プーノグルメ・料理ガイド

プーノグルメガイド

プーノのグルメ・伝統料理

紺碧の湖「ティティカカ湖」を有するアンデスの街プーノでは、「トゥルーチャ(マス)」料理を堪能したい。新鮮なトゥルーチャに塩を振り、さっと焼きあげた「トゥルーチャ・ア・ラ・プランチャ」は、シンプルな味わいながらグルメをも納得させる美味しさだ。「クイ(テンジクネズミ)」やアルパカなど、アンデスの伝統的な素材を活かした料理もある。プーノはクスコよりも標高が高い。体調が思わしくない人は、野菜がたっぷり入ったアンデス風のスープなど胃に優しい食事を選ぼう。(2015年編集部調べ)


プーノのレストラン・屋台

プーノの中心アルマス広場の北側には、レストランやバー、フォルクローレを楽しめる店がいくつか並んでいる。代表的なペルー料理の他、クイ料理を食べさせる店も多い。価格はクスコより抑えめで、一品当たり20〜30ソレスくらいが多い。盛りつけにも素朴さが残っており、シンプルな料理が多いのも特徴だ。中央市場の付近に行くと更に庶民的になり、昼の定食(メヌー)が5ソレスくらいから食べられる。こじゃれた店やカフェはないが、地元の人々の日常的な姿が良く見えて面白い。

プーノの水・お酒

プーノでは水道水ではなく、ミネラルウォーターを飲むこと。625ml入りのペットボトルで1〜1.5ソレス、ボデガと呼ばれる雑貨店やホテルのフロントで手軽に購入できる。お酒もボデガで購入できるが、高地に慣れないうちは避けたほうがよい。その代わり高山病予防にもなる温かい飲み物をしっかり飲もう。プーノのホテルでは、コカ茶やムニャ茶など高山病予防に効果があるとされるアンデスのハーブティーを無料でサービスしてくれるところも多い。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


プーノグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるプーノの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
プーノのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!