マチュピチュ行き、どのクラスの列車がおすすめ?

さて、どのクラスに乗ろうか迷っている人へ。私のおすすめは、ズバリ一番安い、エクスペディションです。理由は、ビスタドームの「向かい合わせの席」というのが、いまいちだからです。というのも、席によっては進行方向と後ろ向きになる可能性があり、また向かいに人がいると足をのばせない、また知らない人と同席になっても気を使います。軽食もたいしたことがありませんし、乗務員による車内のアトラクションも、むしろ景色をゆったりと見たい人には邪魔です。天井がガラス張りといっても、逆に日が差せば暑いだけ。それならば、落ち着いて足をのばして車窓を楽しめるエクスペディションがいいでしょう。また、荷物置き場も、「エクスペディション」のほうが若干広いのもポイント高しです。スーツケースも楽々置けるほどです。

南米の世界遺産「マチュピチュ遺跡」へ行く鉄道を紹介。その2 チケットを買って乗車 南米の世界遺産「マチュピチュ遺跡」へ行く鉄道を紹介。その2 チケットを買って乗車

マチュピチュ鉄道のチケットの買い方

さて、乗る列車のチケットは、どうやって買ったらいいでしょうか? 夏休みのピークとか、年末年始などでない限り、列車のチケットは前日か当日でも買えます。インターネット購入、現地旅行会社での購入、クスコのアルマス広場にあるチケットオフィスや、オリャンタイタンボやマチュピチュの駅の窓口での購入が可能です。あとは当日、チケットのプリントアウトを持って、駅に行けばいいです。乗車は出発の30分前からとなっています。改札では、チケットのほかに本人確認のため、パスポートの提示が必要なので、準備を忘れずに。

オリャンタイタンボ駅からいよいよ乗車

列車に乗る前に、メインの乗車駅となるオリャンタイタンボ駅の様子を紹介しましょう。駅の出入り口には、カフェやレストラン、土産物屋などが並んでいます。ホーム内にもカフェと売店がありますが、ツーリストプライスなので、お腹が減っている人は中に入る前に食べるか、サンドイッチや飲み物を仕入れておきましょう。ただしホーム内にあるカフェは、Wi-Fi可です。さて、ホームで待っていると、時間になり列車が入線してきます。各車両に係員が立ち、チケットとパスポートを再度チェックして乗車です。さあ、これからいよいよマチュピチュ行の列車の旅がスタートです。(その3につづく)