さん(する)

掲載日:2018/12/04

【レストラン】小腹が空いたら食べたいNYのスナックフード

ニューヨークの街は小さく、一定のエリアであれば徒歩で歩き周るのも楽しいですが、いくら小さくても歩き続けるのは、疲れてしまうものです。そんな時に軽食を兼ねて、休憩できるスポット的場所をご紹介します!

カテゴリ:グルメ/スイーツ エリア:中南米  アメリカ合衆国  ニューヨーク キーワード: 珍しい 安い カワイイ

ABガイド:Minato F.

Minato F.
NY在住。NYで開催するファッションショー、NYコレクションメンズブランドで演出、ヴィジュアルデザインを学ぶ。日本へ帰国後、東京ガールズコレクションにてファッションイベント運営・企画を経験。その後、再びNYへ戻り独立。自身のジュエリーブランドを立ち上げ、デザイン・ディレクションをする傍ら、NYの旬なトレンド情報を発信していきます。

BAOという食べ物

BAOという食べ物

今回ご紹介する場所は、今、アップカミングなスポットとして白人の若年層が増え、新しいカルチャーが生まれているエリア、Lowe East SideにあるThe Bao Shoppe (ザ・バオ・ショップ)です。
日本では聞きなれないBAO(バオ)という食べ物ですが、正式名称はバインバオと言います。NYでは、ラーメン屋のIppudo(一風堂)が角煮を挟んだバオを提供し、それまで見たこともなかった食べ物でしたがニューヨーカーの心を掴み、ラーメンの人気とともにバオの人気も広がりました。
今では、BAO専門店もいくつかマンハッタンの中にオープンしていますが、今回は、若者に人気店The Bao Shoppeに行ってきました!

店内の風景

店内の風景

The Bao Shoppeは、とても小さなお店でイートインできる席は、8席ほどでした。筆者が訪れた時間夕方6時ごろは、既に満席だったので持ち帰りとしてオーダーすることに。

豊富なメニュー

豊富なメニュー

お店に入って左側にメニューが書かれています。
看板メニューのBAOは真ん中にあり、パンに挟む中身を選んで注文しましょう。一つ$4~5ほどなのでおやつタイムにもぴったりです。
他にもフライドポテトのメニューやボウルのメニューもあり、がっつり食べたい人は、コンビネーションで頼むのをオススメします。

オリジナルはオススメ!

オリジナルはオススメ!

筆者が注文したのはこの2つ!
右がオリジナルで左がキムチがトッピングされKorean Beefが入ったBAOです。どちらもお腹が空いてたこともあって、ペロリといただきました!
どちらも美味しかったですが来たからには、オリジナルBAOをぜひ注文してください!
上にはなますがトッピングされていて、さっぱりとしていて食欲がないときでも食べられると思うのでオススメですよ。

The Bao Shoppe
34 Canal St,
New York, NY 10002

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/12/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索