エンジェルフォールのツアーで寄ることになる町

南米ベネズエラ有数の観光地、エンジェルフォールへの基点となるカナイマ村へは、小型のジェット機でしかアクセスできません。その小型機が飛んでいる都市は、シウダー・ボリバルとプエルト・オルダスの2つです。私はプエルト・オルダスからアプローチしたので、その行き帰りにこの町に1泊ずつすることになりました。今回は、あまり注目はされていませんが、ツアーで行くときに寄ることになるこの都市について、少し述べてみましょう。

2つの町からなるシウダー・ギアナ(プエルト・オルダス)。その2つを比較 2つの町からなるシウダー・ギアナ(プエルト・オルダス)。その2つを比較

市の名前は「シウダー・ギアナ」だが…

南米北部を流れる大河オリノコ川と、カロニー川の合流地点にある人口約100万人の都市、シウダー・ギアナ。実はこの都市は、カロニー川の西側にあるプエルト・オルダスと、東側にあるサン・フェリックスの2つの町からなるツインシティなのです。2つ合わせてひとつの市なのですが、地元の人たちはあまりその「シウダー・ギアナ」を使わず、それぞれの町の名を使うことが多いようです。実際、空港名はシウダー・ギアナではなく「プエルト・オルダス」ですし、長距離バスの表示もそれぞれ別で、別々のターミナルがあります。

プエルト・オルダスから橋を渡ると雰囲気が一変

旅行者に関係あるのは、ほぼすべてプエルト・オルダス側でしょう。私はサン・フェリックス発のバスを利用するため、プエルト・オルダスからサン・フェリックスへ行きましたが、カロニー川に架かる橋を越えると、突然、町が荒れた感じになるのに驚きました。治安が悪いと言われているベネズエラですが、プエルト・オルダスではそれはさほど感じません。空港もバスターミナルも、町も整然としてきれいだからです。ところが、サン・フェリックスはすべてが雑然とし、住宅もとたんに安っぽい感じになります(町が汚くなるのが一目瞭然です)。タクシードライバーによれば、プエルト・オルダスは街中を歩いていても危険なことはないが、サン・フェリックスは歩かないほうがいいとのことです。

観光スポットはプエルト・オルダス側にある

なので、よほどのことがない限り、サン・フェリックスには行かないほうがいいでしょうね。見どころもありません。プエルト・オルダスで私は空き時間があったので、タクシーで簡単な市内観光をしました。印象的だったのは、この都市一番のサッカースタジアムのそばにある「カチャマイ公園」です。公園自体は街中にあり、それほど大きいわけではないのですが、その中にある全長200mという滝は、きれいでなかなかいい感じでした。もっともこの滝は、水力発電のために人工的に造られたものだそうです。ということでこのプエルト・オルダスも、エンジェルフォールの行き返りに時間があったら観光してみてはいかがですかどうでしょう。