多く残ってしまった現地通貨

旅行先ではクレジットカードの汎用性が高まったとはいえ、まだまだ現金でしか買い物ができない店などがありますよね。そのため適当に現地通貨を両替して、たくさん現金が残ってしまった経験、ありませんか。この現金の使い道としてはお菓子を多く買ってみたり、好奇心で何かを買ったりして、できるだけ持ち帰らないようにはしていると思います。この現金のあり方を別の視点から見てみましょう。

現地に行かなければ入手できない貴重な現地通貨 現地に行かなければ入手できない貴重な現地通貨

各国際空港にある募金箱へ

紙幣ならば日本に帰国しても両替できますが、硬貨となると両替はほぼ不可能です。じゃらじゃらとたくさんの硬貨を持つのを好まない人には、募金という手段はいかがでしょうか。ユネスコや食料基金などの募金箱が国際空港のどこかにあります。日本に持ち帰るのが面倒な人には、ここで募金・寄付をすることでお金が誰かの助けになります。ちょっとした善意を行ってみましょう。

記念品として持ち帰ってみる

アメリカドルやユーロ、日本近隣諸国の通貨は、簡単に入手できるので珍しさはありません。しかし、日本から遠く離れた国の通貨は、見る機会も手に取る機会も旅行したとき限りかもしれません。特に硬貨は再びその国に訪れるまで、見ることもできなくなるでしょう。ちょっとした荷物になりますが、記念品として現地通貨を持ち帰ってみませんか。何度も訪れる国であっても、年数が経てば通貨が変わってしまい、二度とお目にかかれなくなってしまうこともありますよ。

収集家の人たちにお勧めのグッズ

私自身は現地通貨を国ごとに一通り持ち帰っています。時には現地の銀行に行って、全て集めるほどです。そして、紙幣や硬貨をファイリングできる専用アルバムが売ってありますので、購入してきれいに整理し、自分の旅の記録として大事に飾っています。また、東南アジアの国では時折、戦前の大日本帝国が発行した現地通貨が売られていることもあります。各国の歴史や文化を現地通貨から知ることもあります。余った現地のお金をいろいろ活用してみましょう。