ヤンケグルメ・料理ガイド

ヤンケグルメガイド

ヤンケのグルメ・伝統料理

空の王者コンドルの見学ツアーの拠点の一つ、ヤンケ。村にはこれといったレストランはなく、ほとんどの場合宿泊先のホテルで取ることになる。ここでの食事は一般的なペルー料理の他、アンデスの伝統料理を楽しもう。アルパカ肉を使ったステーキやカルパッチョ、マスのソテー、クイ(テンジクネズミ)を使った「ピカンテ・デ・クイ」など、世界中からやってくるグルメたちを満足させる料理が味わえる。また高地で体調がすぐれない人には、アンデス原産のジャガイモやトウモロコシがたっぷり入った滋味豊かなスープなど、胃に優しい料理がオススメだ。(2015年編集部調べ)


ヤンケのレストラン・屋台

一般的なコンドル見学ツアーでは、昼食はヤンケから10キロほど離れたチバイ村で取ることが多い。逆を言えばヤンケで食事をするのは、この村に宿泊する人にほぼ限られている。日本人にも人気のコルカ・ロッジはヤンケの中心部から離れており、ここに宿泊する場合、ホテル内のレストランを利用することになるだろう。どの料理も洗練されていて大変美味しいが、観光地だけあって一皿当たり30〜50ソレスと高め。それに飲み物やサービス料を加えると、アレキパの中心部で食べるのとまったく変わらない値段になる。宿泊先にもよるが、アンデスの山村といえどもヤンケでの食事を安くあげるのは少々難しいかもしれない。

ヤンケの水・お酒

ヤンケでは水道水ではなく、ミネラルウォーターを飲むように。625ml入りのペットボトルで1〜1.5ソレス、村のボデガ(雑貨店)やホテルのフロントで販売している。お酒もボデガで購入可能。ビールの他、「チチャ・デ・ホラ」というトウモロコシから作る地酒を売っている場合もある。ただし標高3400m超のヤンケではアルコールは控えめに。高山病予防も兼ねて、コカ茶やムニャ茶といったアンデスのハーブティーを飲むのもオススメだ。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ヤンケグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるヤンケの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ヤンケのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!