バージン諸島(英)旅行・バージン諸島(英)観光徹底ガイド

バージン諸島(英)旅行・バージン諸島(英)観光徹底ガイド


バージン諸島(英)旅行・観光の見どころ・観光情報

カリブ海のバージン諸島は東側が英領、西側は米領に分かれている。クルーズ船がよく寄港し、観光客が多いのは米領のほうだ。英領は60あまりの島や岩礁からなるが、人が住むのはトートーラ島とヴァージン・ゴルダ島の2島だけで、首都はトートーラ島にあるロードタウンになる。大きな観光名所はないものの、美しい海を生かした観光が主要産業になっている。隣の米領へは北米の諸都市からフライトがあるのでそちらに滞在し、片道1時間ほどのフェリーで英領を日帰りするのもおすすめだ。また、免税の島なので、ショッピングも楽しめる。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


バージン諸島(英)旅行・観光の選び方

カリブ海クルーズで寄港するほか、空路でも行ける。米領とはフェリーでわずか1時間

日本からのツアーは少なく、カリブ海クルーズの寄港地として立ち寄るものがほとんど。クルーズはツアー期間が7泊8日の「東カリブ海ツアー」で、フロリダを出発し、バハマや米領のセント・トーマスなどに寄るもの。トートーラ島に朝寄港して夕方出航するので、オプショナルツアーなどを利用して島内観光してもいい。ゆったり過ごすなら空路で行き、島のホテルに滞在するのがいいだろう。米領のほうがアクセスがいいのでそちらに宿を取り、頻繁に出ているフェリーで英領を日帰りするのもいい。どちらも観光地なので、レストラン探しには困らない。食事は、新鮮なシーフードを使ったカリブ海料理を食べてみよう。(2016年9月編集部調べ)


現地ガイド発!バージン諸島(英)の観光最新情報

2015/09/25 船・クルーズ

世界有数のビーチがある米領ヴァージン諸島へ、クルーズ船で行こう! (その1)

バージン諸島(英)旅行イメージ-世界有数のビーチがある米領ヴァージン諸島へ、クルーズ船で行こう! (その1) 世界有数のビーチがある米領ヴァージン諸島へ、クルーズ船で行こう! (その1)

美しい海と小さな島々があるカリブ海。ロマンチックなイメージはありますが、実際、どこにどの国や島があるのかとなれば、私たちはかなりうろ覚えですよね。今回紹介するのは、カリブ海クルーズの定番の寄港地である米領ヴァージン諸島です。カリブ海の島々は、アメリカのフロリダ半島から南東へ向かって、バハマ、キューバ、ドミニカと続きますが、プエルトリコを過ぎると、もう小さな島々ばかり。それが南米大陸まで続いています。その小さな島々からなるアンティル諸島の北端(プエルトリコのすぐ東)にあるのが、ヴァージン諸島です。ここに初めて西欧人がやって来たのはコロンブスの2度目の航海の1493年と早めでしたが、入植が進んだの…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


バージン諸島(英)旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、バージン諸島(英)観光情報が満載。
バージン諸島(英)旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。