命の泉が沸くラ・アルベルカ(用水地)

ペルー・トルヒーヨ・遺跡の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

命の泉が沸くラ・アルベルカ(用水地)

掲載日:2014/05/18 テーマ:遺跡 行き先: ペルー / トルヒーヨ ライター:田中富子

タグ: ロマン 一度は行きたい 歴史



ABガイド:田中富子

【スペインのABガイド】 田中富子
全ガイドを見る
スペイン・セビリア在住。2000年にたまたま訪れたセビリアに、2001年より在住。2006年5月、個人事業主のビザを取得。現在は、食品輸出入仲介業を中心に、フラメンコ留学と語学留学コーディネーター、通訳、翻訳業等、スペインと日本を橋渡しする日々。情熱がモットー。

この雰囲気たっぷりの街並みを楽しもう。 この雰囲気たっぷりの街並みを楽しもう。

トルヒージョを楽しむ秘訣とは?

Trujillo(トルヒージョ)での楽しみは、その多くの遺跡と雰囲気抜群の街並みであろう。狭い道幅のぐるぐるうねった坂が続き、それはまるで中世の迷路のようだ。散策をしながら時折立ち止まって360度見渡し、自分の好きなコーナーを見つけると面白いはずだ。個性のある街並みにぐっと魅了される。アラブ征服時代の遺跡も数多く残っているが、ふらっと歩いていて印象的なのは、なんといっても当時のLA ALBERCA(ラ・アルベルカ・用水地)であろう。

 

何世紀にも渡って水を提供しているラ・アルベルカ。 何世紀にも渡って水を提供しているラ・アルベルカ。

幅広い水の利用法

ローマ時代の遺跡を基にしているという説もあるが、5世紀の建築とされ、その用水地はウマイヤ朝時代に家畜や農業用に利用されていたのではないかと推測されている。ライブロックが掘られており、その深さはなんと14メートル以上もあるというから実に驚愕だ。高さの半分くらいから表面までは石が組まれている。現在では用水地まで下ることができる階段があり、それは15世紀に作られている。その当時、清掃用と夏季に水をくみ上げるために建設された。

 

ローマ時代の遺跡を再利用したという説がある小さな塔が印象的。 ローマ時代の遺跡を再利用したという説がある小さな塔が印象的。

水の薬用効果が?

ここで蓄えられた水は、郊外の畑まで水路が形成され運ばれており、現在でもそのいくつかが残存しているそうだ。当時の技術水準の高さに圧巻されてしまう。そして、実際用水地に溜まる水はどこからやってくるかというと、それは用水地底部に存在する2つの泉からであるそうだ。ある説によると、ここの水はその肌と目への薬的効果もあり公衆浴場として使用されていた時代もあるという。これが本当だとすると温泉ならぬ冷泉となるのだろうか。

 

16世紀の建築物サン・アンドレス教会の傍に位置する。 16世紀の建築物サン・アンドレス教会の傍に位置する。

当時から現代に受け継ぐ水源

現在では夏季にプールとして利用している若者達もたくさん見られるようなので、水浴びをしている若者にその効果を確認してみるのもいいかもしれない。またこの用水地の水は決して枯れたことがないという。当時人々にとって、かけがえのない存在であった貯水池。現在でもその命は続き、水を惜しげもなく潤沢に抱いている。それはある種人々の休息の場であり、命の源でもあったであろう。貯水池の縁石に座りながら、当時の様子を思いめぐらそう。

 

景観も十分楽しめる街トルヒージョ。 景観も十分楽しめる街トルヒージョ。

関連情報

■La Alberca(ラ・アルベルカ)
住所:C/Alberca, Trujillo
HP: http://www.turismotrujillo.com/Trujillo/ciudad-y-monumentos/35-la-alberca

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/05/18)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値トルヒーヨツアー


最安料金万円

合算 目安 25.80万円33.80万円
旅行代金: 25.8033.80万円
燃油目安: 0.00万円
6日間
東京発

トルヒーヨ ツアー

【AA利用】知られざるプレ・インカ文明の謎を求めて ペルー北部紀行<2大ハイライト>6日間 (チクラヨ・トルヒーヨ・リマ)

