マチュピチュの玄関口となるクスコの標高が高い!

南米随一の観光地、マチュピチュ。マチュピチュ山とワイナピチュ山に挟まれた、この天空の都市をぜひ訪れたい方もいるでしょう。マチュピチュ遺跡は標高2400m、観光の基点となるふもとのマチュピチュ村(旧名アグア・カリエンテス)は標高2000mとそう高くはありません。しかしこのマチュピチュに行くには、まず標高3400mにある古都クスコまで飛行機かバスで行き、そこからバスと列車を乗り継いで行くのが一般的です。日本からのツアーの大部分は、ペルーの首都リマから、飛行機でクスコへ向かい、そこで一泊してからマチュピチュに向かいます。いきなり飛行機で高地に入り、激しい頭痛や吐き気など、高山病になってしまう人も少なくありません。

あこがれのマチュピチュ遺跡に行きたいが、高山病が心配な人へおすすめの行き方 あこがれのマチュピチュ遺跡に行きたいが、高山病が心配な人へおすすめの行き方

高山病の対策は?

高山病は、標高が高い高地でなる病気です。また、これはかなり個人差が大きい病気です。同じツアーメンバーでも、まったく平気な人がいるかと思えば、病院に行かなくてはならないほど、深刻な症状になることもあります。症状が軽い人でも、空気が薄いので少しの運動でも息切れがしてきます。ふつうは体が慣れるまで、数日間かかりますが、短期間であちこち回ろうとするツアーの場合は、体が慣れる前にすでに観光が始まってしまいます。また、昼間は大丈夫と思っていても、夜、寝ていると症状が悪化してくる場合があるのです。対策としては休憩を多く取り、水分補給に気をつけ、食べ過ぎと飲酒は控え、お風呂もシャワーをさっと浴びる程度にしておくなどです。

ならば標高の高いクスコに泊まらなければいい

そんな訳で、クスコ市内のあちこちの薬局では、高山病予防の薬の広告が目につきます。日本でもこの薬、手に入りますが医師の処方が必要です。心配なら日本で薬を出してもらってくるのがいいですが、現地でも買えます。しかし、薬を飲んでも症状が改善されない場合があり、その場合は最悪の場合は死に至ることがあるので、すみやかに低地に移動するしかありません。実は最近、こうした高山病対策を兼ねて、クスコではなくもっと低いオリャンタイタンボという町に泊まるツアーも増えています。私も、時間がない中で高地に体を慣らす必要がある旅行者には、これをおすすめします。

オリャンタイタンボに泊ってマチュピチュ往復

オリャンタイタンボは、ほとんどのマチュピチュ行きの列車が発着する駅がある小さな町です。標高は2000mちょっとなので、たいていの人は高山病にはなりません。前夜はクスコに泊まっても、結局はこの駅まで車で移動しないとマチュピチュまで行けないので、空港に着いたらそのままタクシーで移動してみてはどうでしょう。クスコからは75km、約1時間半なの距離です(日本円にして4000円程度)。オリャンタイタンボは小さな町ですが、有名なインカの遺跡もあり、最近はここを起点にマチュピチュを往復するツアーも多いことから、ホテルやレストランもたくさんあります。町には旅行会社もたくさんあり、ツアーや列車のチケットもすぐに買えます。このオリャンタイタンボ、あるいは近くのウルバンバ(近年リゾートホテルが増えてきました)に泊まるツアーを検索してみてはいかがでしょう。