あの映画のロケも行われたカリブのミニ国家へ!

カリブ海の東に点々とつながっている小さな島々、小アンティル諸島。そこには数多くの国や自治領がありますが、今回紹介するのはその中のセント・ピンセント&グレナディーン諸島です。映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のロケも行われた、カリブの美しい海がある国で、人口約11万人。面積は日本の種子島よりも小さいミニ国家で、1979年にイギリスから独立しました。面積の9割は中心となるセント・ビンセント島で、残りを32の小さな島々からなるグレナディーン諸島が占めます。

世界の有名人が来る超高級リゾートの島。カリブの国、セント・ピンセント&グレナディーン 世界の有名人が来る超高級リゾートの島。カリブの国、セント・ピンセント&グレナディーン

島の歴史と産業を知りましょう

首都はセント・ビンセント島にあるキングスタウンで、ここに4万人近い住民が住んでいます。この島も他の小アンティル諸島の島と同様、18世紀にイギリス人とフランス人が入植。やがてイギリス領になり、プランテーション経営のためにアフリカから多くの奴隷が連れて来られました。そのため、現在の国民の8割強は、アフリカ系とその混血です。火山島なので土地は起伏があり、そのためサトウキビではなくバナナが農業の中心です。しかし独立後は、他のカリブの島と同様に、観光業に力を入れています。

カリブ海クルーズで行くことができる

首都キングスタウンは、プエルトリコ発の南カリブ海クルーズの定番の寄港地。毎日、大型クルーズ船が発着しています。日本から行くなら、そうしたクルーズを利用して行くのが簡単でしょうね。その場合は、現地ではオプショナルツアーを利用しての1日観光が便利でしょう。時間があれば、クルーズではなく飛行機で行って、リゾートホテルでのんびりもいいでしょう。島内には植物園やハイキングコースなどもありますが、基本はビーチでのんびりか、離島に行くという感じになります。

セレブが集まる、世界一の高級リゾートアイランドがこの国に!

さて、メジャーな観光地のセント・ビンセント島に対し、小さな島々が転々とするグレナディーン諸島ですが、こちらはこちらで行きにくいことを逆手に取った高級リゾートがあることで有名です。そのうちのひとつ、マスティク島は、セレブ用の雑誌「ジェットセッター」で“世界一の高級アイランドリゾート”に選ばれたことがあります。つまり自家用ジェットがあるほどのセレブが行く島ってことですね。ローリング・ストーンズのミック・ジャガーが所有するヴィラ「スターグローブス・ヴィラ」には6つの寝室があり10名以上がゲストで泊まれるとか。気になるお値段は、シーズンにより1週間で1万6000〜2万4000ドル。この島にはほかにも各国の王室や、ハリウッドスターなどもやってくるとか。庶民には手が出ない世界ですが、そんな高級リゾートがあるのも、セント・ピンセント&グレナディーン諸島なんですよ。