ホテル:コスタ・デル・ソル・ウィンダム・リマ・エ…
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

●北部プレインカ遺跡の拠点のチクラヨとトルヒーヨを組み込んだ北部ペルーの見所をお手頃価格でコンパクトにご覧いただく2大ハイライトコースです。●チクラヨでは、アドベ建造のピラミッド群が残る「トゥクメ…

旅行会社/ブランド:クオリアス

合算 目安 29.80万円39.80万円
旅行代金: 29.8039.80万円
燃油目安: 0.00万円
8日間
東京発

トルヒーヨ ツアー

【AA利用】知られざるプレ・インカ文明の謎を求めて<南米最古のカラル遺跡観光付き>ペルー北部紀行<3大ハイライト>8日間 (チクラヨ・トルヒ…

ホテル:マリエル(リマ)、カサ・アンディーナ(チ…
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

●世界の四大文明に匹敵する南米最古の古代都市遺跡「カラル」と北部プレインカ遺跡の拠点のチクラヨとトルヒーヨを組み込んだ北部ペルーの3大ハイライトコースです。※通常ツアーでは訪れない「カラル遺跡」観…

旅行会社/ブランド:クオリアス

合算 目安 33.80万円39.80万円
旅行代金: 33.8039.80万円
燃油目安: 0.00万円
10日間
東京発

トルヒーヨ ツアー

【AA利用】お手頃価格で新登場!【自由紀行編】 知られざるプレ・インカ文明の謎を求めて ペルー北部紀行<3大ハイライト>10日間 (ワラス…

ホテル:マリエル(リマ)、パストルーリ・ホテル(…
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

●本コースは、古代アンデス文明発祥の地「チャビン・デ・ワンタル遺跡」、貴重なプレインカ遺跡が集積するペルー第3の都市「トルヒーヨ」、そしてプレインカ期の黄金文化を育んだ「チクラヨ」を盛り込んだ北部…

旅行会社/ブランド:クオリアス

合算 目安 33.80万円43.80万円
旅行代金: 33.8043.80万円
燃油目安: 0.00万円
8日間
東京発

トルヒーヨ ツアー

【AA利用】知られざるプレ・インカ文明の謎を求めて ペルー北部紀行<4大ハイライト>8日間【第1弾】 (カハマルカ・チクラヨ・トルヒーヨ・リ…

ホテル:コスタ・デル・ソル・ウィンダム・リマ・エ…
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

●インカ帝国最後の皇帝アタワルパの最期の地となった「カハマルカ」と北部プレインカ遺跡の拠点「チクラヨ」と「トルヒーヨ」を組み込んだ北部ペルー3大ハイライトコースです。カハマルカ−クントゥルワシ−チ…

旅行会社/ブランド:クオリアス

合算 目安 38.80万円44.80万円
旅行代金: 38.8044.80万円
燃油目安: 0.00万円
12日間
東京発

トルヒーヨ ツアー

【AA利用】お手頃価格で新登場!【自由紀行編】知られざるプレ・インカ文明の謎を求めて ペルー北部紀行<4大ハイライト>12日間 (ワラス・ト…

ホテル:マリエル(リマ)、パストルーリ・ホテル(…
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

●本コースは、古代アンデス文明発祥の地「チャビン・デ・ワンタル遺跡」、貴重なプレインカ遺跡が集積するペルー第3の都市「トルヒーヨ」とプレインカ期の黄金文化を育んだ「チクラヨ」、そしてインカ帝国最後…

旅行会社/ブランド:クオリアス

合算 目安 43.80万円53.80万円
旅行代金: 43.8053.80万円
燃油目安: 0.00万円
8日間
東京発

トルヒーヨ ツアー

【AA利用】=安心の日本語ガイド同行=知られざるプレ・インカ文明の謎を求めて ペルー北部紀行<4大ハイライト>8日間【第1弾】 (カハマルカ…

ホテル:コスタ・デル・ソル・ウィンダム・リマ・エ…
航空会社:アメリカン航空 指定

日程表を見る

●インカ帝国最後の皇帝アタワルパの最期の地となった「カハマルカ」と北部プレインカ遺跡の拠点「チクラヨ」と「トルヒーヨ」を組み込んだ北部ペルー3大ハイライトコースです。カハマルカ−クントゥルワシ−チ…

旅行会社/ブランド:クオリアス


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事