ニューヨーク最大のターミナル駅にある老舗レストラン

ニューヨークのマンハッタンにあるグランドセントラル駅は、アメリカ映画やテレビでもお馴染みの場所なので、行ったことがなくても「見たことがある」という人は多いのでは。この鉄道駅自体については、別記事「グランドセントラル駅観光ガイド」で詳しく書いているので、そちらをご覧ください。今回紹介するのは、この駅の構内にある1913年開業という有名レストラン「グランド・セントラル・オイスター・バー&レストラン」(以下「オイスターバー」)です。なんと100年の歴史があるのですね。元々ここは、シーフードレストランではなく、普通のコンチネンタル料理のレストランでした。しかし、鉄道利用客が減った1974年に、レストランも人が入らず存亡の危機に。そこで思い切ってメニューをシーフードに変えたというのです。

ニューヨーク最大のターミナル駅のグランドセントラル駅。この駅の構内に「オイスターバー」がある ニューヨーク最大のターミナル駅のグランドセントラル駅。この駅の構内に「オイスターバー」がある

レトロな感じもする店内

オイスターバーがあるのは、駅地下のダイニングコンコース。レストランの目の前にあるアーチが「ささやきの回廊」です。これはアーチの一端に立って囁くと、片方のアーチの下に声が伝わるという場所ですね。さて、オイスターバーの中は、レトロな感じもする赤いチェックのテーブルクロスが敷かれたテーブル席、一人でも気軽に入れるカウンター席、さらに奥にあるサロンと呼ばれるやや落ち着いた部屋からなっています。カウンター席は、空いていれば勝手に座っていいですが、それ以外は案内を待ちます。店内はタイルを貼ったいくつものドーム型の天井が印象的ですね。

生ガキやシーフードにトライしてみよう

メニューは200種類ぐらいあり、写真などはないので選ぶのに困るかもしれませんが、あらかじめウェブサイトでチェックしておくといいでしょう。軽食もありますが、せっかくなのでここでは生ガキを食べてみたいですね。カキの種類は20種ほどあり、一個2ドルぐらいから。一個から注文できます。どれを選んでいいかわからなかったら、店員に聞いてみましょう。また、クラムチャウダーやフライドオイスターも人気です。オイスターサンドイッチもありますが、サンドイッチはカウンター席でのみとなっています。

東京に支店もあります

夕方の空いている時間帯には、「ハッピーアワー」があり、飲み物やおつまみが割引になります(オイスターが一個1.35ドル、ビールが6.25ドルです)。このオイスターバー、『ガール・オン・ザ・トレイン』や『恋におちて』などの映画にも出てきますよ。このレストラン、実は日本の品川駅構内に2号店があります。内装はニューヨークのものを模した造りになっています。ニューヨークまで行けないという方は、こちらに行ってみるのもいいかもしれませんね。
●オイスターバー公式サイト www.oysterbarny.com
●グランド・セントラル・オイスター・バー&レストラン品川店 oysterbartokyo.com