甘いばかりじゃない!ご飯にもなるタルト。

タルトと言えば、ビスケットを砕いたものか、パイ生地か、小麦粉で作ったタルト生地を敷き詰めた型を使ったスイーツ。さっぱりとした甘さ控えめのチーズクリームが入れられていたり、プリンのようなカスタードクリームが入れられていたり、果物がたっぷりと載せられていたり。いずれにしても、おやつやデザートとしていただく甘いお菓子というイメージが強いものです。けれど、海外ではスイーツではなく“ご飯”として、カフェ、レストラン、食卓で出されることもあるのです。

日本ではお菓子でも、海外ではご飯代わりにもなるタルト。 日本ではお菓子でも、海外ではご飯代わりにもなるタルト。

フランスの郷土料理“キッシュ”は甘くないタルト。

甘いチェリータルトやチーズケーキをそのままご飯にしているわけではありません。中の具や味付けを変えています。分かりやすく言うと甘いものではなくて“お惣菜”にしているのです。この場合「キッシュ」と呼んだほうが、私たち日本人にはなじみがあるでしょう。キッシュはフランス(ロレーヌ地方)の郷土料理で、土台はタルトと同じでタルト用の生地かパイ生地です。中にいれるベースのクリーム(アパレイユ)は、卵、生クリーム、牛乳です。味付けは塩とコショウが基本です。

中に入れる具は、昨晩の残り物?

キッシュの中身・アパレイユだけではかなり味が単調になってしまうので、具を入れます。ほうれん草をソテーしたものやベーコン、オニオン、マッシュルーム、サーモン、チーズが良く使われるようです。また、一般家庭で作る場合、具は残り物(ポテト、野菜、ソーセージなど)をまとめて投入することも多いようです。日本で言うところの「お弁当の具が、昨日の残り物の煮物だった」という感覚でしょうか。

カフェで軽食として食べるのがおすすめ。

ケーキのようにカットして食べれば、野菜もたんぱく質も炭水化物も一気に食べられるキッシュタルト。お家で作れば残り物まで片付いてしまう機能的なメニューだったとは…。ロレーヌ地方のカフェへ行くと大体おいてあるので、甘いタルトだけではなく、軽食としてキッシュタルトを楽しんでみてください。