ウイグル族っていったい誰?

ウイグル族とは中国西部、新疆ウイグル自治区にその多くが暮らす民族のこと。古くからシルクロードのオアシスで農業または商業を営んできた人々で、トルコ系の言語であるウイグル語を話します。中国を旅行していて、中国最大の民族・漢民族が暮らす地域から西へ向かって新疆ウイグル自治区に入ると、まるで外国に来たような雰囲気に驚くことでしょう。その文化の違いを実感できる事柄のひとつが、食べ物です。

シルクロードの香り漂うウイグル族のグルメ。現地でも日本でも楽しめます シルクロードの香り漂うウイグル族のグルメ。現地でも日本でも楽しめます

ウイグル族の料理といえばラグマン

新疆ウイグル自治区まで来ると、料理は中国のほかの地域よりも中央アジアに類似しています。なかでもよく知られているのが、ラグマンといわれる料理。小麦粉の手打ち麺をゆで、上に野菜と羊肉を炒め煮した具をかけた料理で、家庭でもレストランでもよく食べられています。麺はうどんのような太さですがよりコシが強く、上にかけた具やスープは癖のないトマト味がベース。日本人の口にも合うおいしい料理です。

そのほかのウイグルの代表料理

そのほかウイグル族の代表的な料理にシシカバブがあります。細かく切った羊肉を串に刺して炭火で焼いたもので、トウガラシやクミンといったスパイスをまぶして食べます。アツアツで香ばしく、ピリカラ味の羊肉は絶品。ウイグルのパン、ナンやビールとの相性も抜群です。また、「ポロ」もウイグルの代表的な料理。ニンジンや羊肉を入れた炊き込みご飯、いわゆるピラフです。作るのにちょっと手間のかかるポロは、ウイグル族にとってはちょっとしたごちそうです。

日本にもあるウイグル料理レストラン

このようなウイグル料理、日本でも味わえるって知っていましたか?もともと東京には数ヵ所のウイグル料理レストランがありましたが、現在は新宿区の「シルクロード・タリム」だけが営業しているようです。また、埼玉県のさいたま市には「シルクロード・ムラト」が、そして大阪市には「シルクロード・ムカーム」があるようです。少数民族の料理を出すレストランとしては、3つでも意外に多いと思いませんか?前記のラグマン、シシカバブ、ポロはどの店でも味わえますので、手軽にシルクロード気分を味わいたい方におすすめです。