大ヒット映画の舞台版がブロードウェイで上演中

2017年5月、ニューヨークに行ってきました。3泊するので、せっかくなら何かミュージカルを観たいな、そしてできなら日本で観られないものがいいと、ガイドブックやインターネットで情報を集めていたら、ありました、観たいものが。それが『School of Rock THE MUSICAL スクール・オブ・ロック ザ・ミュージカル』です。みなさんは映画『スクール・オブ・ロック』をご存知ですか? ジャック・ブラック主演で2003年に製作されて大ヒットしたコメディ映画です。そのブロードウェイミュージカル版が、本作なのです。
●『スクール・オブ・ロック』 us.schoolofrockthemusical.com/

『スクール・オブ・ロック ザ・ミュージカル』を上演中のウインターガーデン劇場は、ブロードウェイにある 『スクール・オブ・ロック ザ・ミュージカル』を上演中のウインターガーデン劇場は、ブロードウェイにある

世界中で大ヒットしたロックコメディ映画

まずは原作となった映画について解説しましょう。コメディアンで脚本家でもあるマイク・ホワイトが、友人であるコメディアンのジャック・ブラックのために脚本を書いたのが、この『スクール・オブ・ロック』です。それを『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』のリチャード・リンクレイター監督が、映画化。2003年10月にアメリカで公開されると、週間興行ランキング1位の大ヒットに。日本では翌2004年4月に公開され、やはりヒットを記録。映画館でだけではなく、レンタルやテレビ放映などで観た人たちにも幅広く支持され、今ではコメディ映画の名作とされています。

無職のロックギタリストが学校の先生に!?

ストーリーはこんな感じです。ロックギタリストのデューイーは、ロックに対する熱意が強すぎるあまり、ボーカル以上に目立とうとしてバンドをクビに。彼は友人のネッドとそのガールフレンドの家に居候していますが、家賃も払えない状態です。そんなところに、ネッド宛に名門私立高校から臨時教員の案内が。お金に困ったデューイーはネッドになりすまして、高校へ。最初は無気力に見えた生徒たちですが、彼らに音楽の才能があることに気づいたデューイーは、子供たちとロックバンドを結成して、バンドバトルに出場することに…。劇中にロックファンなら思わずニヤリとするロックネタを仕込み、またロックの名曲も披露され、本作は世界中のロックファンの心を鷲掴みにしました。(その2に続く)