「カーズランド」の「ラジエーター・スプリングス・レーサー」

「教えて! ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーの魅力」その3からの続きです。「カーズランド」は、ピクサー映画の「カーズ」をテーマにしたエリア。メインアトラクションは「ラジエーター・スプリングス・レーサー」です。映画のキャラクターのライドに乗って、映画の舞台である町、ラジエーター・スプリングスを走行します。始めは映画のキャラクターの世界を楽しみ、最後はレースで終わります。カーズランドの敷地の半分はこのアトラクションが占め、一つのアトラクション面積としては世界のディズニーランドの中では最も広いものだとか。建設費は2億ドル(約260億円)。これもディズニーランド・リゾートの中でもっとも費用がかかったアトラクションだそうです。

広い土地と雨の少なさが必須なので、日本では造るのが難しい

とにかくここでは映画の世界を堪能できるので、未見の方は映画を見てから行きましょう。世界でもここカリフォルニア・アドベンチャーにしかないアトラクションなので、パーク内でも一、二の人気。朝いちで行くかファストパスの取得は必須です(発券機はカーズランドになく、バグズランド入り口手前にあるので注意)。昼間にはスタンバイの列は、90分待ちほどに。コースは二種類あります。広い土地を使ったというだけでなく、雨が少ないカリフォルニアならではの広い屋外スペースは、日本に造るのはなかなか難しいアトラクションでしょう。

マーベル映画のキャラクターとのグリーティングも楽しみ

ライド系アトラクション以外にも楽しみがあるのが、ディズニーパークの魅力。日本とはちょっと趣が違う、キャラクターとのグリーティングにトライしてみては? 「写真撮影の枚数制限がない」「待ち時間が少ない」「かなりフランク」などの声がありますが、ここカリフォルニア・アドベンチャーでは、ディズラーランド側では会えないキャラクターとグリーティングできるのが、魅力でしょう。例えば、マーベルキャラクターですね。キャプテン・アメリカ、スパイダーマン、グルートなどなど。もちろんミッキーやミニーといった、ディズニーおなじみのキャラクターとのグリーティングもあります。(その5に続く)