プエルトリコ旅行・プエルトリコ観光徹底ガイド

プエルトリコ旅行・プエルトリコ観光徹底ガイド

プエルトリコ旅行・観光の見どころ・観光情報

カリブ海の楽園と呼ばれるプエルトリコ。カリブ海北東に位置し、プエルトリコ本島、ビエケス島、クレブラ島、モナ島などから構成されるアメリカの自治領で、国ではない(住民は州昇格を希望している)。プエルト・リコはスペイン語で「豊かな港、美しい港」という意味であり、一説にはコロンブスがサンフアンに入港した時に叫んだことに由来するとも。見どころはスペイン南部のような白い家々が立ち並ぶオールドサンファン。海面から約40mもの高さにそびえ建ち、オールドサンファンの街を250年も守り続けたエル・モロ要塞、スペインの旧総督公邸の要塞ラ・フォルタレサなど世界遺産に登録されたさまざまな歴史的な観光名所がある。また小さな島々に渡ってマリンスポーツなどで美しい海を堪能するのもいいだろう。(2016年9月編集部調べ)

プエルトリコの人気問合せ情報

プエルトリコの最安値カレンダー

プエルトリコへ行くツアーを見る この国のツアー代金相場を見る

プエルトリコ旅行・観光の選び方

カリブ海の島々を巡るアイランドホッピングで。サンファンでの世界遺産を楽しみたい

プエルトリコ単独のツアーは少なく、7〜10日間のツアー期間でセントルシア、バルバドス、セントヴィンセントなどカリブ海の島々を巡るアイランドホッピングのツアーが主流。首都サンファンではフリータイムのツアーが多いので、世界遺産の観光ポイントを見て回りたい。オプショナルツアーをうまく使えば、効率よく観光ができる。食事はスペイン、カリブ、アフリカ料理が融合した、プエルトリコのクリオージョ料理を楽しもう。お土産にはバカルディのラム酒がおすすめ。(2016年9月編集部調べ)


プエルトリコのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示

プエルトリコの代表的な料理は、甘くない緑色のバナナのプラタノを潰して揚げ、塩やコショウなどの調味料で味付けしたモフォンゴ。肉や魚も一緒に調理される場合がある。アロス・コン・アビチェラは、白いご飯に豆のシチューをかけたもの。メイン料理には必ず付いてくるが、これだけでも食事になる。ビーフシチューのカルネ・ギサーダ、アロス・コン・アビチェラに鶏肉の料理が付いたアロス・コン・ポージョなども、グルメな料理ではないがポピュラーだ。レストランではどの料理もボリュームがあるので、頼みすぎないように。(2015年編集部調べ)

プエルトリコのショッピング情報

プエルトルコの特産として代表的なものは、ラム酒と葉巻。バカルディ・ラムの工場が首都サンファンの郊外にあり、工場見学もできる。参加すれば付属のショップでバカルディグッズが購入でき、いいお土産になる。また、プエルトリコではその鳴き声からコキと呼ばれるカエルが大変親しまれていて、そのグッズがお土産として大人気だ。置物からぬいぐるみ、アクセサリーに至るまで種類はたくさんある。土産物を買うなら、オールドサンファンにショップが多いので、歩けばきっと欲しいものが見つかるはず。(2015年編集部調べ)

プエルトリコの人気ツアー

プエルトリコ旅行・プエルトリコ観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook