日本でもこの夏、帝国劇場で上演されるミュージカル

2017年の5月、ニューヨークに行った際に、前から観たいと思っていたミュージカル『ビューティフル Beautiful』を観てきました。今回はこのミュージカルの紹介と、格安でチケットを買う方法をお教えします。さて『ビューティフル』は、アメリカを代表するシンガー・ソングライターのキャロル・キングの伝記もので、日本でもこの2017年の7月26日から8月26日まで、日比谷の帝国劇場で日本人キャストによる上演が予定されています。ちなみに日本版は、水樹奈々と平原綾香によるダブルキャストになっています。

●帝国劇場ミュージカル『ビューティフル』[URL]www.tohostage.com/beautiful

ブロードウェイで上演中の『ビューティフル Beautiful』。ソンドハイム劇場前の広告 ブロードウェイで上演中の『ビューティフル Beautiful』。ソンドハイム劇場前の広告

初演時にはトニー賞も受賞し、ロングランヒット中

さて、このミュージカル『ビューティフル』のブロードウェイ初演は、2014年1月12日。初演時は、キャロル・キング役をジェシー・ミュラーが演じ、2014年のトニー賞(アメリカ演劇界のアカデミー賞のようなもの)の主演女優賞を受賞しました。上演劇場は、ブロードウェイにあるスティーヴン・ソンドハイム劇場。タイムズスクエアから歩いてすぐの場所です。それ以来、現在に至るまでロングランをしているほか、アメリカでは巡業ツアーや、ロンドンではオリジナルキャストによる上演もされているヒット作なのです。

●Beautiful公式サイト [URL]beautifulonbroadway.com

キャロル・キングとはどんな人?

キャロル・キングを知らない方もいるので、ここで簡単に彼女の経歴を。ニューヨークのブルックリン育ちのキャロルは、1958年に歌手としてシングルデビュー。しかし売れなかったために裏方に回り、1960年代に入ると夫のジェリー・ゴフィンと作詞作曲チームを組んで、次々とヒットを飛ばします。しかし60年代中盤になると、次第にヒット曲を生み出せなくっていきます。やがてゴフィンと別れたキャロルは、1970年に再びソロシンガーとしてデビュー。翌1971年に出したアルバム『つづれおり』は、全米アルバムチャート15週連続1位、トップ100には302週(5年以上)にわたってランクインという驚異的なヒットとなりました。(その2に続く)