどは

インカ・コーラはおいしいのか?

インカ・コーラの色は透明な黄色。アンデスに大帝国を築いたインカの名を頭に冠していますが、これはこの黄色が、黄金にあふれていたというインカ帝国のイメージと重なるからでしょう。味はコーラとはまったく違い、甘くて炭酸は弱いです。私が飲んだのはかなり昔のことで記憶はおぼろげですが、あまりおいしいとは思わなかった気がします。だけど当時、一緒に旅行していた家族に聞くと「おいしかった」とのこと。インターネットで日本人の感想を調べても、「まずくはない」「おいしい」という評価が多いです。

黄色いコーラが目白押しのペルー

それにしても、ペルーでのインカ・コーラの浸透度すごいです。聞くところによると、1995年ごろにはコカ・コーラとインカ・コーラのシェアはほぼ同じだったとのことなので、インカ・コーラが勢力を伸ばしたのは、比較的最近のことなのでしょう。レストランなどで単に「コーラ」というとこのインカ・コーラが出てきますし、ファストフード店でハンバーガーと一緒に出されるのもこれ。また、ペルー発着の航空機内でも飲むことができるそうです。インカ・コーラの人気を受けて、ペルーではさまざまな類似商品が発売され、あちこちで黄色い飲み物が棚に並ぶのを見かけます。

ペルー以外でも手に入る

コカ・コーラ社は1999年の業務提携以降、ペルー以外でのインカ・コーラの製造販売を行っており、アメリカ産のインカ・コーラが存在します。そしてこれが日本にも輸入され、通信販売などで簡単に手に入れることができます。時にはコンビニやスーパーでも直接購入できることもあり、また中南米料理を出す日本のレストランでも、置いているところが結構あるようです。試しに少し飲んでみたい、とか、ペルーで味わった懐かしい味をもう一度、という人におすすめです。これを書いていて、私もちょっと飲みたくなってきてしまいました。